W杯 日本 コロンビア戦 の感想

大変良い試合でした。
チームの皆さんお疲れさまでした。

レッドカードが無くても、
勝てたかも知れないと私は思います。

ボールを奪われた時の前線の選手たちの
守備の切り替えへの速さ
ボールを奪った後の
首尾陣の攻撃への切り替えの速さ
攻守の切り替えを速くする事への意識の高さがうかがわれました。

あいてが10人にならなければ
互いに攻めあって点を取り合う
スリリングな展開になっていたような気がします。
3点勝負。

逆にコロンビアが守備的に戦わざるを得なかったのは
想定外だったと思います。
個人技が上手くレベルの高いチームでした。
しかし、日本の大迫選手や原口選手、乾選手らの
献身的な守備、バランスを重視したDF陣の対応で
自由にプレイさせていませんでした。

相手のプレイの精度が下がり
セカンドボールが拾いやすくなっていたような気がします。

日本が勝ち上がる、
今後の日本のプレイスタイルを確立するには
恐らく次の3点が重要だと思います。

1.攻守の切り替えを相手より速くする
2.ボールを奪ったら少ないタッチ数で
リスクを恐れずチャレンジする。
3.攻めすぎない。

PKをとった場面でも、
タッチ数が少ないところに
面白いボールを放り込んで
大迫選手がキープしました。

私はあのようなサッカーが日本の理想形だと思います。
激しい撃ち合い、点の取り合いになるがなるが、
最後は精神力とスタミナで勝ちきる。

今回のコロンビアからの勝利が
W杯での日本の南米勢からの初勝利になります。
偉業達成です。

コンディションが悪かったとは言え、ハメス・ロドリゲス選手を擁するコロンビアは大変強かった。
コロンビアのサポーターが茫然とした表情していたのを見て「とんでもないこと」が起こったと実感し、
それを成し遂げたのが日本だということに気付くと
ひしひしと凄さを実感しました。

ありがとう。日本代表。

スポンサーサイト

中韓の断交を叫ぶ人、9条守れと叫ぶ人。。。

中韓断交を叫ぶ人、
9条守れと叫ぶ人、
どちらも同じではないか?

出来もしない原理原則をぶちあげて
内輪で仲良くするために
思考停止する点において。。。

モリカケ問題で
与党の支持率は固く
野党の支持率は弱い。

国会追及に関して
私は野党が不味いとは思えない。
与党の方が酷すぎる。
議論が成立しない方向へ持っていくし、
更に歯の浮くヨイショばっかりだ。

野党に支持が集まらないのは
次に政権を委ねた時に
どんな国に日本を導くのかが
あまり見えないからだと思う。

2009年の失敗を国民は強い印象をもって
記憶している。
それが払拭されなければ、
野党に任せようという気持ちにはなれない。

アメポチからシナポチに変わるんじゃないか?
との懸念がある。

また、野党勢力の旧民主党は二大政党制を目指して
水と油のように考え方の相容れない人達が
寄せ集まって出来た党だ。

だから、喧嘩をあまりしたがらない。
この喧嘩を恐れる行動が
モリカケ追及を国会対策の安全パイに
使っていると国民に思わせるのではないか?

実際、モリカケは共産党でも石破派でも
同じように突っ込める。

野党は結局は政権を取るのが目標で
手段ではないのだろう。
政権を取るのがゴールで
日本をどのような国にしていくかの
政策実現のスタートでないのだ。

だから、仲間内で矛盾があっても
とりあえずその矛盾は放置する。
グローバリストと
「とりあえずシナチョンがいやがれば賛成」という
ネトウヨが支持している
安倍政権がこの体たらくであるので
野党連合が政権をとったら
恐らく国防安保で揉める。

自民党も結党当初はそうだったし、
派閥も党内野党と見ることが出来る。
本家アメリカの民主党、共和党も今やどちらが保守的でリベラルだか分からない。

ヴァージニア王朝で確立した
フェデラリストとリパブリカンの緩やかな対立構図が
アンドリュー・ジャクソンによってぶち壊されて
リンカーンによってアメリカがアメリカになり、
その後FDR以降の民主党の福祉政策や黒人解放政策が
南部の白人の民主党への失望感を招き、
今や共和党は南部に強い支持基盤を持ち、
レーガン政権ではフェデラリストの伝統はすっかり廃されて小さな政府で軍拡路線が取られた。

このパラグラフを書き上げて
改めてアメリカもよく分からない。
ドナルド・トランプという変わった人が
大統領になるのも必然のような気がする。

ブッシュ・ファミリーのような戦争屋、
ヒラリー・クリントンのようなモノの分かった
国際派より、率直な物言いでアメリカの国益を連呼する
トランプに胸がすく思いをした人が少なくなかったに違いない。

トランプ政権の出現は政治不振の産物だった。
だが、失望し始めている人もいる。
行政の継続性という点をよくよく考慮しないと
ダメなのではないか?

