ウクライナ製の改良型エンジンだった 「北ミサイル」

今のタイミングに報道したのは何故だろう?

パレードに出ていた ICBMはハリボテだったらしいですね。
読唇術で
「バレてないよね。上出来だ」
とキムジョンウンが側近に言ってたと
ワイドショーで報じてました。

なるほど、0から作る力はなかった。
しかし、それだと自国だけで量産体制に入れない
ロシアとか、その辺の国から
元になるエンジンを買い付ける必要がある。

それがバレるとうまくないので
実験用とは別に
パレード御披露目用に
「こんなミサイル作りたい」という形の
ハリボテを作っていたのか。。。

核強国にはまだなれていないし、
開発にロシアが関与している可能性が浮上してきました。

現時点ではそうですが、
北朝鮮が核とミサイルの開発を放棄する
事はないと思います。

今回もどこかに撃つでしょう。
日本政府関係者の誰かと朝鮮総連ルートで
本当にホットラインがつながってないでしょうか?

「改憲議論が進まんから一発、売ってくれ」
「わかった、カネはいくら出す?」

こんな会話北朝鮮側と誰もしてませんよね。

玉木議員が閉会中審査で
「pac3を我が四国に配備してほしい。」
こんな質問をしたので

何だろうこの「眠たい質疑」はと感じました。
勿論配備していいのですが、
野党議員に質問されて、配備する前に
普通は自衛隊が動くだろう。。。と

実は加計学園と国家戦略特区の疑惑は
民進党右派に延焼する恐れがある。

パソナという人材派遣業者
薬物密売ルート
ある宗教団体
この癒着の関係が「芋づる式」に出てくるのではないか?

グローバリスト
規制緩和推進論者
新自由主義者
マネタリズム万能主義者

こういった、ロックフェラーまで
連なる裏の相関関係が
露見するのではないか?

などと勘繰ってしまいます。

しかし、あくまで予断の域を出ません。

ひと昔前なら、内閣総辞職ものの疑惑だと思います。
闇が深すぎるので。。。
国政で安定多数を得ているし、
マスメディアもがっちり抑えている。

だから油断したとしか思えない。
蓮舫代表が辞任したのも、
「もりかけ」から芋づる式に明るみになる
日本政治の闇を見せないために
野党を混乱させている。

国民を騙してきた手品のトリックがみんな
バレてしまう。

安倍総理が辞められないので、
いろいろボロが出てしまった。
出ないはずのボロが。。。

短期的には壮絶な事態ですが、
長い目で見れば日本にとって良いことだと思います。

不正の側にいる人は
なかなか抜け出せないものです。
人間関係を壊しますから。

だから対立を煽るより、
対話をして、相手の尊厳を保ち
こちら方についても、大丈夫かなと
思うように努力して働きかけ
味方になって頂く。

そして
その辣腕をこちら方の為に
ふるって頂く。

決して宙ぶらりんにしてはおかない。
ただの切り崩しで終わらせない事が
大切だと思います。

「ぼんやりとしか捉えられない敵」
が顕になりつつあります。

おしまい
スポンサーサイト

反論あるネトウヨは出てこいや‼

今から寝るけど

全国の腰抜けネトウヨどもは
ほのめかしてねえで、
奥宮麻母留を名指しして
攻めて来いや‼

イチイチ相手してやるわ‼
福井の教授の人の顔は
俺に似ているが、
こそこそ仄めかしてねえで
正々堂々反論してこい‼

俺は自民党員でもねえし、
全く部外者だ。

関係者ならさっさと「安倍おろし」
始めろや!!!

次の選挙で大負けするぞ‼

腰抜けめ!!!!

加計疑惑の闇の深さ

獣医師需給の問題。
ショショウ官庁の挙証責任の問題。
国家戦略特区の問題。
学校法人自体の問題。
獣医師会の既得権益。

これらの論点が「総理のご意向」があった事で
全て説明がつきます。

しかし、「総理のご意向」がなかったと
した場合。
一面を弁護しようとすれば
他の一面に必ず不可解な点が生じます。

高橋洋一氏の弁護では
行政手続き的に問題なく
違法でもなく
文科省の怠慢という事になります。

これだけだと、
獣医師会は相当悪どい既得権益層になりますし、
総理の周りにいる官僚は揃いも揃って
選りすぐりの馬鹿を集めた事になります。
記録にない。記憶にない。
文書やメモは合法的に捨てました。

支持者なら「察しろ」、「空気読めよ」
と言われそうですが、
それこそ、日本人的病理ではありませんか?
そんなウェットなシステムを改革しようとしているのでしょう?

学校法人の経営内容が週刊紙報道等でかなり
杜撰なものだと明らかになっていますが、
やっぱり審査を厳しくしなければならないのではないでしょうか?

すると教育は特区制度になじまない。

獣医学部については文科省でも共同獣医学部構想というものを進めていたと言います。
このアイディアと学部新設を比べたのでしょうか?

真実は八方から眺めても真実ですが
虚構は表を精密に取り繕っても
舞台裏は隠せません。

ですので実態をありのままに認識する事が
必要なのではと思いますが
現場の獣医師の声を国会や諮問会議で取り上げないのは
なぜでしょうか?

そして岩盤規制を無くす事が
本当に国益に叶うのか?

こういった疑問が次から次と出てきます。

空気を読んで総理を庇おう
というのは、ホントに腰抜け保守!!!
普段勇ましい事を言うわりに
悪いものは悪いと諌めない。

山内一豊は一声で20万石の大名になりました。
「一番槍」こそ「もののふ」の誉です。

戦なき世には
詞は武士の花でしょう。

おしまい

青山繁晴議員の話の信憑性

虎ノ門ニュースを見ましたが、
キレキレでしたね。
ギャグが‼

CIAの長官が、核戦争の差し迫った危機はないと
発言していましたが、
どうなのでしょう?

青にゃんは開戦前夜を煽ってましたが、
政権支持率の浮揚の為に「危機」を殊更煽ってませんか?

トランプ大統領と同じで非常に今の政府は疑惑の爆弾を抱えているので危機になるのは好都合なのでしょうが
このような私心で公を危機に晒す手法は
非常に陳腐な手法ですが、亡国の道でございます。

たいてい経済政策に失敗して
戦争を煽って国をまとめる先例が多い。

今度の外遊で軍の要人に会えるのか楽しみです。
ドタキャンされる恐れがあると予防線はってましたが、
なにを見てくるんだろ?

「もりかけ」が些末な事と保守の人は言いますが、
李下に冠、瓜田に靴。
安倍総理の人格が問われる事象です。
本来、みんなして諫めるべきでしょう。

それを逆に庇うのでボロが出る。
真実は強い。
逆に嘘は弱いんです。
私は嘘をついて生きてきましたが、
その時の結果は全てうまく行きませんでした。

私はみずから嘘をつきまくって
破綻して恥をかいて
正直に勝る処世術はない。
と生得的に学んだんです。
いつか、実例を上げてお話します。

嘘をつくと
1つの嘘を取り繕うために
2つも3つも嘘をつかなければならない。

一番非効率的な事です。

だから今回の問題、
次から次と嘘をつく羽目になって
傷口が大きくなったのです。

経済も国防も改憲も外交も
みんな総理の信用がなくなれば行き詰まります。

身内で疑惑は根も歯もない印象操作だと
安心しあって、仲良しで固まってるから
駄目なんだ。

日露戦争時も、
みんな勝ちになれてロシアの動きに
気づかないで危機に陥った時がありました。
コッコウダイの戦いだったと思います。

小勝になれて上命を用いず。
鄭成功の南京包囲戦もあかずの門から
不意打ちを食らって総崩れになりました。

この問題は、蟻の一穴ですが
油断すれば総崩れになるのです。

矮小化させず、
真っ向これに取り組む姿勢を見せなければ
国政は今後も混乱を極めると思います。

政権浮揚のために、
国防や国民生活を楯に取る手法は
卑怯千万だと思います。

おしまい


「馬鹿」に「馬鹿」と言われる事ほど名誉な事もない。

馬鹿に馬鹿にされても痛くも痒くもありません。
私は正しく馬鹿ですから、
しかし、嘘はあまりつかず、正直でありたいと思っています。

さて、高橋洋一先生は頭が良い先生だと思っておりましたが、
そうでもなかったようです。

このままだと随分と悪徳な大学にまんまと騙されてしまうようです。

国家戦略特区の手続きは問題ない。
郷原さんとの討論を見ましたよ。
文科省がおかしい。
獣医師会がおかしい。

特区諮問会議は悪くない。

そうですか。。。

では、加計学園の獣医学部に
鳥インフルや口蹄疫の研究室が作られるそうですが、
その研究室の建物から逆にウィルスが外に出てしまう恐れはありませんか?

そのノウハウがない建設会社が工事を請け負っていると聞いています。
また、建設費の水増し、
教員の確保は出来ているのでしょうか?

千葉科学大学の薬剤師の合格率の
悪質なごまかし。
入学者全員を受けさせるのでなくて
受かる見込みがある人だけ
国家試験を受けさせ
それ以外の学生は面倒をみない。

こんな大学を認可して良いのでしょうか?

行政手続き上、問題がないなら
この特区制度は悪法以外の何ものでもなく、
「総理のご意向」があったとしたら
安倍総理は辞職しなければなりません。

この問題、先生がいかに弁護しようと
詰んでます。

利益の供与がなかったとしたら
先生のお仲間はよほど、お人好しの馬鹿揃い。
財務省も内閣府も救いようのないアホ揃いです。

利益の供与があったなら
売国奴です。

これに与する人々はみな大馬鹿者でございます。
保守業界がこんなに馬鹿ぞろいであるか
あるいは国賊であるとは知りませなんだ。
もし、「おかしいな」と思いつつ総理を諫める事をしない人は腰抜けでございます。

腰抜け、腑抜け、フニャチン保守ですな。

おしまい

ちなみに私は馬鹿でございます。
馬鹿に罵られることぐらい、愉快な事はありますまい。
保守の皆様が心底国を愛しておられるなら。。。

おしまい

ズル賢いキツネにはお引き取りいただこう

二足歩行。
道具の使用。
石器。
火の利用。
金属器。
蒸気機関。

原子力。
コンピュータ。
人工知能。

原子力エネルギーは危険性とその力の大きさで
火の使用にも優るとも劣らない発見、発明だと思います。

核兵器がどうなるか
先は誰もわからないと思います。

核兵器廃絶の動きがありますが、
無くならないと私は考えます。

ミサイルは恐らく
ATフィールドとか、アニメに出てくるような
空間的に面で守るバリアーが発明されない限り
戦争の主役であり続けるでしょう。

互いに短剣を急所に突きつける形で
核兵器発明以後の平和は保たれて来ました。
共産主義 対 資本主義 陣営の争いは
代理戦争、紛争の形で局地的に起こっています。

第二次世界大戦後
戦争は核の傘の外で行われて来ました。
核技術の不拡散は、不公平な面があります。
核保有国の発言力が大きく、
核兵器を持たざる国の主張はほぼ通りません。

日本は核兵器もなく、敗戦国でありますが
その技術力や国民の教育水準の高さから
その潜在能力を
連合国(UNITED nations)から脅威に見られています。

リップサービスでキッシンジャー氏などは
おだてますが、
「そんなおだてに日本人は騙されねえぞ」
と私は思います。

先日のアメリカ連邦内ヴァージニア国で起きた
白人至上主義者の暴動を見ても
いかに人種差別の根が深いかわかります。
特にアメリカ人は黒人やクーリーには
身内扱いしますが、
従順ならざるインディアンを敵対視します。

このインディアン敵視の延長線上に
日本人憎悪の念があります。
アメリカは日本を表では頼もしく思いながら
裏では煙たく、疎ましく、あるいは恐ろしく
思っているでしょう。

この根深いネガティブな対日感情を解きほぐすには、
何世紀かかるかわかりません。
世界の秩序が1つにならない限り
無くならないと考えた方がよく。

それだけに、
お互いに敬意をもって外交し
個人レベルでは、相互に価値観の違いを
ざっくばらんに話して
お互いに同じ人類、人間だと確認し合い
違いを認め合う努力が必要だと思います。

しかしながら、
アメリカ人は商売の仕方が荒っぽい。
考えてみればアメリカ合衆国は
50州全てがてんでんバラバラの国家群であり、
グローバル社会なのです。

この連邦国家がアメリカ人の考える
理想的世界秩序のひな型だと観ると
腑に落ちる点が多々あります。

歴史的経緯があったからこそ
アメリカ連邦は出来たのであって
他の世界とは環境や価値観が違う。
しかし、アメリカ人はそれを世界全土に広げたがる。

こう考えると
世界の動きがまた違って見えてきました。
フリーメイソンリーは
フランス革命とアメリカ独立戦争に大きく関与してきました。

王政と宗教権威の否定。
既存秩序の打破。革命の成功。
これが目的であるので
秘密結社として発足したのではないでしょうか?

そして、今もその目的に邁進している。
デモクラシーの伝道者なのだと思います。

問題は既に彼らが巨大な既得権益を有している点と
世界各地の既存秩序の破壊による種種の混乱が起こっている点。
王政を打破する目的が、自ら貴族化してしまっているが
全く世界全体の富の再分配に無頓着な点です。

強者の傲慢。
あるいは、遊牧民的商売の仕方
これが既に限界点を超えている。

農耕民的商売の仕方が求められる時代が来ているのではないでしょうか?
それは即ち顧客の利益を守る事であり、
公共の福祉に資する還元を企業が
積極的価値を見いだして行うべきです。

それから既存秩序の破壊は
日本においては皇室の廃止や
日本的経済システムの破壊
すなわち構造改革
がそれであると考えます。

グローバリストに構造改革を委ねる事は
非常に危険な事であると思います。
森友・加計学園疑惑を私が追及しているのは
この疑惑によって安倍政権の本質が垣間見えたからです。

グローバリズムと反日の構図を考えると
安倍政権を擁護していて良いのか!
と私は考えてしまいます。

そして安倍政権が推進する政策は
ほとんど愚民化政策、統制監視政策です。
実学重視の風潮が強まっていますし、
英語教育の重視、人文学系学部の軽視などがあげられます。

愚民化すると、
ミサイルを面で守るバリアーの研究開発も出来ませんし
日本人独特なホスピタリティも失われますし、
伝統工芸などに代表される丁寧な職人の技が失われてしまいます。

日本は価格競争力では勝てません。
輸出ならブランド力で海外の金持ち相手に商売するべきです。

国家戦略特区を推進する人々が
私にはどうみても、日本を弱く、愚かに、貧しくさせるだけにしか見えません。

すると結構、リベラルの立場の方々でも
認識を同じくする事がわかってきます。
犬と猫が1つの肉を争って
キツネにまんまと肉を奪われる
エピソードがイソップ童話にあります。

厄介なキツネに肉を掠め取られ前に
犬と猫の喧嘩はやめようじゃありませんか。
肉(将来の日本のあり方)を分け合う為にも
ズル賢いキツネさんにお引き取り頂く方が
先決だと思います。

おしまい



独占企業の「特区コンサルティング会社?」い~ぃ仕事だなぁ🎵

ゲスニックマガジンの西条です。

いやあ、高橋洋一 センセー。
福岡に特区コンサルの会社があるんですね。
申請一件 150万?
イヤイヤイヤイヤ、ご冗談をー(笑)

ロビイングの代行までするって話じゃないですかあ。
独占企業で~?
さらにロビイングのコンサル?
しかも、国家戦略特区諮問会議の議員にはお友達多数?

さすが、目の付け所が違いますねえ。
僕なら、あんなことやぁ、こんなことぉ
悪事を想像してしまいます。
いろいろやれますねぇ?

例えば特区申請で競合するA社とB社がクライアントにいたら~
「B社はもっとお金積んでくれますよ~。御社のご希望に添うには後1億かかりますねえ~」
なんてオークションみたいに競わせて
ロビイングの価格を青天井に釣り上げられるじゃないですかあ。

そして、ロビイングなんてお友達に言えば簡単だし、
政権を擁護していれば政治家に献金しなくても
政治家は言いなりになってくれる。
ほとんど経費がかからないじゃないですかぁ。

これなら言い値で、クライアントに請求できる。
それでバッコン、バッコン儲けちゃうんでしょ~~?
い~い~ぃっ 仕事だなぁ🎵

ゲスはルールは守りますよ!
ゲスは取材のルールだけは守りますから!

もうひとつ、ゲスいいですかぁ?

ずばり加計さんからはいくら貰ったの?

しこたま、もらってるでしょう?
そして福岡に本社で、節税は税金天国でバッチリ?
日本では租税回避地なんて難しくいうけど
米語だと「タックスヘブン」んてわかりやすくいうんですよ。

ゲス、こう見えても博識ですから。
韓国とかに、ペーパーカンパニーありません?
別にヴァージンやケイマンだけが税金天国じゃありませんよ。

二三か国、ペーパーカンパニー作って
利益をそっちの会社に飛ばせば
どこでもオフショア

税金天国の話を持ち込まれない企業の社長は
二流なんでしょ?

しかし、特区コンサルティングなんて素晴らしい
企業じゃないですか
贈収賄が合法的にビジネスになりますね。

だってそうでしょう。
ロビイングなんて言っても
諮問会議のメンバーに教授の肩書きで
有識者になってれば、
金をより多く積んだ企業を推薦するんでしょ。
合法的賄賂じゃん!

最後にゲスいいですかー?
仁風林の性接待って
えげつないって本当?
某総理も野党時代足しげく通って。。。

おいっ 止めろ 離せよー
麻布中学の裏にあるんだろ?
中学校の近くで教育上よくないでしょ?
いや、麻布中学は頭いいから
将来官僚になった時の為の性教育の一環?

道徳教育重視とか言って
詭弁と拝金主義が横行する社会って
すんごいブラックジョークだよー!

おいっ 離せよ。離せって。
ピンキーちゃんの話をもっと詳しく聞かせなさいよー。。。


いやあ、あれがマスコミ界のチェ・ゲバラなのかも知れないなあ。。。

それにしても、タックスヘイブンの意味
間違ってるよなあ。
ヘイブンって船が嵐の時に緊急的に避難する場所が
語源なんだけど
天国と勘違いしてるなあ。

この記事もパヨクの妄想記事ですよ。
そうあって欲しい!
嘘であってくれ!
貧乏人のルサンチマンであってほしい。

ジャンジャン



出来レースの「危機演出」から本当の「危機」が来るか

米 朝 日 中
国内政治がうまくいっていません。

日本も安倍政権の経済政策への不満から
政権そのものへの不信感に一気に爆発した感があります。(私だけかも知れませんが)

トランプ政権もロシアンゲートがくすぶり
似たような状況です。

北朝鮮は今年に入ってから
相当追い詰められています。
キムジョンナム暗殺からの国際社会の厳しい視線。
飢饉の噂もあります。
アメリカと対決することで求心力を高めようとしている。

打合せしているように見えるのは、
危機を演出する事で民心離反を防ごうとする
各国為政者の思惑が合致しているからかも知れません。

打合せしていれば良いですが、
米朝の挑発合戦を見ていると
刀と刀をバチバチ合わせる
チャンバラごっこを超えて
目や耳を狙う乱闘になりかねない
危うさを感じます。

戦争は陸軍戦力が決着をつけます。
ミサイルなどの飛び道具、
空軍戦力だけでは決め手に欠きます。

アメリカは伝統的に陸戦を不得手としていて
位攻め、物量作戦、先進テクノロジーの
優位性を生かして勝利を収めました。

しかし、ベトナム戦争やイラク、アフガン戦争
大東亜戦争時の沖縄戦、硫黄島の戦いなど
苦戦を強いられています。
日本本土の無差別爆撃と原爆投下が無かったら
勝敗は大きく変わっていたかも知れません。

ブッシュ政権時にラムズフェルドが
新しい形の戦争をするんだと
イラクに攻め込みましたが、
ISの跳梁跋扈を招いたり、
中東全体の秩序が乱れました。

トランプ政権が一国の政権を
転覆させる事がいかに難しいか
認識していて成算があれば良いのですが、
戦後処理の目処が立たない内に
偶発的に戦端が開かれると厳しい気がします。

正攻法で攻めれば
トランプ大統領が言ったような
北朝鮮だけが被害を受けるようにはなりません。
米韓、日本もミサイルだけでなく
様々なリスクに長期間晒される可能性があります。

謀をもって政権崩壊を促して欲しいです。
日本政府は何もできません。
国民も何も出来ません。
今回の危機に改憲は間に合いませんし、
仮に自衛隊を合憲化しても
ネガティブリストにならない限り
まともな運用など出来ないと思います。

普段通りに生活する事が
敵国の煽動を未然に防止する事につながると思います。

ハルノートの二の舞にならなければ
良いのですが。。。

おしまい

北朝鮮はビビっとる

人はどうせ死にます。

無責任なようですが、
死に際にあたって恐らく私は醜態を晒すでしょうが

日本もビビりますが、
北朝鮮のビビり方も相当なものです。
進むときは、かえってへりくだり
逃げたいときは、かえって居丈高になるもの

追い詰めては手痛い打撃を食らいますが、
今、偽の逃げ道を作ってやれば
ハマる可能性が高い。

恐らく死なばもろともの決死の覚悟を持っていますが、
淡い生存への期待を彼に持たせる事が
付け入る隙を作ります。

文大統領に米朝協議の仲立ちをしてもらい、
時間を稼いだりすると良いかも知れません。

核戦争なんてまっぴらごめんじゃないですか?
お互いに共存共栄が一番です。
マレーシアの駐北大使を人質に取る
非道な国であってもです。

クワバラクワバラ

加計学園が土地にこだわるのは、金を借りるためか!

加計孝太郎氏が経営する加計学園グループ
が土地にこだわるのは、
資金繰りの為だけだった。

加計学園全体で自転車操業状態なのではないか?
銚子市の土地を無償貸与してもらっていたが、
無償譲渡を改めて求めていたことを知った。

一見変わりはないようだが、
土地を抵当に入れて金を新たに借りる事ができる。

政治家に癒着する事で
補助金をせしめ、
さらに公の土地を無償で譲り受けて
それを抵当に入れて借り入れをする。

教育機関として
いいのだろうか?

加計理事長が反論記者会見をされる事を
願います。

北朝鮮や中国の動きが気になるが、
組織のたがが緩んでいる政府に
有効な手立てを講ずる事ができるとは思えません。

賞罰がきちんと行われていない組織は
スパイも活躍し放題です。
総理が自ら罰を受ければ、
己の名誉を傷つけながら庇った人が少なくて済んだ。

今度は庇った人を賞したり
正直者を罰したり、
メチャクチャになります。

本当に早く責任をとって欲しい。
ただ辞任すれば逮捕されるぐらいの
ヤバさだと思います。

政治的影響力がある内はあり得ませんが、
メチャクチャな事をし過ぎると、
人が離れていきます。

田原総一朗氏が政治的冒険をしてみたら
と言った内容ですが、
私は

「護憲派総理」に看板を変えるのではないかと
憶測しています。
「日本を永世中立国にします‼」
ぐらい言って自主憲法制定を党是とする
自民党から除名される覚悟で
次の臨時国会で所信表明演説、
そして民意を楯に取って解散。
安倍新党、野党と連携し、
民意が離れた自民党を「抵抗勢力」にして
打倒し連立政権を作る。

なんというか、保守が梯子を外され
確かに戦争は起こさないが、
他国に不法占拠されても為すすべなく、
グローバリストが有刺鉄線のついた高い壁のある家に住み、町中アジア系の移民の人々が闊歩し、
精神も国土も荒廃した日本になってしまうのではないかと危惧します。

まあ、なるようにしかなりません。
臨時国会で何らかのサプライズがあるのでしょう。

なんだかんだ加計学園の大学が
出来てしまうのは釈然としないなあ。

ちなみに愛媛県は大好きです。
旬の伊予柑をこたつに座って食べると
「もうそろそろ春だなあ」と
思いますし、
秋山兄弟や正岡子規、高浜虚子や河東へきごどう
の古里でもあります。

ポンジュースも好きですよ。
高いですが、一口飲んで
「あえ~、濃い~ ( ̄ー ̄)」と
胃のあたりにピリピリくる感覚もたまらんです。

おしまい



北朝鮮ミサイルと安倍政権の危機

うがった見方かも知れませんが、
安倍政権の都合が良いときに
北朝鮮は危機を煽りますね。

安倍政権が倒れると
北朝鮮としては具合が悪いことでもあるのでしょうか?

陰謀論です。

しかし、頭の片隅に留めて置くと良いかも知れません。

よくよく考えれば、北朝鮮にとっては
シカトされるのが一番辛いのかも知れません。
シカトするのも作戦として良いですね。

シカトして日本人の肝の太さを見せるか?
シカトする振りをしてノールックでガツンと
何かをお見舞いするか。

実験だけでは日本はびくともしませんよ。
黒電話頭のかまってちゃん。

改革は自分から

私自身がぐうたらで
メサイアコンプレックスです。

健全な自己愛を持たないといけません。(苦笑)
部屋は片付けられないし、
体力作りも三日坊主。

自分に優しくならないといけないです。
良い意味で。。。

しかし、最近 黒猫がかわいいと思うようになりました。
シックというか、
渋いです。
足が白かったりするとなお良しです。

マンチカンも好きです。
あの短い足でトコトコ歩くだけでかわいい。

頭が大きく、手足が短い。
胴が長い。

かわいいキャラクターの
共通項です。

しかし、私は三十路のホモサピエンスなので
それらの特徴を全部備えても
何の得もないのでありました。

お辞儀が深々と見える事ぐらいでしょうか?
座高が高い人間の取り柄は。

おしまい

やっぱり私は抵抗勢力派

既得権益っていって
確かにうまい汁はありますよ。

私のご先祖はきっと
紀州家から将軍になった吉宗公と
吉宗公から富くじ販売の一手専売を引き受けた
熊野三座の金融の力で、
和歌山御坊から宮古に来て
俵物交易で財をなしました。

しかし、幕府が滅んで御一新がなると
信用の後ろ楯がなくなり、
海難事故と、跡取り息子の死、
二度の火事で
長屋住まいになりました。

人は実力だけでなく、
運や時代の流れ、
家庭の事情などにも左右されるのです。

それは仕方のないことで、
前向きに生きることで
思いもよらぬ幸せにたどり着けると信じています。

既得権とは法によって既に与えられた権利の事です。
誰かの既得権を侵す恐れのある場合、
権力者は慎重でなければならないと思います。

逆に言えば既得権を与える際はより
慎重でなければならない。
利があるところに人は群がります。
それによる弊害をいかにして防ぐかを
きっちり制度設計している事が理想だと思います。

ですので、2,3年で法律がコロコロ変わるのは
あまり良くないと思います。
法律の不遡及の問題もあるし、
さまざまな利害衝突が置きます。

改革は小さな所から、身の回りから
取り組まなければ、多くの人の賛同を得られないと思います。そして既得権者の心も懐もなるだけ痛めないようにして構造を緩やかに変えていくべきです。
また、急激な改革には反省点を探る事が必要だと思います。未来の制度設計のためにです。