小池都政や民主党の政権交代は
混乱をもたらしただけだった。

善行無轍迹(漢270)
善行は轍迹なしと読む。
道を上手にいく人は車の轍や足跡を残さない。
本当に立派な行いは目立たない。

老子の中にある言葉だそうだ。
唐の太宗の名宰相、房元齢、杜如晦の功績を称える言葉でもある。

書いていて溜め息が出るが胆に銘じたい。
(これだけ書き連ねて足跡を残さないもあったものでない。)
また、耶律礎材と徳川家康の言葉も参考になる。

一事を加うるは一事を減らすに如かず
一利を興すは一害を除くに如かず

耶律礎材

過ぎたるは及ばざるに如かず

徳川家康

松原致遠という人の大久保利通の逸話で
知った言葉だ。
私には耳に痛い言葉である。



フォトショップかよ( ̄□ ̄;)!!

サミットの安倍ちゃんの腕組みは
そこだけ合成疑惑。。。。
有り得る。(T^T)

委員会予定通り開くって言ったの自民の国対らしい。
産経はそこは報じないで野党はモリカケばっかと。。。

モリカケはいい~。
せめて大阪の地震の対応は優先してほしい。
カジノに高プロ、参院議席8増をろくな議論もしないで
無理から通す為に予定通り開くって~

酷すぎる。

当意即妙の歌

ななへやへ花は咲けども山吹の実のひとつだに無きぞあやしき

兼明親王の歌(後拾遺1154)

醍醐天皇の第16皇子で、中務卿になった方だそうです。
兼明親王は臣籍に降下し、源兼明として左大臣にまでのぼりつめました。しかし、藤原北家の都合で左大臣の座を明け渡し、皇籍に復帰させられた方です。

あやしとはみっともないとの意もあり、
八重山吹は恐らく権勢を誇る藤原北家を象徴しているのではないかと私は思います。

藤原一族の栄華は極めるけれど実がない、
国家の為にならない。
実が1つもないのはみっともなく浅ましい。
山吹の歌に託して藤原一族の専横を嘆いたのでしょうか?

この歌は太田道灌の逸話の方が落語にもなって有名ですが、兼明親王は歌の作者を調べて初めて知りました。

落語風に説明しますと
道灌が鷹狩りの途中で俄の村雨にあい、
一軒のあばら屋に雨具を求めて立ち寄ったところ
一人の若いしづのめが出て来て
「お恥ずかしい話でございます。」
と山吹の花を差し出した。

道灌が意味を図りかねていると
歌に詳しい家来が、
「ななへやへ花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ
かなしき」
という歌があります。「実の」を「簑」にかけてことわっているのでありましょうと説明すると、
「余は歌道に暗い」と言ってお城に帰ったそうです。

この出来事に発奮し、後に歌人としてもその名を極めたとか。。。横町のご隠居さん家の掛け軸にその場面が書いてあるのが落語の「道灌」です。

「この城どうかんなんねえか?」
「家やすうなら買おう。」

なんっつって江戸城は家康さんが
道灌さんから買いましたとさ。

この貧しい賤女は、
一体何者だったのでしょうか?
ただ者ではない。。。気がする。
あやしきが悲しきに変わったのは何故なのでしょう。

こういう逸話は憧れます。
当意即妙と言えばこの歌。

大江山いく野の道も遠ければまだふみもみず天橋立

小式部内侍


まだ子供だった小式部なのですが歌は上手かった。しかし、それは歌人として有名な母に歌の代作をして貰っていると噂されていました。

それをからかって藤原定頼という人が
「丹後のお母さんの所に代作を頼む使者は出しましたか?使者は帰って来ましたか?」
と意地悪な質問をした事に対する返歌です。

大江山を越えて 近くの生野へと向かう道のりですら
行ったことがないので、まだ母のいる丹後の国の天橋立の地を踏んだ事もないですし、母からの文も見ていません。

と一首でこたえてしまったのです。
あまりの見事な返しに定頼は返歌も出来ず恥を掻いたそうです。

ちなみに藤原定頼も父は藤原公任という人で
この二人も百人一首に選ばれています。
お互いに和歌界のサラブレットだった?