イメージとしては、
パズルゲームのような感じです。

獣医師会や玉木議員を批判する人は
獣医師じゃありません。
通産官僚とか財務官僚です。
素人です。

「獣医師のレベルが低い」
獣医師の人達の真面目な取り組みを
真っ向否定する。
尊厳を奪う言い方は大変気にくわない。

なぜ日本で獣医学が遅れをとったかと言えば
GHQが生物破壊兵器の開発を日本がさせないために
規制の枠をはめたのです。
その為に日本の獣医師は医師と比べて待遇も悪く、
また、大学もとうしょは4年制でした。

質の高い獣医師を育成するためには、
6年制にしなければならない。
という事で獣医学部は現在6年制になっています。
しかし、獣医師の待遇面は改善されていません。

獣医師一本では食べて行けない現実があります。
ペットの治療代は高いですが、
人間と違って保険が効かないからです。
そしてペットの数はだんだん減っている。
保健所で殺処分になる犬猫を減らそうとしていますし、
創薬分野でも実験動物の使用を世界的に抑制しようという動きが大きな流れになっているそうです。

つまり、ペット獣医師を増やそうと今から
施策を行っても
増やすまで10年はかかります。
ペットが減っていますし、
猫カフェがブームですから、
飼い主の意識も変わって来ています。

産業獣医師は必要だと言いつつ、
国内の畜産農家には自由貿易協定を結ぼうとしていじめています。
自由貿易では、規模に勝るアメリカ、オーストラリアなどが有利になるのは当然です。
加えてデフレが常態化している日本では
庶民は普段は輸入牛しか食べられません。

獣医師の実情は北村直人氏のインタビューで
知りました。
私も素人ですが、
来年4月に新しい大学を作るという
大変急な国の方針決定をだす
国家戦略諮問会議に専門家を呼ばないというのは
どういうことでしょう。

福岡の補選で獣医師会会長の蔵内氏の息子が
自民党公認で出馬しましたが、
選挙前には揉めたくないので、
選挙後に手際よく事を進めた感があります。

また、蔵内会長と自民党の関係から
獣医師会はあまり歯切れよく対応できないのでしょう。

まあ、芋づる式に日本の闇が出て来て
良いことだと思います。
マスメディアの偏向もわかるし、
報道しない自由
報道できないタブーもあります。

しかし、
ネトウヨの偏向も明らかになりました。
論破だ論破だ。
ド正論だ。
などと動画タイトルに書いていたり、
ニコニコ生放送のコメントで
印象操作したりしています。
あれがあるのとないのとでは印象違いますよ。

加戸前愛媛県知事など
みんな絶賛しているので大した役者なのでしょう。

私自身よく考えてみますと、
抵抗勢力側なんでしょう。
社会主義的な戦後日本を経済面では好ましいと感じている。
しかし、戦前との断絶を克服したい思いはあります。
軍部の暴走といいますが、
「空気」読む軍隊なんて弱いんです。
あり得ません。
官僚が「忖度」しちゃいました。
総理も官僚も悪くありません。
記録も記憶も曖昧な政府に
実力組織の指揮などとれるはずがない。

おしまい





加計学園疑惑は「空騒ぎ」では終わらないだろう

いかに虚偽と強弁で突破しようとも、
この問題は収束しないでしょう。

恐らく問題の本質は
今治市がわざわざ加計の為に国有地を買って
無償で譲渡してあげたことです。

大学作って良いよと言われる前から
今治市と加計学園側で話がついている
国有地ですよ。
今治市の税金ですよ。
公金がいっぱい加計学園の為に使われてしまいますよ?

しかし、一向に政府与党は
野党と一般国民が知りたがっている
情報を公開しない。

あれこれとおかしな理由をつけては
正当化しようとする。

特区認定は適切だ。
法的手続き問題なし。

しかし、「総理のご意向」文書が出てきた。
官邸は天下り問題で逆恨みした前川喜平氏の仕業だと考えた。

そして、総理と大変お友達の新聞に
前川次官出会い系バー通いと
全国的に社会面で報じさせた。

「総理のご意向」デンデンは
怪文書の類い。
捏造文書で押し通そうとした。

ところが、内部告発者は前川氏ではなかった。
私は本当の内部告発者を庇う為に
前川氏は矢面にたったと推察しています。
「あったものを無かったとは言えない」
正義感というより、良心の呵責に耐えられない。
そちらの気持ちの方が強いように思います。

その辺も「前川自作自演説論者」は
その内部告発者と前川氏は
上司部下以上の感情ありやなしやと
ゲスの勘繰り。。。

しきし、「文書」の有無と
前川氏の素行、私情はそもそも関係がない話。
前川証言の信憑性は揺らぐかもしれないが
それを裏付ける数々の証拠。
また、証拠と言えないまでも、
疑念を持たれる側の証言には
不自然な点が目につく。

だんだん言い逃れが出来なくなって、
文書の存在は隠しおおせなくなった。

内閣府は今度は文書の内容の真偽を楯にとる。
記憶にない。記録にない。
「加計ありき」は当たり前。
岩盤規制の改革の一貫だ。

獣医師会の要請で1校に絞ったが(総理は経緯を知ってることをご自分で述べている)
今後は2校3校作っていく。
講演で高らかに宣言した。

だんだん話が規制改革と抵抗勢力の話に
ずれてくる。

私はこれには民進党の攻めかたの
不味さもあると思います。
実は加計学園と今治市の獣医学部新設の問題と
国家戦略特区の問題は
民進党も深入りしたくない。

なぜならば、民進党内部にも前原氏や
江田五月氏などWG(パソナ人脈)=グローバリストに
近い人がいる。
また、地元議員でも大学召致を要望していた人がいたりして攻めきれない。
玉木議員はすっかり「獣医師会から賄賂をもらった人」
というレッテルを貼られてしまった。

国家戦略特区という制度がまだない時に
1回だけ、100万円の献金である。
(額はかなり大きいのかも知れないが)
これも、ほとんど今回の疑惑の本筋とは
外れている。

まあ、与党側としては、
「こんな奴の言うことなんか真面目に聞く事はない」
と国民にアピールしたいのだろう。

不自然な点、
登場人物の多さ、
論点の多さ、
これらの為に何か釈然としないが
問題ないと言われれば、そうかもしれない。
国政はこれだけが問題ではない。

経済政策、国防安全保障
課題山積している。
もっと他の事もやって欲しい。
確かに一理あります。

しかし、
約5年続いた安倍政権の政権運営の本質が問われる大問題だと私は考えます。
「安倍政権における政治主導」
「消費増税と量的緩和政策の手前味噌な評価」
「自衛隊、在外邦人に負担を強いて
国内の支持者を誤魔化そうとする外交安保政策」

これら全ての問題に、この加計学園と森友学園の
一連の疑惑は通じるものがあります。
国民に対して問題の本質を誤魔化す欺瞞と
異論は手段を選ばず排除せよという傲慢さです。

縁故主義と新自由主義が結合すると
強者のデタラメがどこまでも罷り通ってしまうのでしょうか?

私はそうでもないと思います。
不正を行うものは「見えざる手」によって
裁かれるでしょう。

安倍政権の支持率急落と
都議選の惨敗は
「見えざる手」の最たるものだと思います。

おしまい

「ネトウヨ」と称される人々

私は1年くらい前まで嫌韓ネタで笑っていました。

しかし、韓国も中国も終了しませんね。
こっち見んな。
関わってくるな。
断交すればOKだ。

そうやっていれば解決すると思っていました。
トンデモ国家であることは確かです。
国家の方針、あるいは政府の
生命維持に反日が欠かせない国家です。

国同士の友好も利害により変わります。
しかし、それすら難しいのがかの国々です。
日本と手を繋ぐのは、売国奴なのですから。。。

相手国の姿勢が変わらないかぎり、
平和的に共存することは無理だと考えます。
緊張関係の時代が続くと思います。

しかし、私自身が世界は中、韓だけでないことに気付いたのは、安倍談話、日韓合意などアメリカの要請で
歴史認識問題において妥協を余儀なくされた事です。

局面的に判断しても解決しないのではと思い始めました。

イルミナティ陰謀論は次に私の注目する存在でしたが
これもまた、嘘と本当が入り交じっているように思います。

陰謀論モノの著作は恐怖をほのめかして、何冊も本を買わせる肚が見え見えです。
少し歴史をわかっている人間には、
わかりやすいデタラメが散見されます。

いろいろ調べて導きだした事は、
陰謀論的なものは確かにあるだろう。
人脈、寡占企業、金融などにおいて、
巨大な利権と人脈があるのは確かである。

しかし、彼らを抹殺する。
あるいは打倒すれば物事は解決するのか?
これは否であると考えるようになりました。

人間はすべてを知り尽くすことは不可能ですが、
社会の仕組みをよく観察し、
熟考して判断する必要がある。
観察し分析すること
よくよく検証することが
必要であって
私の人生もその方針で行くべきと考えています。

であればこそ
私は今の日本国政府はおかしいと思いますし、
安倍政権を支持することはできません。

この政権は何重にも民主主義を破壊しました。
行政を歪めました。
たった一人の総理の不正を庇う為にです。

政権のたがが外れるのも当たり前です。

その当たり前のことを
ネトウヨと称される
愛国者と称する人々は気づかない。

贔屓の引き倒しだと思います。

証拠がない?
政府ぐるみで隠してるんだもの。

捏造資料だ?
一方の当事者の記憶や記録ははっきりしている。
もう一方は記憶も記録も喪失している。

倒閣の陰謀だ?
たまたま昨年10月2日の古新聞の首相動静見たが、
安倍夫妻と加計理事長は一緒に焼肉を食べているし、
陰謀だとしても、不正のつじつまがあっている。

仮に総理が潔白なら、
私は韓国の事を笑えなくなります。
日本の行政は文書管理も、
国有地の管理も杜撰なんだと思います。

怒りを通り越して、呆れている。
諦めています。
次の10年どうするか、どうなるか
ミクロ単位で出来ることを考えよう。
そう、思う今日この頃

おしまい

素朴な疑問

贈収賄と合法的口利きの違い

特権は悪か?

選挙に公約は必要か?
魅力的だが不可能な公約を掲げる
事に意味があるのか

有権者は何を基準に候補者を
選ぶのが適切なのか?

知名度?
実績?
人柄?

私が政治家だったら( ̄^ ̄)
と考えますが、
公約って意味があるのでしょうか?
絶対当選してからしか知り得ない実態が
あるでしょうし、

明確な公約であっても
実行したら結果が良くないことも
考えられます。

政権を担ったことのない野党の
苦慮するところです。

普遍的な哲学に通暁している
事が必要かもしれません。
その軸を公約として掲げるのが
一番有権者を裏切らない政治家なのでしょう。

変わるもの
変わらないもの
分かりやすい原則

分かりやすい原理原則
を研ぎ澄ましていく事が
政治家には必要なのではないでしょうか?

安倍政権支持率上がる ~批判だけでなく代案を考えていこう~

正直、10%近く回復したのは驚きました。
内閣改造は成功したと言ってよいのではないでしょうか?

私は加計学園問題での総理の対応や
国家戦略、あるいは成長戦略の問題点。
集団的自衛権を現行憲法内で容認し、
戦闘行為があった事を隠さざるを得なかった
事などを改めて考えさせられました。

その為、法律を軽視し、
既成事実を積み上げる事で
なしくずしに事を進める
安倍政権の基本姿勢に疑念を感じるようになりました。

しかし、10%の人々は逆に何で安倍総理を
一度支持しなくなったのか気になります。
加計学園とか、森友学園とか、
個々の案件とは別に全体的に政権運営の強引さに
嫌気がしたのかも知れません。

私は三橋貴明さんの財政出動政策に賛成の立場です。
しかし、グローバル化も進み、
地方の体力が衰えるなか、
従来の公共事業による失業対策がうまく機能するのか?

例えば何か1つの公共事業案件があっても、
自治体はPFI方式といって
ハザマとか鹿島とか大手ゼネコンに
事業の差配を任せてしまう事が多くなっています。
大手ゼネコンは宿舎の寝具はニトリだとか
付き合いのある大企業に任せてしまうので

ゼネコンとパッケージ化した一連の企業群だけが
仕事できるような入札の仕組みになっている。
自治体はイチイチ、関連事案の入札をしなくて済む
仕組みになっています。

非常に体の良い大企業の公共事業「囲い込み」が
行われています。

公共事業の波及効果が薄まっているのです。

このような大企業優遇政策は
大規模店舗立地法の改正やら
法人税減税など
バブル崩壊後から行われています。

会社法の改正で有限会社が作れなくなったことも
規模が小さくても堅実な経営を
中小企業がしづらくなった要因になっていると思います。

こういった点で構造改革により
日本の経済構造が大きく変容してしまった。
この経済構造に見あった
おカネの流し方。回し方を考えなければならないのではないかと考えています。

まあ、しかし今の私は無力です。

政治家になる。
これは簡単ではありません。
金持ちになる。
こちらを先に成し遂げなければなりません。
それも、超がつく金持ちです。

これが逆だと汚名を残します。

非AI、非IT、原価公開商法を考えています。
なぜ非AI、非ITにこだわるかといえば
AI、ITはこれからの産業のコアになるのは間違いありません。
しかし、それらの脆弱性のリスクは無くなりません。
また、高度にこれらの技術が発達すると、
人間の感覚的なものが退化するのではないかと思います。

そんな中で感覚的なスキルを持つ人間は逆に重宝されると思います。

非IT非AIを標榜するのは、ブルーオーシャンが
広がっていると思うからで、
原価を公開して売る。
粗利を公開して売るなど
恐らく今の大企業にはリスクが大きすぎて出来ないでしょう。
そんなリスクを負わなくても
ビジネスチャンスが大企業にはいっぱいあります。

石田梅岩という思想家もいましたし、
「適正価格、適正利潤で適正品質の商品を作って
売っております」
という正直な商法があったらいいのにと思います。

おしまい


彼を知り己を知れば

彼を知り己を知れば
百戦危うからず。

彼を知らず己を知らざれば
一勝一負す。

彼も知らず己も知らざれば
戦う度に必ず危うし。

今の日本は己を知りません。
己を知らずして彼を知ることは不可能です。

己を知る。
国内の自己分析が大切だと思います。

安富歩という、最近は女性装をすることで話題になった学者さんがいます。
満州国の金融システムについて
研究した人で
暗殺された石井紘基議員の事跡について
講義する動画を見ました。

小泉行政改革の大義名分的、本来の目的が
おぼろ気ながらわかる
動画でした。

特別会計という裏帳簿があるのでは
石井議員はその裏帳簿の解明に命をかけて
本当に殺されてしまいます。

猪瀬直樹氏や、石原伸晃行革担当大臣が
やろうとした道路公団民営化はその一連の
潮流のなかにあります。

しかし、日本の財政の闇は
未だに解明されていないように思います。
やはり、財務省は国民の脱税には厳しいが
税金の浪費には甘いと感じます。

高橋洋一氏は国のバランスシートを
はじめて作った人です。
私はその点で評価していますが、
アメリカのように明朗会計にした場合、
大いに弊害があると感じるようにもなりました。

それは、0.1%富裕層の近視眼的
政治要求に国政が右往左往するリスクです。
即効性のある政策ばかり予算の比重が
大きくなり、
地味で無意味に見えるけれど実は
不可欠な空気のような予算をどんどん削るリスクです。

このようなリスクはありますが、
今の日本政府では、本当の予算規模が
どれだけなのか?
わからない状態のままであると思います。

国の負債が1000兆円ある。
それはデタラメだ。
いや、国家が破綻する
という議論があります。

ところが特別会計予算が管轄する法人、
ファミリー企業に黒字を飛ばして、
一般会計を赤字にし、
「増税やむなし。国民の皆様のご理解を」
と訴えているかも知れませんし。

逆に特別会計予算は天下り役人の浪費に使われ
国民が実態を知れば怒りの声が上がるので
ひたすら隠蔽しようとしているのかも知れません。

後者の場合が大変恐ろしい。
ギリシア以上の危機になるでしょう。
日本国債が暴落し、債権の利払いに苦しむ事になります。

しかし、財務省はその件についてダンマリですし。
政治家もマスメディアも突っ込まない。
石井紘基議員は社会党の人でソ連時代の
モスクワ大学に留学しています。
ロシアのスパイかも知れませんし、
ロシアでは日本のスパイと疑われました。

しかしこの人ぐらい国勢調査権を駆使して
日本の会計の闇に立ち向かった人はいません。
そして、彼の志は忘れさられてしまったように見えます。

この辺りの財政の闇に民主党政権は
石井さん並みには切り込めなかった。
また、現安倍政権はやるそぶりもありません。

震災もあったり
脱デフレを優先すると
予算の削減につながる
行財政改革は経済政策の足枷になります。

しかし、税金が一部の人の為にしか
使われない。
何でもありの便利なブラックホールがあるのは
非常に宜しくないと思います。

国家戦略特区も未来の為の社会実験として意味付けなされていますが、
商人に新しい特権の官許を与える制度になっていると思います。
その後全国展開するし、あらゆる人にチャンスがある
と言いますが、
先行者利得というものがあり、
今の時代、先行者がその業界の圧倒的シェアを占める傾向が顕著です。

パソナをはじめとする人材派遣企業は
派遣社員を様々な産業に派遣出来ればビジネスチャンスが広がります。
また、日本人より物価の安い海外に家族を残して働きに来る外国人労働者を雇えば利幅が大きくなります。

こういった経済合理性だけを目的に
国の未来の方向性を定める
国家戦略特区を作り、
ビジネスの足場にするやり方は
国を危うくします。

特区御用商人にだけ都合の良い日本国が出来上がります。

むしろ、社会実験ではなく
地域限定の独占権を与える方が
まだしも平等ではないでしょうか?

最後に加計学園の問題は
また、それとは異質の特区の問題点を孕んでいます。
本来、質の悪い教育や、経営が疎かな大学は
それこそ、競争原理によって自然淘汰されていけばよろしい。

ところが、この学園は政治的な力で経営規模を拡大してきた。先代の加計勉氏は「教育実業家」を標榜していて
本来、商売には向かないとされる教育業界で実業家として成功しようとした。
ところがバブル崩壊と少子化の為に国や地方自治体の補助金に経営を依存せざるを得なくなった。

そして、加計学園の窮地を助けるべく
安倍総理は職権を濫用して大学を新設させ、
あらたな補助金で学園の負債を返済する
プランを立てさせて、
期限を切って文科省のお尻を叩いた。

総理が私財を投じるなら美談ですが、
問題は巨額の税金で助けようとしている点です。
そして、今治には良質な教員が集まる見込が立っていないのに160人という規模の大きな獣医学部を作ろうとしている。

生徒数が既存大学より驚くほど多く、
教員数は少ない。
その辺りの加計学園側のいい加減さが
問題だと思います。

新しいニーズの獣医師を育てる。
それならば、開学を急ぐ必要はなく、
もっとじっくり準備を進めた方が良いと思いますし、

四国地域に密着した産業獣医師を
育成するのであれば、
愛媛県のみならず、他の4県も
生徒が四国に定着するよう
サポートする必要があると思います。

こういった調整はしていないようだし、
あまりにも早手回し。

そして今治市が国有地を買ってあげて
それを加計学園に無償譲渡する
という市民も驚く優遇ぶり。

グローバリスト達と
お友達を優遇する国家では
いけないと思います。

大きい政府にせよ
小さい政府にせよ
不正を二重三重に監視する
実効性のあるシステムが必要だと思います。

おしまい

良識

良識という言葉は私は好きではない。
この言葉を使うと、さも自分にあるかのように
錯覚するからだ。

しかし、「自身の無知」に対する「イデー」として
良識を考えるならば少しはましかも知れない。
「中道」もそうである。
私自身は「中道」を理想としている。
しかし、 酔いどれて、転倒した考えを
持っていて実は物事の端っこからはみ出している。
道の脇のどぶに足を突っ込んでしまうかも知れないのである。

書いたそばから、言葉は私の手元を離れ
一人歩きする。
一人歩きする文章の責任は取れない。

分別臭い文章だ。
だが、古人先哲の言葉は
時代に埋もれる言葉が多い中で、輝きを失わない。

移ろいやすい世論に対しての警句も多いし、
人生の悩みに対する解決法も様々なヒントをくれる。
地域や時代を超えて、共感できるのは本である。

「情報弱者」とは何であろう。
この言葉を投げつけられると
腹が立つ。

しかし、情弱という言葉に動揺する。
あなた騙されてるんだ。
あなたはそんな事信じてるんだ。

このように上から目線で決め付けられると、
不安になる。
馬鹿に見られたくないと思うからだ。

裸の王様の仕立て屋が
何も作らずにご褒美をたんまりせしめて
王様から庶民まで国中騙して
逃げおおせたのも、
人々の無知と嘲られることへの恐れ、
すなわち人々の虚栄心を巧みに利用した
からである。

無知の自覚。
しのごの言わず毒矢を抜く。
悪人の自覚。
心貧しきものであるという自覚。

このようなものが、
高度情報化社会を生き抜く際に
賢明な姿勢へと導くと思います。

おしまい

私の戦前のリアル ~祖母の昔ばなし~


あ~おい 目をしたお人形は~
アメリカ生まれのセ~ルロイド♪

戦前に友好の印としてアメリカから贈られた人形を
私の祖母は実際見たことがあるそうです。
抱っこすると「ママ。。。」と言うしかけがあったとか。
大東亜戦争になると
敵国の人形だからと焼かれてしまいました。

ハナミズキとソメイヨシノ
のエピソードで知られるように
日米関係は最初から険悪ではなかったのです。
ローズベルトの対独参戦の口実に
日本が急激に孤立させられた事は
西尾先生のGHQ焚書図書開封の放送で知りました。

私の戦前の知識は祖母の昔ばなしです。
空襲で山の中に逃げ込み、
飛行機に乗り込んだパイロットの影が
くっきりと地面に浮かぶ様を
「心底恐ろしいと思った」と語っていました。

米軍の空襲の攻撃対象は無差別だったのだと
改めて考えさせられます。

憲兵が恐ろしかった。
飛行機の燃料にすると松の根を掘らされた。
(戦時徴用だと思います。)
竹槍訓練で的をローズベルトだと言って
訓練させられた。

昭和天皇の写真には最敬礼させられた。

そういう話を聞かされて育ちました。

だから、何となく塚本幼稚園の
教育勅語を園児達が絶叫する様には違和感を感じました。

「戦前」とも違うと思いました。
祖母は今思えば保守的、伝統的価値観が強かった方だと思います。
「戦後」の成長を享受しながらも
占領によって失われた「何か」を懐かしがっていたように思います。

「何か」の正体は森友学園の様な強烈なものを見てから
わからなくなりました。
軍歌の世界だけでなく、
ディック峰や、藤山一郎などの
恋歌の昭和史もあったわけです。

殊更軍歌を子供に歌わせる教育とは
どうなのだろうと思います。

ハナ ハト マメ マス
ミノ カサ カラカサ

祖母が尋常小学校でならったのは
こんな言葉だったと思います。

また、軍歌そのものを替え歌にも
していたようです。

見よ 父さんのハゲ頭
よくよく 見れば 毛が三本
頭の上で 運動会
すべって 転んで 一等賞

愛国行進曲の替え歌であると
知ったのは大人になってからです。

この替え歌なども
戦前、戦時中の庶民の生活の実相のひとつであると思います。

ですので、
戦前がすべて「悪」であるという見方も
戦前がすべて「善」であるという見方も
どちらも違うのではないかと考えます。

今の「ネット」が正しくて
「マスメディア」が嘘であるという
議論も両極端では行けないと思います。

規制緩和も時代が変わって
あまり意味のない規制は廃止しても良いかも知れません。

権力者の御用を務めれば巨利を得るのは
よく考えればいつの時代でもそうだとは思います。
問題はバランス感覚なんでしょう。

四柱推命の五行の中和の原理など
現実社会で役に立たないかなどと
妄想してしまいますが、
公務員って窮屈な仕事です。

総理大臣も政治家も公務員。
官邸に呼び出されて、大臣に任命されるより
ごみ捨て場に資源ごみ出しにいくほうが
気楽でいいなと、つくづく思う今日この頃です。

おしまい






加計学園も懐が苦しかった。。。

加計学園は、2015年に
岡山と倉敷の大学敷地を担保に
50億の借り入れを行っており、
その利息の支払いが発生するのが
2018年の4月からだった。

やはり経営が逼迫していたのです。

獣医行政とか、
岩盤規制とか
以前に経営が苦しかったお友達を
総理が助けたかったのでは?

しょんぼりする話ですが、
行政を歪めてまで助けるより、
他の形でプライベートに支援すれば良いのに。。。

因果応報といえば因果応報です。

バブル時代にはよかったでしょうが、
拡大路線のツケが回って来たのですね。

もっと真相が明らかになれば
心がしょんぼりしそうです。

おしまい

「こんな政権」で戦に勝てるはずがない。

トップが責任とらない政権に
自国の存立を守ることも他国を伍することも
出来るとは思えません。

法律が守られているなら、
どうして答弁が二転三転する。
野党が出せという文書を出さない。
特定機密の保護は支持するが、
反故にしてよいのか!!

愛国無罪の風潮が日本にも罷り通る事になる。
異論がでない組織は活力がなくなる。
指示していないのに忖度させる権力者には
アユ追従の輩しか近寄らない。

結局、新自由主義に「愛国のふりかけ」をかけただけの
見てくれ保守じゃないか?

国家戦略特区でなく、
「お友達」特区だ。
そして、安倍総理を応援する支持者を
散々利用して、嬉しがらせて、泣かせて
捨てることも平気だ。

自衛隊を「宙ぶらりんの存在」にするのも
新自由主義的経済政策を全面に押し出すのも、
レントシーカーとしか思えない人達を
政策のブレーンとするのも、
全く賛成できない。

歯向かえばトカゲの尻尾切りばかりだし、
黒も白と言えば、出世させる。
無理が通れば道理が引っ込む。
道理に逆らって戦に勝った試しはない。
勝ったとしても、敗北に近い虚しい勝利だ。

内閣改造しても、
ほとんど意味がない。
支持率の低下の原因は
安倍総理ご自身にあるからだ。

忖度のうまい人間、
イエスマンばかりが、
のさばる政権では、
地道に働く官僚の不満が鬱積する。
まあ、何にせよ一日も速く退陣すべきだ。

善幸さんを尊敬するが、
今の政権の潔くない姿勢は大いに失望する。

おしまい

田原提案

誰かが梯子を外されるのでは?

某国に訪問するより、
そっちの線だと思います。

ドナルドのお父さんの末裔の
やり方ですか?