当意即妙と言えば、
軍記物にもあります。

前九年の役で衣川の舘に立て籠る安倍貞任を打ち破った
源頼義が退却する貞任に
衣のたてはほころびにけり!
(衣川の舘が陥落したことを衣の縦糸がほころびたに
かけての勝利宣言)
と声を掛けます。

すると、貞任は
年をへし糸の乱れの苦しさに
と上の句をつけて応じました。

浮囚の長でありながら
和歌を嗜むのかと、頼義は感じ入って
追いかけるのを止めたそうです。

新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる。
との日本武尊のつぶやきに
かがなべて夜には九夜昼には十日を
と篝火を守るおじいさんが句をついで
日本武尊に大変誉められた話(日本初の連歌)
筑波は連歌の異称になった。

など、考えて見れば歌の応酬は
みな当意即妙ですね。

この記事の内容に追記していくかも知れません。

今日の国会参院決算委員会は自民党が開催させたのか!!

あざとい。

改元と地震

大阪で地震がありました。

これ以上被害がないことを祈りつつ、
最近の地球の火山活動な活発な事から
他の地域でも地震や火山噴火が起こらないか
心配です。

人間はとっさの災害では
案外好奇心やつまらぬ心配に
気をとられて合理的判断が出来ないものです。
まず、安全な場所へ逃げる。
危険な場所には近づかないと
心がけていないとダメですね。

かくいうわたくしも東日本大震災の時は
津波を見たいと思って、避難が遅れました。
後日そこが第2波の浸水域になっていたので
車が潮に浸かってダメになったし、
自分自身が流されたかも知れません。

元号を調べると
災害、地震による改元のいかに多いことか。
白河上皇の院政期、堀川天皇の御代は
永長、承徳、康和と地震による改元が10年の内に3度ありました。

その他、
干魃、水害、天然痘の流行、疫病と
全く平安でない平安時代です。

つくづく日本は地震とは縁が切れないのだなと
思いました。

古くからある神社やお寺は
地形的に理があって被災を免れて
現残しているものも多いようなので
そこを災害時の拠点に利用できるよう
整備しても良いかも知れません。



モリカケを放置する事への懸念

安倍総理が各方面に
「借り」を作っていないか心配。

巨悪は眠るものだし、
大蔵官僚がろくでもないのは
今に始まった事ではない。

「瑞穂の国の資本主義」
というのに私は感銘を受けていた。

安倍氏は嫌々、グローバリストに従っている。
そう信じて来たのですが、
WJFさんの古い動画に
ロンドンで岩盤規制を打ち破りますと
宣言していたのをモリカケ以降閲覧し
安倍氏自身がグローバリストか
あるいは無定見な人ではないかと思うに至りました。

私には外務官僚や財務官僚のサボタージュや
アメリカのアメとムチの圧力に
安倍政権が立ち向かえるか心配です。
特にモリカケは安倍夫妻の疑惑。

借りを作れば各方面に弱くなる。
支持母体への厚遇を約束したり(余計なバラマキ)
国益度外視の政策判断をしたりする。

それが無ければいいのですが、
政府の信用が失墜するなど失うものが
多すぎたと思います。

まあ、国益を損ねなければ
続投しても問題ないと思います。

私個人としては
グローバリゼーションが急激に進む事は
危険だと思うのです。
だから、ブレーキを緩やかにかけなければならないと
思います。

北朝鮮ミサイルと我が国の安全保障に対する愚考

日本も核武装すれば良い。
核軍縮の機運をリードする為に
核をもった北朝鮮のロジックに従えばこうなる。

私は朝鮮半島の融和を率直に慶びます。
朝鮮が強ければ、日本は対外関係がやりやすくなる。

世が世ならば朝鮮式山城のような要塞を
対馬、隠岐、佐渡などに築き、
攻められても言いように防衛策を講ずるべきです。
景観など屁でもありません。
トーチカを築き地雷原を浜辺に敷き詰める。

しかし、戦争の概念は変わりました。
北の核ミサイルは10分程度で日本に到達します。

Jアラートもあんまり効果はありません。
(いや、被害を軽減する為に危機を知らせる効果はあるでしょうが)
核を持つことも選択肢だと私は思うのです。
核を使用することは自殺行為だと相手に常に考えさせる事ができます。
私はそのようなロジックが嫌ですが、
核ミサイルが無力化されるテクノロジーが開発されない限り、動かしがたい現実だと思います。