うーむ、ますますカレー味のウ◯コ化する
安倍政権。

北がICBM発射

きっと平和憲法が守ってくれますよ。
日本国憲法前文の精神と
第9条2項の交戦権の永久放棄が
わが国を守ってくれるでしょう。
約70年来、平和憲法で守ってきたと
主張する人々もいるくらいです。
きっと憲法を守れば、日本は大丈夫です。

それより
加計学園、国家戦略特区、パソナ、
仁風林の話題の方も
北朝鮮ばりに国難です。
お友達が愛国者なら良いです。
「私は売国奴です」という人はまず
いませんが(苦笑)
逆に嘘でも「私は日本の為にやってます。」というでしょう。

野党が攻めあぐねるのは
規制緩和悪くない。
特区悪くない。
一国二制度悪くない。
という観点から攻めているので
法的根拠を持ち出されて
違法ではない。
と言われると困ってしまう。

しかし、仁風林人脈を見ると
規制緩和という大義名分で
レントシーキング(利権漁り)を
やっている有象無象の影が見栄隠れするわけで
今回、首相の逆ギレ、開き直りにいたっては
構造改革の弊害ここに極まれりです。

国民に隠さなくても堂々と国を売れる
現在の状況は北のミサイルに匹敵する
大きな脅威です。

このブログではしつこく
この件を取り上げていきたいと思います。

おしまい


おまけ

国内政治は大事ですが
上記事の冒頭部は皮肉です。

ほんとは非常に腹立たしい。
しかし、自衛隊も日本国政府も
実行力なく、米軍頼みなのが実際のところ。。。

これは本当に絶望的で
段々私自身、前線に立つ歳でもなくなってきたので、
若い命の尊い犠牲をいかにして最小限におさめ、
尊厳ある日本国の独立を維持するか?

これを調べると、
戦争とは本来 不法、無法の極致であって
法律で縛ることは、ほとんど無意味であることがわかります。
裁く人がいないわけですから、
国際条約、などの交戦国との取り決め、
また、自軍の軍法を配下の将兵に遵守させる
以外にないのです。

戦争にルールがある。
と考えるのは甘い考えだと思います。
しかし、だからこそ
軍事力行使には自制的、抑制的でなければ
なりません。

人道的にもそうでしょうが、
損得で考えても、力の濫用は長期的に見れば
大損です。

しかし、歯がゆいですが、現時点では
アメリカ海兵隊とアメリカ国土を
守るついでに自国の存立を委ねなければなりません。

仮に近日中なら、
台風一過の前後が良いと個人的には思います。
キムジョンウンのクビは取らなくても
「政治的に殺す」ことは
可能かもしれません。
北のメディアを乗っ取るのです。
政権が倒れたことを声高らかに宣言すれば
国内に大きな動揺が生まれることは間違いありません。

古墳の上に変なもの作るな!

今治の獣医学部の土地古墳だったのかい!!

何てことをするんだ。
せめて遺跡の調査はしたのか?

神様がお慶びになるはずがない。
必ずや良くないことがおこります。

すめろぎのいやさかを願い
日の本の地を常磐堅磐に守らねばならぬ
政府がなんていう暴挙だ。
市長はじめ市議まで加計から買収されているとは

絶対によくない。ありえない。

それから都合の悪い文書を
特定機密として反故にしてるが
大韓民国政府か!!

酷すぎる!

クワバラクワバラ

「加計学園と国家戦略特区」の黒い闇

この問題、民進党の追及が甘いというか、
こそばゆい点があることは確かです。

実は民進党内部にもパソナに近い人物がいる。
前原誠司氏です。
奥様がパソナの元秘書。

霞ヶ関の高級官僚
自民党の議員
ダブルミリオンの歌手。
元大物プロ野球選手。

元総理大臣とその息子(故人)
どこかの国の現総理大臣。

彼らは仁風林(にんぷうりん)と呼ばれる
元麻布のパソナの会社施設で迎賓館と呼ばれる
広大な敷地の建物の中で夜な夜なパーティーを
開いていた。

アラルの老人方式で接待した女性と深い仲になると
弱味を握られる。
その為、パソナに都合の良い人間にされてしまう。

パソナグループの会長は竹中平蔵氏
彼が小泉内閣以来、構造改革路線の旗を振ってきたこと
周知の事実。
第一次安倍政権で天下り防止のために作られた
総務省人材バンクはパソナが運営している

そしてパソナ創業者の南部氏はソフトバンクの孫正義氏やマルハン社長の韓昌祐氏と親しいという。。。

一利を起こすは一害を除くに如かずという。

すでに記事にされている方もいますし、
ご存知の方も多いと思いますが、
日本国民の皆様はこの事実に気づくべきと思います。

道理で
カジノ、外国人実習生、主要作物種子法廃止
日欧EPA TPP 消費増税
ちゃんちゃん通る訳ですね。

日本の除くべき一害です。

おしまい

国の始まりはパソナ島

日本の国は、大八島と言われますが
一番最初に生まれたのが淡路島です。

しかし、淡路島は地方創生の名の元に
パソナ一社による再開発が行われ
大変な力の入れようとか。。。

普通の観光施設には一般客も入れるらしいのですが、
パソナの特別なお客様に特別なおもてなしをする
クルーズ船や迎賓館(?)があり、
美味しい食事を楽しめるそうです。

安倍政権の看板政策に
なぜパソナの影がちらつくのか?
パソナ利権が「性事とカネ」で
全国に拡大していきそうです。

淡路にカジノを作るなどやりそうです。

この話題、珍宝淋とともに
マスメディアで取り上げられません。
現政権がガタガタなので、
週刊誌等で是非取り上げて頂きたい。

パソナの会長が竹中平蔵氏。
その部下だった人が高橋洋一氏と
元通産官僚の岸博幸氏。
7月10日の閉会中審査で特区WGのメンバーが
「「加計ありき」ではない」と
証言していましたが、彼は政策工房
という高橋洋一氏の会社の人間でした。

国家戦略特区は一地域に限り岩盤規制
を緩和し、さらに効果があれば
比較的短期に全国展開する仕組みです。
今のところ、国家戦略特区諮問会議のメンバーには
竹中氏の腹心が入っています。

珍宝淋で接待を受け、
身の下の弱味を握られて
各業界にパソナの手先になって
岩盤規制の打破に取り組む。

そんなデカい利益誘導が行われている。

情報が少なすぎる。
山口組新事務所が淡路島に出来るというし、
淡路に何が起こっているのだろう?

マスメディアは報道できないと思いますよ。
闇が深すぎて。。。

クワバラクワバラ
クワバラクワバラ

最近の政治は「性事」で動くらしい。。。

昔中東に「アラルの老人」という
暗殺者集団の親分がいたそうです。

若者を花園に招いて、美女と美食で
至れり尽くせりもてなします。
怪しい薬も使うので
若者は天国にいるような快楽を味わい。
いつしか眠りこけてしまいました。

朝起きると、若者は花園の入り口に
寝ていたことに気づきます。
あの快楽をもう一度と
老人に中に入れてくれと懇願すると
老人は
「入れてやっても良い。
入れてやっても良いが、
これこれに住む、誰それを殺して来い」
そう言って若者に暗殺を命じます。

そんなアラルの「じっつぁま」方式な
施設があるみたいです。
道理でみんな規制改革論者になるわけだ。

麻布中学の裏手にある高級料亭を
思わせる佇まいのセレブの隠れ家
「仁風林」
ここは、実はある大手 ピー 企業の
迎賓館で ピー 人や
ピー 業界関係者や
ぴー 党の性事家たちが
夜な夜な 破廉恥な パーティーに招待されて
あんなことや、こんなことをしまくっているらしいです。

そして、ピー をお持ち帰りした翌朝に
ピーから ピーを送られて弱味を握られ
ピー の 犬に成り下がるそうです。

そんな ピー は いろいろと
加計学園疑惑でも ピー ピー ピー
「仁風林」

じゃなくて「珍宝淋」に名前変えたら
どうだろう?

国の始まりの淡路島でも暗躍しているらしいし。。。

歴史は キレイ事と カネと オンナで
動くものなんですかね?

おしまい

故郷が豊かになるのが原点

拙ブログの記事一覧を見て
改めて読みづらいし、
テーマも飛び飛びであると
思いました。

大和帝国という帝政を
作ることで
日本文化と多民族の世界を両立させる。
欧米ではなく日本がイニシアチブをとる。

これが、私の最初に考えた
グローバリズムへの対抗策でした。

このことの記述を止めているのは
帝政にして穏健な社会が築けるか
危険性が大きいからです。

民主政治は一番良い政体とは限りません。
ですから、危険性に大しての対策を
もっと考えてから記述を進めたいとかんがえています。

さらに、安倍政権になってから、
景気の先行きが良くなってきた頃に
チャンネル桜を知り、
消費増税と田母神事件を悲しい思いで見ていました。

倉山さんや上念さんが
桜を去った時も残念でした。

日本をどんな国家にしたいか?

これを自分の頭で考えないといけない。
危機が迫っている。
それが直接的動機となって
ブログを開設しました。

しかし、ブログはブログ。
メモ的意味あいが強いので、
古いですが、ホームページを
作って文章を書き直さなければと
思います。

中々不器用だし、怠け者なので
いつかはわかりませんが、
出来次第、お知らせ致します。

ブログはいつも通り続けますし、
加筆修正版とオリジナル倉庫を
作って整理していきたいと思います。

故郷の復興に何か役に立ちたい。
故郷が震災後増えました。

少しずつ歩いていきたいと思います。

おしまい

安倍政権が講ずるべき窮余の一策

「加計ありき」を問題なし

とする今の政府与党では
無理でしょうが。

政治とカネ
身びいき政治(ネポティズム)

この2つの規制を厳しくする
法整備を急いだ方が良いと思います。

加えて

天下り禁止
議員歳費削減

を掲げて実行すれば
安倍総理個人の信頼回復に
若干つながるかも知れません。

一番悪いのは
トップなのに責任を取らない姿勢です。

それが、
人心離反させているので
日本国選りすぐりのエリートが
国会で醜態を晒す様な事態を
無くす事が必要だと思います。

規制緩和で皆が公平にチャンスを得られるというのは
詭弁だと思います。
何故ならば資本主義社会では
バイングパワーが大きいほど
規模の力が大きいほど
有利なのです。

今は有限会社は作れません。
株式会社が簡単に作れますが、
小規模な企業が持続的に経営を続けるのが
難しい世の中です。

細く長く経営することができない。
地方企業でも世界に目を向けないといけない。
成長させなければならない。

ところが、日本以上に商売のリスクが
高い国が多いです。
中国は一度進出すると撤退できません。
タイなども政情が安定しているとは言えず
インドネシア、マレーシアは
イスラム教の戒律が障壁になっています。

中小零細企業には、
一部上場の大企業と違い、
海外のコネクションも弱いです。

と、いうことで
ず抜けて才能のある人でないと
儲けられないし、
ず抜けて才能がある人でも
出資者には頭が上がりません。

ず抜けた才能が枯れてしまえば
ポイ捨てされる世界です。
ジョン・レノンやマイケル・ジャクソン
はそのしくみを垣間見てしまったので
殺されたのではないかと思います。

中小零細企業が
大企業と同じ土俵で戦うためには
ハンデとして法規制が必要であると
私は考えます。

また、いかなる産業にも
競争原理を導入する。
教育や、医療、福祉、介護、公共インフラ
に関するものは
規制緩和政策に馴染まないと思います。

一次産業においても、
国の保護が必要であると考えます。
食料確保は
立派な国防策です。

東京人はこの取引先がダメなら
次の新しい取引先を探せば良いと
選択肢があるから簡単に考えますが、

漁場も畑も選べませんし、
お天道様の機嫌次第なのです。
土地も狭いので毎年メンテナンスしないと
痩せてしまいます。

逆に言えば
その辺をうまくやれば、
日本だけでなく、
世界的に食料問題の軽減につながるので
成功モデルを作り
海外にモデルごと輸出する。

そして、そのノウハウを
無料で教え、アフターケアを有料にする。
そういったビジネススタイルで
日本は生き残るべきだと思います。

介護や家政婦の目的で
海外移民を労働者として受け入れる。
これなども会社経営者には良くても
従業員も、顧客も、海外労働者も
不幸になるでしょう。

話を戻すと

安倍政権は改憲にまっしぐらですが、
9条を守れという護憲派は当然反対しますし、
中途半端な改憲に危惧を覚える
改憲派もいると思います。

まず、現行憲法のままでは
自衛隊員の生命がかえって危険に晒されることを
改憲か護憲か決めかねている人に
丁寧に説明する事が先決です。

ポジティブリストではなく、
ネガティブリストで
自衛隊員の行動を縛った方が
合理的であること、

正当防衛でなければ
交戦できないこと、
またそれが認められなければ
犯罪になってしまうことが
大きな問題です。

また、平和憲法といっても
国内に米軍が駐留し、
丸腰でないことから日本が実質守られている。
中華人民共和国は太平洋への進出を
長いスパンで目論んでいる
現状なども丁寧に説明すべきです。

何だか今の安倍政権は
いきなり戦時の国家になろうとしているのが
私には怖いです。

文明開化、大正デモクラシー、
昭和モダンな文化もあったわけで

いきなり
欲しがりません勝つまでは
贅沢は敵だ
ストライクはよし
ボールはダメ
竹槍軍事教練

等々
国民総動員な社会にしては欲しくないです。
大体そのように国民生活を窮屈にして
気に入らない人材は南方の激戦地に派遣し、
生きて虜囚の辱しめを受けずと自決を
兵士に命じながら、自らは自決に失敗するような