核の不拡散は大国の理屈の面もあります。
イスラエルが中東で好き放題出来るのも
公然の秘密で核を保有しているからです。
パレスチナは軍事的に非力だから、
人道など守られません。
最新兵器の見本市と化しています。

アメリカは核武装など日本にさせたくありません。
ATMに出来なくなるからです。
また、いついかなる時にワシントンに日本のミサイルが
向けられるかわからないとなれば、
トランプ大統領の恫喝めいた言動も
負け犬の遠吠えになるでしょう。

もし、核武装の道を日本が選ばないなら、
外交的な発言力は低下します。
経済戦争において遅れをとり、
知的財産について不当な使用料を払わされ、
日本の国益は、中、露、朝、台、米にストローで
吸われるごとく吸いとられてしまいます。

日本国民の大多数がそれで良いなら仕方がない。
ただ、専守防衛の自衛隊など
邪な動機を持った他国にとっては案山子も同然だと
私は思います。

日本は恩着せがましいアメリカから
高い武器を買わされます。
守る事以外に使いようがない迎撃兵器です。

私は唯一、核武装しなくてすむ方法は
日本が経済大国であり続けることだと思います。
市場としての価値があれば、
日本を戦場にするより、ストローをさして
うまい汁をすする方が他国にも得だからです。

ところが、現政権は売国的政策ばかり。
それもアメリカの方面のワシントン筋、ニューヨーク筋の要求があるのでしょう。
日本はバブル崩壊後、拝金主義が極まって
倫理的に劣化しました。
海外に技術移転したため、中国、東南アジアが
ライバルになっています。

アベノミクスも行き詰まりを見せていて
オリンピック後の景気の起爆剤もない。

日本に市場としての魅力がなくなった後、
地政学的理由で他国の野心が高まり、
米国の衰退が同時におこる事を恐れます。

一方、敵を減らせば良いとの考えもあります。
歴史認識の問題です。
相手かたの主張を認めてしまえば良いのですが、
それは、万年敗戦国の地位を受け入れてしまう事に繋がります。

懐が寂しくなると無心してくる。
話を蒸し返す。
北朝鮮も日朝対話が本格化すれば
戦時賠償の話を持ちだしてくる。

日本はこのような地位にこれからも甘んじていかなければならないのでしょうか?

改憲、軍備増強、核武装を視野にいれた
国防策をとらなければ、
日本の外交は受け身にならざるを得ません。

さて、
金正恩はまんまと出し抜いたのでしょうか?
私はそうも思えません。
彼はクレイジーだったので世界は恐れました。
しかし、クレイジーではなくクレバーだった。
つまり、常人だった。

彼はクレイジーなふりは出来なくなりました。
緊張緩和に舵を切らねばならなくなった。
今回の米朝会談に至るまでに
国内で相当の軋轢を生じさせたに違いありません。
金正恩にとって進むも地獄、退くも地獄です。
だから、進む地獄に彼の逃げ道をあけて置くべきです。
そうでなければ、北朝鮮は多大な労力を使ってでも
もと来た道を引き返すでしょう。

もちろんうまうまと彼は逃げおおせます。
クレバーですから。
ただし、そうなると日本は困る事もある。
だから、核武装が必要であると私は思います。

しかし、日本の世論の大多数はそうは考えないでしょう。

雄略天皇 御製の歌

籠もよ み籠持ち 掘串もよ み掘串持ち
この丘に 菜摘ます児
家聞かな 名告らさね
そらみつ 大和の国は おしべて
われこそ 居れ
しきなべて われこそ 座せ
われこそは 告らめ 家をも 名をも

この歌は諳じたい歌ですが
、なかなか覚えられません。

求婚の歌でありながら
すめろぎのいやさかを願う歌であり、
のどかな感じがします。

こもよ みこもち ふくしもよ
というリズムが美しいと思います。

こないだ詠んだ不来方の歌は単なるダジャレです。
実際に恋をしたり、挫折を味わった感慨がないと
真に迫る歌はつくれない気がします。

枕詞とか掛詞とか憧れます。
漢詩も好きなのですが
和歌や漢詩は表現形式として
過去のものなのでしょうかね。




歴代天皇を視写して気づいたこと

戦前生まれのおじいさんおばあさんは
習ったと思いますし、
学識ある保守や右翼の言論人の方には
常識だと思います。

また、歴史が得意な学生は
学習法として実践しているかも知れない。

私は思い立つ事はありましたが、
歴代天皇を書き出そうとはしませんでした。
面倒だからです。
覚えてもさほど実生活の役には立たない。

しかしながら、
歴代天皇の視写、単体では役に立ちませんが
歴史の2次元的な把握は可能になります。
ヨーロッパであった出来事の年号をリンクにして
日本史に即座に飛ぶことが出来る。

この軸をたくさん作ることが
きっと記憶や知識の定着を良くし、
それを整理すれば整理するほど
生きる知恵に昇華できる。

私は学習障害があります。
物覚えが悪い。
何度ノートにとっても丸暗記しても覚えません。

しかし、言葉の意味や語源を調べたり
ものごとの成り立ちを深く調べれば
自ずと記憶は定着するようです。

凄まじく情報があふれ
情報に翻弄されますが
良識を持つことで
騙されなくなります。

しかし、良識は一朝一夕には身に付かない。
また、良識を叫んでも言葉のみで
内実の伴わないものもあります。

歴代天皇の視写はお奨めです。
Wikipediaにあります。
コピペはお奨めしません。
それだと知識は借り物のままだからです。

安倍政権の欺瞞 のギアが上がった2つの出来事

消費増税5~8%

これは今かんがえれば大失敗だった。
しかし、未だに自身の判断ミスを認めていない。

モリカケ

この事案発覚以後は外交に逃げるようになった。
北の脅威を吹聴した(しかし、対策はお粗末で選挙後にミサイルのシミュレーションをする体たらく)。
また、日米蜜月を演出した。
日本よりの発言をトランプ以下米高官から引き出すためにいくら支払ったのか?

AKBのアイドルと何度も握手するために
CDを一人で何百枚と買っているようなものだ。

過ちを認めないので
正直になれない
結果として嘘をつき見栄をはり
破綻してまた嘘をつく。

消費税増税の際の欺瞞は
国内経済回復を鈍化させ
政策は迷走を極めている。
また、モリカケの眼をそらす
準備なき外交は日本の国際的地位を
著しく低下させた。

安倍氏の代わりになる総理はいくらでもいる。
安倍氏より悪い総理はおそらくいないだろう。
安倍氏の次の総理は気の毒だ。
貧乏くじである。


安倍政権と取り巻きを諫めるも無駄、批判するも無駄。

亡国の第一歩を踏み出した
安倍政権とその取り巻き。

恐らくこれから
北朝鮮と拉致の対応をめぐり
取り巻きで内ゲバが始まる。

だが、安倍擁護ではまとまる。
取り巻きにカネがばら蒔かれているはずだ。
JNSC会員、自民党員、広告収入で稼ぐブロガー
など立場は様々だが、
彼らのニュースソースは安倍官邸の
テンプレート情報だ。

このテンプレを無批判に拡散している。

まあ、仕方がない。
私も騙された。
騙される人間が一番悪いのだ。

安倍政権は今後も続く。
だが、次の政権にかわったとき
日本はどうなっているだろう。
それが恐ろしい。

その日に備えて私は生きたい。

日本の滅び方

安部首相はモリカケを乗りきった。

私は忸怩たる思いだ。
腸が煮えくり返る思いだし
次々暴露される新情報に
疑惑は深まっていると率直に思う。

しかし、日本国民は関心をなくしているように思える。
安倍信者はこの問題に執着する人間を嘲笑う。

安倍信者とビジネスでうまい汁をすする
エセ保守論客(ニュース女子。いい番組だと思ったが、
ネットで報道されたH氏の「保守は良いよ。講演料がすごいんだ。」という旨の発言を周囲に漏らしていたと聞き興醒めした。)

いまや、彼らは飛ぶとり落とす勢いである。
日本の良くも悪くも閉鎖的なムラ社会に何らかの恨みを抱き、それを破壊する事で今度は自分達がうまい汁をすすろうとする日本人の新自由主義者も笑いが止まらないだろう。

カジノ解禁、制度を悪用すれば残業代を支払わなくてもよい高度プロフェッショナル定額働かせホーダイ制度。
種子法の廃止により、民間ほ場からアジア諸国に高級な品種の種が流出したり、農協にかわりモンサントみたいな食料メジャーが肥料だ種子だと売り付けにくる。