東條元帥のような戦時指導は
国を傾けると思います。

士官学校でやる分には良いのですが、
一般市民まで戦時社会にしてほしくありません。
教育勅語も熱唱でなく朗唱・奉読するなら
教育現場に取り入れても良いと思います。

いろいろ異論はありましょうが、

政治資金規制法
特定秘密保護法(保護期間の上限設定)
諮問会議や有識者会議メンバーの
選出から決定プロセスまで
国民が関与、異議申し立てできるシステム
縁故主義防止強化

議員歳費削減と
天下り禁止の法整備

これらを取り組まないと
難しいと思います。

おしまい

安倍総理は「詰み」になる前に「投了」をすべき

柳瀬秘書官が記憶力があいまいな人なら
秘書官だったら記録をどこかに残しておかなければ
秘書官の任に堪えられない。
なんでそんな人が政府高官になっているのか
それはそれで大変な問題があります。

また、そうではなく記録も記憶もない
と嘘を言わざるを得ないのであれば、
不誠実極まりない政府高官であり
また、大問題です。

いずれにしても、安倍総理が
知らない内に皆が忖度を働かせるような
空気が政府の中にはびこっているのであれば
非常に不健全な状態です。
退陣してその空気を一新しなければならないでしょう。

そうではなく、柳瀬さんが
嘘をつかざるを得ない。
嘘をつくよう、口裏を合わせるように
指示されているとしたら、
正に「総理のご意向」があった事の
証明になります。

この質疑の一事をとっても
安倍総理が「詰み」になるのが
目に見えています。

完全に行き詰まるまで辞職しないより、
「参りました」と投了する方が
まだましな辞め方です。

はっきり言って為すすべがないのです。
これらの問題の関与にご自身の進退を
かけた時点で大悪手を打ってしまったわけで
いかに負けるかしか手だてが無くなりました。

安倍総理が去った後の日本を考えなければ
ならない。
そう思います。

おしまい

秘書官のクセに会った人の記録も記憶もない秘書官

やなせ秘書官は
バカですね。

秘書の名が泣くぞ。

今、ふと思い出した。
秘書官でしょ。
総理の秘書でしょ。

記録も記憶もない。
それで日本国内閣総理大臣の秘書がよく勤まるなと🎵

草生えますわ www

クワバラクワバラ

安倍政権 ダメだこりゃ

今治市担当者の官邸訪問

記録にない
記憶にない
いろいろ案件抱えてますが
忙しくて覚えてございません。

でも、そんな来訪者の記録は
手帳にとった事ありません。

玉木議員は肩透かしをくった感があります。
文科省が加計にレクチャーした文書
これは、法令的にまあ問題ないので
存在を認めた。

大学認可を求める学校法人に
申請にどこか不備があることをレクチャーするのは
所しょう官庁として当然の事だから。。。

ここは突っ込みどころはないですね。
だから出した。

しかし、文面の内容の手取り足取り感。
森友の時と同じで
懇切丁寧な文書です。
懇切丁寧過ぎます(私の印象)

それから与党側の理事の反対で
獣医師会の参考人の出席が認められなかった。
北村さんでない獣医師の方(イナバさん?)です。
急遽北村さんが出なかった事も
与党側の圧力に近いものがあり
北村さんが何らかの配慮をして
不本意ながら欠席した可能性がある。

建設費用の水増し疑惑も出てきた。

以下私の憶測
--------------------------------------------------
なぜ水増しするか?
それは加計学園の経営が芳しくない。
バブル時代の拡大路線を
政治家と癒着する事で
今現在も続けているからで、
その為に自治体の補助金を当て込んだ
大学開設を続けている。

恐らく、30年4月に開学しないと
資金ショートする恐れもあるのではないか?
今治の補助金を他の系列学校の経費に流用しようと
してるのではと思います。
--------------------------------------------------

さらに内閣府官僚の木で鼻をくくったような
態度。
出世しますよ。きっと

月曜日の質疑から
時間が経ちましたが丁寧に聞いてます。
加戸前知事の前川氏への神発言までは
いってません。

質問者、青山ぎーんだからなあ。
手から金粉がでてた人です。
今はでません。
歯を磨かなくても、虫歯にならない
青にゃん
アンブレイカブル♪

そういう、話を盛る人ですし、
裏をとって裏をとって裏をとって
嘘つく人ですし、
政治家にはならないと言って
自民党から公認もらって参議院議員になった

一票投じた自身の不明を恥じますね。

どこまでがジョークで
どこからが本当なのかわからない。
青山繁晴先生の
自民党擁護の質問なんて
不愉快以外の何物でもない。

自民党を矯める為に出馬したんじゃ
なかったんですか?
比例票に自民党と書くより
(今の自民党地方切り捨てだからあんまり好きじゃない)
青山繁晴と書いた方が日本の為になるかと思い
書いたのに。。。

安倍総理には甘いのかと。。。
ルサンチマンですねえ。
ルサンチマンですよ。

はしょらないで国会中継聞いてますよ。

ずうっと聞いてると、
ほんとにおかしい。
やっぱり国政のトップがやましい事をしてると
行政がいちじるしく滞りますなあ。

おしまい

非常に怪しい竹中さん

「成功した人の足を引っ張るな‼」

ルサンチマン奥宮でございます。
(さっき覚えた。。。)

しかし、加計学園疑惑をきっかけに
わたくし、国家戦略特区という制度に
大いに疑問を持つようになりました。

大体この制度の広報を政府はしっかりやってるんでしょうか?
コマーシャルとか打って宣伝すりゃあいいじゃない。
なんか、こうコソコソと
大学教授でその道の専門家だけども
実は会社の社長であって。。。

自分等で申請して
自分等で審査してたら
監視する人がいないじゃないの?

制度的に公平性が担保されないので
欠陥があると思います。

公務員には厳しい義務や責任があり
倫理規程がありますが
民間人だと緩いんです。

不正をしても中々摘発できない。
ペナルティがない。

そんな感じで
パブリックとプライベートの
立場を使い分けるのはアンフェアではないですか?

「お手盛り行政」とちっとも変わらない。
いや、わかりづらいだけにむしろ厄介です。

ルサンチマンでしょうよ。
そらあ、ルサンチマンですよ。
(覚えたてなので使いたい)
奴隷根性ですわなあ。

でも、人間誰しもルサンチマンを抱えていると思います。
ニーチェさんも自身のルサンチマンに
縛られ過ぎて晩年苦しんだんじゃあ
ないんですかね。

未来への希望と過去に対する反省が
ルサンチマンの悪い影響から
身を守る最善の策だそうです。

Wikipediaでさっき読みました。
芸人の人が結構安倍総理を擁護していますが、
スポンサーが儲からないと
ギャラが上がらないと思うのですが。。。

ルサンチマンでしょうよ。
ルサンチマンですとも。
。。。そらあ、なんと言ってもルサンチマンでしょうなあ。

おしまい

石破氏は加藤さんになるのか?小泉さんになれるのか

攻撃は最大の防御
そうは言っても御本陣が無防備では
勝てません。

国会会期中
誰も安倍さんを命懸けで諌めなかった。
庇うだけでなく、批判するのも
守ること!!!

御本陣を守るとは、
安倍総理を野党以上に厳しく批判し、
国民に陳謝させるまで説得すべきだった。
いまさら謝っても選挙に負けたから
低姿勢というふうに取られてしまうだけだ。

麻生さんと安倍さんは盟友で、
お互い苦しいときに支えあってきたという。
麻生さんは恩義を忘れぬ義理堅い良い人だと思う。

ところが、それは麻生さんの選択肢を狭めた。
安倍さんに近すぎるのだ。
加えて森友問題で財務省官僚のひどい答弁があり、
麻生さんはすぐすぐポスト安倍を担えなくなった。

マスメディアは石破さんを担ごうとしている。
総裁選では勝ち目はない。
しかし、次の国会で野党が内閣不信任案を
提出した際に造反すればどうか?

あまり政局になって欲しくはない。
しかし、自民党は安倍内閣のままでは
大敗北を喫する可能性がある。

安倍かくし、菅かくしで
選挙する時点で
自民党の公認は候補者の足枷でしかない。
こうなると、選挙の地盤が緩い議員は
考えるだろう。

石破氏に覚悟があるのか?
私にはそこまでの覚悟はないような気がするし、
自民党が分裂するのは確実なので
あまりやってほしくない。

ただ、いずれにしてもこの情況が続けば
支持率は低迷し、党内の綱紀は緩みに緩むだろう。
トップの不正が罷り通るなら、俺たちだって
ちょっとぐらい良いよなとなる。
マスコミを敵に回したツケでもある。

そんな中で、改憲を進め、
加計学園の認可を出すことは
匹夫の勇と言わざるを得ない。

日本の保守の全面敗北になってしまう。
反動が恐いのだ。
私はこれを一番危惧する。
また、保守的な主張が大切なものまで
容れられなくなる可能性が高い。

自民党は森政権時のような、
深刻な危機におちいっている。
ネット保守はその現実を直視すべきだ。

安倍バッシングを頭ごなしに批判するだけでは、
劣勢を挽回できない。
安倍政権を擁護するだけでは
国民の理解を得られない。

ネットブログ記事ではランキング上位でも
現実世界では大して影響力はない。
いや、安倍総理の支持率が高いときなら
あった。
今は逆風が吹いている。

高尚な話題の後の生臭い記事でした。

おしまい

保守に欠けるもの2

保守の思想を考える人は
私のような胡散臭い人間でなく、
ちゃんと大学で真面目に学ぶ
博識な学者です。

私はどうも感覚的人間なので
図表や数字や論拠を示すことが不得手です。
ただ、学問の世界は批判精神が求められるので
反社会的な性質を帯びています。

近代主義は封建秩序破壊の原動力でしたが、
今度は富の秩序、拝金主義、カネを稼いだ者が一番偉い社会になりました。

だから、直線的進歩主義は
行き詰まりを見せています。
近代主義の批判として
近代主義に代わる対案として
保守思想がしっかり確立される必要があると思います。

その批判の手法は皮肉にも近代主義の手法で
行わなければならない。
そうでなければみんなが納得しない時代になったのでは
ないでしょうか?

そうでないと、「世界を中世に戻してどうする?」
という進歩主義者の問いに答えられず
単なる守旧派、復古主義者、排外主義の謗りを免れないでしょう。

プラトン
アウグスティヌス
ヒューム

あたりがヒントでしょうか?

私には学術的に探求する任に堪えません。
作家か商売人の方が適性が高いと思います。

チャンネル桜を見ていて、
保守の指針になっていた学者さんが
ご高齢になったり、お亡くなりになっています。
次に続く世代の論客の方々は、
ジャーナリストや作家出身の方が多く、
その人たちは実践家なのです。

偵察部隊がいない。
遠くを見て、問題の萌芽を発見する人が必要です。

私がヌミディア騎兵を目指したいというのは、
あさっての方角から
問題の解決の糸口を見つけるのが
目的です。

安倍政権が命脈を保つか微妙ですが、
今まで以上に、加速度的に
裸の王様の仕立て屋が、
馬鹿の虚栄心を煽る政策を提言するでしょう。
そういう詭弁的な仕立て屋が
しっぽを巻いて逃げ出すような日本にならなければ
いけません。

「王様は裸だ」と
率直に批判する少年のような学者が
現れることを望みます。

おしまい

人材育成の難しさ

私がなぜ、中小企業や獣医師さんとかの方を持つかというと、
個人事業主は大変なのです。
税金の申告とか、銀行からの借り入れとか
売掛金の回収とか。。。
全部自己責任でやらなければならない。

サラリーマンはパワハラとか、
不当な業務命令とか
転勤とかありますが、
身分が保証されていますし、
高額の買い物(クルマとか家など)
をするときも銀行様は揉み手で貸してくれます。

それは、その人の信用もありますが、
やはり、会社に勤めていることは
貸し手にとって大いに安心感があるのです。

獣医師さんの仕事も端からはわからない苦労があると
私は想像します。
北村直人さんは確かに政治家でしたが、
獣医学の学問領域や遣り甲斐、
日本の畜産や防疫のありかたを真剣に語られておりました。

動物が媒介する病気
例えば狂犬病などは
日本では撲滅されましたが、

海外では猛威を振るっている地域があります。
そういった感染症が日本で再び広まると
今の病院の診療体制では対応しきれないそうです。
ですので、医師会と獣医師会はもっと連携を
深めていかなければならないとおっしゃられておりました。

問題は、質の高い産業獣医師をいかに確保するかです。
獣医師の存在意義はお医者さんと同等です。
感染症の水際対策には特に重要なのですが、
人材育成には時間がかかります。

加計学園の獣医学部新設が問題だと思うのは
学校を増やしても教員が確保できるか
わからないところです。

座学だけでなく、臨床の授業をやらないと
現場では役に立ちません。
その臨床講義は教える側に経験と体力がないと
難しいそうです。

その教員を加計学園はどうやって確保するのか?
既存の16大学の教員をヘッドハンティングするか、
臨床講義を教えるのが厳しいベテランの
獣医さんに来てもらうしかないのです。

そうすると、全国的に獣医学教員人材の取り合いが起こり今まで質の向上を目指してきた既存の16大学の教育の質が下がりかねないわけです。

だからまずは獣医師の卵を教える先生を
いかに育成するかが重要で、
大学が50年新設されてない。
大学を作れば産業獣医師の不足を解決できる
という単純な話ではないのです。

だから獣医師の待遇を改善しろ
とはなかなか言えないと北村氏はいっておられました。
ただの利権団体と世間に誤解されたくない。

それが、7月10日の国会で
一方的に悪者にされてしまった。

総理のお友達への身びいきの為に、
いろいろな人がとばっちりで悪者にされていく。

経済学者の猪木武徳さんが
「経済学に何ができるか」
という本の中で

「ものごとを経済学の論理だけを言いつのらない
品性が大事だ」とあとがきで語られています。

私は最初は何の事やらさっぱりわかりませんでした。
しきし、グローバリズム、新自由主義の思想を
調べていく内に何となくわかるようになりました。

人間は感情を持つ不完全な存在です。
だからこそ、慎重でなければならない。
現実世界で導きだされる解決策は歯切れの良いものでは
ない。
わかりやすく、敵だ味方だと決めつけて
一方をやっつければいいというものでは
ないのです。

既得権益は取り敢えず保護する。
そして人間の不完全さゆえの行き過ぎを
法律で規制して歯止めをかける。
既得権者には代替の権利を約束して
牧羊犬のように導く。

もし「改革」をするのであれば
このような姿勢が必要なのではないでしょうか?

おしまい

次に総理にふさわしい人

石破さんだそうです。

そらあ、当然ですよ。
安倍総理と距離とってますから。

自民党が生き残るには石破さんしかいないでしょう。
しかし、日本国が良くなるかはわかりません。

それにしても、
平蔵さんがネトウヨに人気があるとは知らなんだ。

平蔵さんがぶっ壊し
泰蔵さんが買い叩く

美味しいところはUSA
ただ飯ありつくROK
骨までしゃぶるチャイニーズ
精気を抜かれるジャパニーズ

クワバラクワバラ

「保守」に欠けるもの

イデーが必要ではないかと思います。

しかし、理想主義になった途端に
それは保守ではないかも知れない。

時代によって、改めるべきもの
守るべきものも変わるし、
右派、左派という言葉も便利ですが
曖昧です。

ナショナリスト
ロイヤリスト
パトリオット
の学術的、形而上学的なイデー
保守的知性の源泉を掘らなければならない。

そういう人が保守の若者から出てこなければならないような気がします。
その知性の源泉が涸れなければ
日本の保守思想は守られます。

プラグマティズムも良いのですが、
無原則なのも如何かと思います。

しかし、
「ことあげせぬ国」
「不立文字」
の日本国でイデーとかロゴスとか
いうのも野暮な話ではございます。

おしまい

疑惑は深まるばかり。。。

与党議員と大串議員の所まで今聞きましたが、
疑惑は深まるばかりです(月並み)

やはり前川証言の強いところは、
日付がしっかり記録されていること、
恐らく日常業務のスケジュール管理がしっかりしている。

はめるために、作為で時系列を作る事もありえますが、
ストーリーに無理がない。
小野寺五典議員は大変安定感があり、
優れて良い質問をしましたが、
あえて木曾参与との面会には触れなかった。

この辺に与党側の弁護の限界を感じました。
そして昨年2016年の7月から物事が加速度的に進んでいる。

それと前川証言の9月10月の内閣府和泉氏との
面会記録。
加計氏と総理のゴルフ回数。
これらが見事に符合している。

前川氏が松野大臣に当初報告しなかったのは
内閣府が再来年度に開学するという非常に早い、
例えるなら英ダービー馬ラムタラ並みの
奇跡の末脚的スケジュールで
事を進めるとは思っていなかったからであり、

筋悪の案件であるから
様々に配慮して松野大臣の耳に入れず
当事者だけに伝えることにした。

立派だと思います。

しかし、およそ2週間後
その担当職員が内閣府に呼び出され発破をかけられた。
この時はじめて前川氏の責任では
何ともならないので松野大臣に報告した。

この辺の感覚には全く無理がなく、
前川氏一人の正直さで、
権力者の口裏合わせには負けないなと思いました。

国家戦略特区諮問会議はさもさも
時代に合わない規制改革をする正義の味方面
してますが、

専門家だけど、どこかの会社の役員やってたりして
民間委員とて癒着しないとは限らないのです。
「時代遅れだ、ナンセンスな法規制だ」

と、イチャモンをつければ、
法規制の合理性を省庁は説明しなければならない。

そんなに諮問会議が公平なら
選挙で選ばせなさいよ!!!

大方フォーラム21という
官民交流団体のエリートの中から
アメリカ様の意に沿う人材を
総理が選ぶんですよ。

この民間委員がいるから公平性担保されてる
という話は嘘臭くて嘘臭くて
何のための公共機関だよ
何のための公務員だよ

諮問会議は国会よりも
各省庁よりも偉いのか。

この諮問会議は
総理の威光を都合のいいときだけ傘にきて
責任を問われると民間人だといって言い逃れる
まことに便利な道具です。

安い商品を提供すると言って
全国チェーンのスーパーが商店街を全部潰して
みんな貧乏になる。
人がすめなくなって若者が出ていく。

するとスーパー自体が儲からなくなって
撤退する。
民間なので責任はとらなくていい。

諮問会議のやることは
庶民をいじめてけつの毛を全部むしりとる。
ペンペン草も生えないぐらい
荒廃させていなくなる
そんな事ばっかりだと思います。

セクレタリアトや
マルゼンスキーばりの
スピードで改革やられちゃ
たまったもんじゃない。

所得税の累進課税強化
高額所得者の課税区分の細分化
プライマリーバランスや
GDPとの課税税率の連動

議員歳費の削減。
法人増税
消費減税
中小企業や被災地企業の債権放棄

このようなものを
デュランダルなみの切れ味で
やりなさいよ!

おしまい


北村直人さんは出ないのか?

今日の国会
参考人招致された北村直人氏は
結局欠席されるらしい。

大変残念だ。
安倍氏と加計氏同様、
北村氏も石破氏と腹心の友らしいので
裏でとりなしがあったかも知れない。

蔵内さんも北村さんも
自民党員なので個人的わだかまりを捨てて
矛を納めたのかも知れない。

しかし、これで獣医師会も自民党も良いのだろうか?
私個人としては北村さんとの質疑が一番鍵だと
思ったのに。。。


仙台市長選挙
自民党と公明党の推す候補が落選した。
投票率は10%以上上がっている。
有権者の関心の高さがうかがえる。

かたや、ネットで保守的な言動を
特にも過激な言動をされている
匿名の人々は本当に投票所にいっているのだろうか?

ニコニコ動画の政権支持率は
50%以上ある。
投票にいく真面目なジジババはマスゴミに騙される
などと言わず、政治に関心がなくても
あったら、なおのこと投票所に行ってほしい。

既得権は保護されますが、
行使しないと、
「選挙なんて意味がない税金の無駄」と法律が変えられた時に文句が言えなくなりますよ。

権利の上にあぐらをかくものは、
法律の保護するところにあらず

です。

厳密な使い方ではないですが、
基本的人権を大事に使わないと
(濫用はいけませんが)
本当に庶民の権利が奪われていきます。

財政難と対外的緊張を理由に
削られて行ってます。

労働三権とか形骸化されそうです。
左派的主張なのか、「日本らしさ」なのか
日本型社会の構造改革の推進は
もう少し議論をしてから進めてほしいと思います。

今日の質疑はリアルタイムではないですが
後からしっかり聞きたいと思います。

おしまい

獣医師行政のありかた と 特区行政のありかたの 論議の深まることを期待します。

非常に
石破氏、北村氏が悪の権化のように言われてます。
前川氏や、防衛省幹部の内部告発を
批判する人も多い。

しかし、私は日本国に生まれてこのかた、
今日ほど政権の人事が不可解だった時代を
見たことがありません。

不祥事があっても辞めない。
お気に入りは何度失言しても首にしないが、
それ以外は2時間でクビにするときもある。

さらに不快手当のような国税庁長官昇進人事
答弁の最前線に立たせない為の猫ババ人事
賞罰の公正さが疑われます。

昔なら内閣総辞職もののレベルです。
総理が責任を取らないので、
しわ寄せが部下に来る。
しかし、尻拭いさせられるのも限度があります。

安倍総理が歪んでいた行政を正したのなら
安倍総理以前の日本の行政は歪んでいたんですね。
官僚の人たちは馬鹿だった。
あるいは相当性格が悪いことになります。

安倍総理を守るためなら官僚機構を
全否定する。
安倍総理が正しければ良いですが、
この政策は間違ってるなと
内心思っていた官僚たちは怒りますよ。

自分等で決めといて
有無を言わさずやらせたけれど
問題になったら
全部他人のせいですから。。。

次元の低い泥仕合でなく、
獣医師業界の実態や今後の展望、
国家戦略特区の政策の是非を真っ正面から論じれば
嘘つきがどっちか明らかになります。

そんな論戦になると良いなと思います。

私個人としては、
安倍総理は真っ黒だと思います。
あの啖呵も、
こう言い切っとけば、バレないだろう。
どうせもみ消すし。
と高をくくっていたところからでた発言でしょう。

ところが、ボロボロ証拠が出てくるので
とかげの尻尾切りや、支離滅裂の言い訳をしまくった。
証拠隠滅をしまくった。

正直に、
「お友達をひいきしちゃいました。」
あるいは
「部下に忖度をさせちゃいました。
以後気を付けます。」
と初期段階で国民に言えばまだ
信用を取り戻せたかも知れないのに。。。

私は腹黒いので、
「まあ、まあ、あんまり不正は大っぴらにやらないで
なるだけこっそり、こじんまりやってくださいね。」
と許したかも知れません。
悪事をやってしまったという正直さに好感がもてるからです。

でも、今それをやっても無理です。
議員辞職されなければならないでしょう。
これも、総理御自身が発言されたので仕方がない。
再出馬は大いにされるべきだと思います。

安倍総理を庇い続ける人々の発言力が
支持率と一緒にどんどん小さくなる事を私は懸念します。

自由と平等のジレンマをいかに乗り越えるか
そのせめぎ合いが大事だと思いますし、
確かに右よりな論調が日本では欠乏しています。
問題意識はみんな共通しています。

解決手法に大きなちがいがありますが、
妥協したり、譲歩したり、押し通したり
するのが政治だと思います。

おしまい


保守論壇「利権」

あまり、言いたくない事ですが、
安倍政権になってから
保守系の「論客」の人々が
ネット中心に露出する事が多くなりました。

この人々は長く活動をしており、
ずっと保守的主張を続けてこられた方々です。
ただし、安倍政権になってから
ぐっとメディアへの露出が増えた。

彼らの主たる収入源は全国での
講演を行っての収入です。
また、書籍販売の印税もあるでしょう。

霞を食べて生きる事は出来ないので、
仕方がない事ではありますが、
彼らの言論活動の後ろ楯に
安倍政権や安倍政権支持層の
経済的支援があるのが現実です。

勢い安倍政権に対しては追求の手が
緩くなるのは仕方のないことです。

私は今のところこのblogでお金を頂いてないので、
自由にものが言えますが、
私も記事でお金を取る身になれば、やはり何かに縛られるでしょう。

この「しがらみ」から自由になれない事は
仕方のない事ではありますまいか?

これは、保守だけに限らず、
リベラルにも言えることです。
大学教員でもない限り、フリーランスの作家は
熱心な支援者が必要です。

また、大学教員になれば大学の不利益になるような事は
なかなか言えなくなります。

マスメディアに属する記者達にも同様の葛藤があると思います。

経済的、政治的な主張を戦わせるとき、
どうしても利害関係やその人の拝啓を考えないと
問題の本質は見えてきません。

しかし、利害損得だけで考えては
問題は解決しないのではないかと思います。

私は、敵を作ってやっつける
手法はあまり建設的でないと思います。
いざとなれば戦いますが、
最終手段です。

マスメディアや官僚機構は確かに
問題がありますし、とんでもないキャラクターも
いることは確かですが、
現状を憂いている人も少なからずいるわけで、
「しがらみ」があるから声を出せないだけで
彼らまで無差別に批判する事は
味方を減らすことにもなりますし、
頭の良い戦術ではないと思います。

心理学や兵法的知識を駆使して、
さらに改革すべき分野の知識を蓄えて
それを先入観にすることなく
現場の状況を観察し、地道に
PDCAを回す以外に、改革改善はなしえないのでは
ないでしょうか?

今回の「もりかけ」問題は
どうしても保守論壇は追求が甘くなります。
マスメディアはこれまでの経緯で
安倍政権に対立的です。

こと、「もりかけ」疑惑に関しては
マスメディア報道に信憑性があると感じます。

安倍総理の身びいきはなかった事を
証明するのは難しいと思いますが、
やはり、潔白を証明できる物的証拠がないことが
いけません。

獣医師会があそこまで、詳細な議事録を残していたのは
後で何か問題があった際のために用心深く記録されたものであり、今まで静観してきたのは
政権や大学などに無用な混乱を招かないための
配慮だったと思います。

残念ながら政府側からの
積極的な情報開示は全くなく、
当事者の記憶によってのみ
主張しているので、
今度の予算委員会では、
政府側の潔白を証明する資料が
出てくることを願っています。

そうすれば私は、国家戦略特区は別として
総理の潔白を信じましょう。
しかし、捏造資料を出してきた場合は
必ず精密な検証でバレるのでやらない方がよいと思います。

おしまい

蓮舫代表と「逃げて」いるように見える総理

蓮舫代表が日本国籍であり、
台湾籍を喪失していたことが報道されました。

しかし、ネットでは疑義が呈されています。
しかも本当だとしても、国籍取得は昨年の話で
台湾籍もあったまま国務大臣を務めていたことになります。

善意か悪意か問題になりますが、
本人が知らなかったと主張しているので
法的に罪になるのか、
悪意があったと証明されない限り
処罰は出来ないでしょう。

ただ、国政に携わる人にとっては国籍は
重要であると思いますし、
移民の多い国家でない日本では、
法整備がしっかりされない限り、
該当者の積極的開示があった方が
有権者の理解を得られるのではないでしょうか?

さて、今度の国会で獣医師会の人が参考人招致されるようです。
北村氏の証言が裏付けられるか、
はたまた、ただただ自分達の利権を守ろうとしているのか明らかにされて欲しいですが。。。

言った、言わないの次元の話になる公算が高い。

本来、国会の予算委員会の場は裁判のような証人喚問を
沢山する場ではないのですが、
慣例としてそうなっていますし、
政権側の不正や問題点を糺す場として
一番手っ取り早いので今回のような疑惑を
解明するためには仕方がないと思います。

「もりかけ」は飽きた。
という人が多いです。
しかし、それは安倍総理が潔白だから
ということでマスコミにうんざり
というより、
「逃げ回ってばかりの総理」に
どうせ不正してるんでしょ。
もう、いいよ。

という政治不信の形です。
支持率の急落はそれを示しています。

「悪魔の証明」
「総理のご意向」はなかった事を
証明できなければ、国民は納得できません。
言った言わないに終止しても、
予算委を開かない事にしても、
支持率は下がると思います。

奇しくも蓮舫代表と似たような立場に
置かれています。
加計学園に獣医学部新設を認めたのは
悪意なのか善意なのか?

前川証言、北村証言
文科省の内部告発文書。
決定的な証拠は出てきていません。

ただ、森友も加計も大変疑わしい。
それは、疑惑の渦中にいる人物の
不審な言動、行動と
その当時の行動記録が
状況証拠として豊富にあることです。

これをいかにして覆すか?

その為にはアリバイの証明にもなりうる文書を破棄せずに、むしろアリバイを積極的に証明する
方向で動いた方が良いと思います。

青山質問でみんな納得したようですが、
私は死海で死にかけた青山さんを
あまり信用できません。

文書は残ってません。
記録は残ってません。
これを連発すると、審判を下す国民の心証を
大いに損ねます。

今更難しいですが、
曲がりなりにも物証を出してきている野党・マスメディア側と
物証を一切出さず、記録も記憶も曖昧な政府側では
いくらメモだ、捏造だ、怪文書だ、証言者が信用できないと主張しても説得力に雲泥の差があるのは明らかです。

また、蓮舫氏を厳しく追求するなら、
安倍総理も道義的に厳しく追求しなければ
二枚舌も良いところだと思います。

おしまい

宮古高校 ベスト8

記事にしようか迷いました。
書くと負けるかなーなどと考えまして、

大船渡東高校に敗れはしましたが
2年連続ベスト8はすごいですよ。

「ゴーゴー宮高」という
応援歌がありまして
これは春のセンバツに出場した際
整備されたのですが、
得点圏にランナーが進むと流すやつです。

これを歌いながら、
宮高生は今でもクルクル回って踊ってるのでしょうか?
この伝統が今でも続いていたら
わたくし、その誕生の瞬間に立ち合っています。

花北商業だと思うんですが
ことのほか試合が白熱しまして
逆転するかどうか、押せ押せムードだった時に
ラグビー部の生徒が
ゴーゴー宮高に合わせて
即興で踊り出したのが始まりです。

ラグビー部が前年の予餞会で
余興でやったダンスがあの振り付けの起源です。

ぜひ、来年はあのダンスが沢山踊れるよう
頑張って下さい。

おしまい

独裁と中央集権を当初、主張した意図

意思決定の速さ
政策の実効性の確保

この2つが目論見としてありました。

これで何を実現するかと言えば、
地球環境の保護と
所得格差の是正です。

やはり多感な青春時代に問題になっていたことは
人工爆発
地球温暖化、森林破壊、砂漠化
土壌汚染などの環境問題
化石エネルギーの枯渇問題
などに関心があり、

何とかこれらを解決しなければと
考えていました。
しかし、911以降世界は様変わりしました。
新たな終わりのみえない戦争の時代に突入し
緑地化をすべき砂漠地帯は紛争地域か、
独裁国家の奥座敷になってしまって
環境問題に取り組む人々が入れなくなっています。

仏教徒としてはタリバン政権が
バーミヤンの大仏を破壊したことが
とてもショッキングな事でした。

このような紛争地域が世界中に出来上がっていること
これを解決するためには
強力な権力と、知性の結集が必要と考えたのです。

ところが、我が国自体が非常な危機に瀕しております。
近隣諸国は軍事的に我が国の領土・領海を脅かし
また、新自由主義経済学に基づくグローバル化の流れは
政治の世界でも、経済の世界でも
どんどん進んでいます。

これは恐らく、自民党の政権が続こうが
民進党が政権をとろうが
都民ファースト、共産党が政権をとったとしても
この流れには抗えず、日本国民は失望することになるでしょう。

何故ならば、日本は国家としての主権を完全に回復して
いないからです。
この状態で極東アジアで主導的な立場になる事など
不可能です。

そして他の各国と同様に所得格差が広がり、
治安は悪化、人心は荒廃していくでしょう。

安倍政権の問題点は外交成果を粉飾してきた事も
上げられるでしょう。
例えば慰安婦問題などで
保守層に受けのいい外交成果を誇張して宣伝しては、
海外領事館は全く邦人の保護をしていない実態があります。

また、経済支援だけ大盤振る舞いですが
外交交渉ではあまり成果をあげられていません。

それは無理からぬ事でもあります。
力による裏付けがないからです。
これは、外交交渉で大変重いハンデになります。

ただし、日本国民にはこの現実をありのまま
伝える方が、問題意識が高まって良いと思います。
それを伝えないマスメディアには大いに問題があります。

これが、
アメリカ政府の要請なのか
あるいはGHQ以来の自主規制なのか
または中国共産党の暗躍の成果か
はたまた、政権の成果を強調したい
日本政府の圧力なのか
私にはわかりませんが、

それならば国民は自らの眼を見開いて
世界の情勢に関心を物必要があると思います。

しかし、情報が氾濫し錯綜し
何が何やらわからないのが
かくいう私の実感でもあります。

読書しかないと考えています。
古典の名著が
情報の海を航海する為の羅針盤になり
灯台になり、星星になるのだと
思います。

そこが今の日本国民に求められることなのではないかと
考えます。

民主主義は衆愚政に堕しやすいですが、
衆賢政になればこれほど心強い制度はありません。
一人が倒れても、誰かが遺志を継いでくれる
そのような社会になれば、それが一番なのだと思います。

これは大変ユートピア的発想です。
理想世界の産物です。
しかし、この理想を目指さなければ
人類の明るい未来もないと思います。

お釈迦様はヴァッジ国の政治を良しとされました。
貴族の合議制が行われていた国です。
維摩居士や高級娼婦のアンヴァパーリーが
住んでいたヴェーサーリーの町があった
ところです。

おしまい

声高く鳴きすぎる安倍総理 【3月8日記事 下書き保存で公開せず】

(この記事は、3月8日に書いていました。
安倍政権の支持者として批判記事を公開する事を
迷い下書き保存していたものです。)

同様に批判記事を書いて、下書きで止めたものが
何件かあります。

--------------------------------------------------

「声高く鳴きすぎる」は
雷山小過の卦のイメージです。

国有地が森友学園の小学校用地として不当に安く払い下げられた問題に関して参議院の委員会質疑が行われていますが、安倍総理の答弁には正直がっかりしています。

実は先月の衆議院でのやり取りで、
「総理も国会議員も辞める」
と啖呵を切ったのが、ご自身の首を締めているのです。

共産党の小池晃議員の質疑の際は明らかに狼狽されておりましたし、森友学園との間に何かしらの不適切な関与があったのではと反って疑われてしまうのではないかと思いました。

実際私は、疑念を持ちました。

多くの保守系のブログでは、
反日マスコミのプロパガンダであり、
左翼、在日、朝鮮人学校はもっとひどく
腐敗し、洗脳教育を行っていると
主張しています。

私は今それを持ち出しても効果は薄いと思います。
今は、積極的にこの土地取引の不可解な点について
情報開示し、不適切な点は改め、
国民の疑念を払拭する事が先決だと思います。

そうでないと
総理の言葉がどんどん軽くなっていきます。

昨年の都知事選、総理は小池百合子氏に対し
当初冷淡な行動を取りました。
しかし、選挙数日前に小池氏有利の報道が流れると
自民党東京都連が推した増田氏の最終日の街頭応援演説には行きませんでした。
最後まで増田氏を支持して敗れれば、
自民党東京都連と小池都知事の関係はこじれなかったと思います。

他の選挙でも分裂選挙は回避出来たかも知れません。
アベノミクスに関してもそうです。
デフレ脱却していません。
「もはやデフレではない」
と力強く言ってしまったが為に、政策の間違いを
認めることが難しくなっているのです。

「元はと言えば民主党さんが政権与党だった時。。。」
という切り返しはあまり使って欲しくないです。

この問題は戦で言えば敗色濃厚です。
撤退して軍勢を立て直すべき時です。
立て直してからでないと反転攻勢の策も立てられません。

まあ、しかしあえて集中的に野党に攻撃させているのであれば総理は強かです。
戦後70年の日本共産党の闇やら、在日朝鮮人の特権的な闇やら、財務省の闇やら、掘り出す為に「肉を斬らせて骨を断つ」的意図があるのでしたらすごいです。

掘ればいくらでもありそうです。
テトリスの大連鎖が反日勢力を襲うのが見てみたい。
今はその細工中なのでしょうか?

おしまい


弾をマメに撃たないといけない。。。

どうも、三連休の直前から
ネット保守側の攻勢がかつてない規模で行われているような気がします。

私のような孤立主義者は、
マンパワーもカネも足りませんから、
質の良い論理的な記事を
マメに撃っていくしかないです。

しかし、勉強不足なので
目新しい事がいえない。

特に安倍政権に批判的な人に対する
人格攻撃がネットで激しくなっている。

前川喜平氏
伊藤惇夫氏
などです。

結局安倍さんを論理的に擁護するのが難しいので
森友、加計疑惑自体を反日勢力の陰謀にして、
問題なかった事にしようとしています。

塚本幼稚園を2月まではみなさん
絶賛していましたね!
しかし、疑惑の矛先が昭恵夫人に及ぶと
籠池の恩知らずと大合唱が始まった。

そりゃあ、国際政治なんでもありですけど
無軌道な裏切りをして国を保ったのは
オロシアぐらいなもんですよ。
それでも世界の覇権国にはなれなかった。

実は本音と建前はどこの国でもあって
結構建前が大事なのです。
本音だけだと奥行きのない政治になります。

トップの不正をみんなして庇ったら
しわ寄せが部下に行きます。
耐えられなくなった部下の反乱が起こるのは
当たり前です。

その辺を私は3月ぐらいから
訴えてきたんですがねえ。

麻生 安倍のキャッスリング総辞職
とか訴えてたんですが。。。
もはや庇いきれませんね。

おしまい

日本国は曲がりなりにも法治国家であるはず

「法の下の平等」を
軍事的抑止力を持たない日本外交のカードとして
対中国封じ込めに散々使いまくって来たのに

「力による現状変更は認めない」
と中国を牽制してきたのに
国内でお友達のために
「力による現状変更」を正当化するのであれば
総理の言葉は効力を失います。

これが一番恐ろしい事です。
謙の卦には
人は謙虚であれば
身分卑しくても辱しめられず、
高位にして、その徳はいよいよ輝くとあります。

つまり、軍事的に劣位であっても
他国になめられない訳で
我が国としては国際的信用を高める事が
唯一即座に出来る国防策です。

ところが法律が守られない、
あるいは為政者の言葉が軽くなると、
敵国の工作活動はやり易くなるわけで
恐怖政治をしくしか、防ぐすべはなくなります。

しかし、恐怖政治の怖いところは
常に大衆の離反のリスクを抱える事になり
李氏朝鮮的に愚民化政策をとらざるを得ません。

そうなると、ますます対外戦争には弱くなります。

安倍総理の2月以来の急激なモラルハザードは
日本国の危機を一気に高めてしまったように感じます。

ネット保守 対 マスメディア
の対立構造になっています。
確かに既存メディアに問題点がないかといえば
いろいろあります。

しかし、考え方はひとりひとり違って当たり前ではありませんか?
これは、ファッシズム国家にしても変えられません。
だからこそ公平な秩序維持を目指して
ルールとモラルがあるのだと思います。

ルール・モラルを守ってこそ、
安心安全な暮らしが成り立つのであって、
効率や経済的合理性を優先し
ルールを取っ払い、モラルを軽視したツケが
今の世界規模の所得格差の偏在を招いたのです。

兵法的にも法の軽視はまずい。
自衛隊の存在が憲法上、
法学者の人にしかよく理解できない存在になっているから我が国は中国、北朝鮮に遅れをとってしまっています。

それでも、かの国々に比して法律が公平に
機能していたからこそ
バランスしていたのですが、
経済力が国家として低迷し
縁故主義がまかりとおり、
マスメディアの機能が政権支持者に全否定され、
権力者の意志のみが正当化されるなら
日本国はますます衰亡の道を辿るでしょう。

おしまい

声闘(ソント)化するネット保守

最近は大声でまくし立てて、
一方的に怒鳴り付けると
論破したことになるらしい。

青山繁晴参議院議員を
防衛大臣に推す人もいるとか。。。
(失笑)

護衛艦いずもと
空母ロナルドレーガンを
間違える人ですよ。

いろいろ反省する。
後任期が5年もあります。
いろいろ反省します。