国家戦略特区は政権(安倍さんだけとは限らない)に近い業者が(それより優れた事業者がいるにも関わらず)
縁故採用される。

日本ムラ社会打破を目的とする新自由主義者は
彼らの主張する経済合理性とはまったくかけ離れた政策判断にアクロバティックな擁護を繰り返す羽目になる。

また、政府や与党の支持団体の講演料で飯を食う
エセ保守論客は政権交代が恐い。
政権発足当初は蛇蠍のごとく
新自由主義者を批判していたが、
消費増税やら新三本の矢やら
瑞穂の国の資本主義とかけ離れていく
安倍政権を批判するのはガス抜き程度、
グローバリストとエセ保守論客が並んで
仲良く野党とパヨク(なんとも気の抜けたサイダーみたいな呼称だ)を叩いて溜飲を下げている。

日本国民にとってでたらめな政策が
どんどん実施される。
北朝鮮と拉致解決に向けての対話が始まった。
金正恩は交渉のハードルを高くする。
是が非でも解決させたい日本の足元を見てくる。

日本は最大限譲歩する。
そうでないと安倍政権の支持率は上がらない。
実際に拉致が解決すれば
政権支持率は60%近くになるのではないか?

ところが、日本の財政は厳しくなる。
報道によれば秋口ぐらいには
一定の成果が上げられるだろう。
つまり、次年度から国民負担はどんと増える予感がする。

モリカケは政権にとって良い成功体験になった。
嘘をつき続けて、時間稼ぎすれば
国民は飽きる。
まさに人の噂も75日である。

結果として日本の国力は
ネポティズム、
不正直な政府、
愚かな政権支持者と、
ずる賢い政権スポンサー、
外国の資本の搾取により、
一気に衰える。

目下の危機は五輪後のプチバブル崩壊と
南海トラフ地震などの災害である。

日本は海外の人間にとって
とるに足りないうまみのないマーケットになる。
移民すら中国や東南アジアを選ぶだろう。

ここで初めて核兵器をもたないつけが出てくる。
ロシア民兵、移民偽装のシナ兵などが侵入する。
9条加憲で手足を縛られ財政難で弱体化著しい自衛隊は
為す術がない。

アメリカ初め西側諸国が介入し、
日本は朝鮮半島にかわる世界の火薬庫、
紛争地帯になる。
 
このようになってほしくない。
政治家も官僚も、大企業経営者もあまり期待できない。
民間人の踏ん張りに一縷の望みがあるくらいだ。

救いがあるとすれば、世界中が同じように乱れている事だ。しかし、世界の国を嘲笑う暇はない。
いち早く次代を切り開く国はリーダーになれるが、
他国と比較してこちらが優れている溜飲を下げてばかりで劣る輩は皆殺し(出来もしないこと)などと傲岸な態度をとる輩は真っ先に泣きを見る。

保守主義とはTPOを弁えた趣の追求ではなかろうか?

TPOという言葉を何となく私は感覚的に意味を把握していましたが、

Time 時間
Place 場所
Occasion 場合

の頭文字をとったものでした。

時と場所と場合に応じて
趣を追求する。

これが本当の保守主義者ではないかと思います。

簡単な様でいてむずかしく
しかし、いついかなる時でも
実践が可能です。

保守主義、
TPO、
弁える、
趣、
追求、

このタイトル自体が趣にかけます。
教養がないのです。
(言葉の統一感がない。もっと勉強していたら
適切な言葉使いが出来るはずですが、
全体としてチグハグです。
私の記事全体を読んでも統一感がない。)
美しくない文章です。
全体を貫く美しさがない。

花鳥風月を描けば上品でもないし
うんこ小便について書いても品格のある
文章は書けると思います。

例えば医学的に胃腸の働きを述べる際は
あまり糞尿に対して汚い感覚を持ちません。
逆にオウムという言葉は仏典では神聖な言葉ですが、
カルト教団が自らの集団の呼称の一部に使うことも出来るのです。

理趣釈経には「客塵」という言葉が出てきますが
汚いと見える物も本質は実は清浄であり
汚く見えるのは自分の心の汚れである。
というような事を書いていました。

同じ行いでも、同じ言葉でも
時、場所、場合を弁えていなければ
結果は違いますし、
心が汚れていたなら論外だと思います。
直心、深心、至誠心が大事だと思います。

趣とは情緒的、感覚的なものです。
しかし、人間は感情を持つ生き物です。

感興とか趣とか
伝統文化の後世に伝えるべき良さは
そこにあるのではないでしょうか?

様々なジレンマに苦悩しながら
導き出す答えが理想の趣なのだと思います。

天皇陛下御歴代の一覧(元号付記)

追記履歴
平成30年6月16日
平城天皇~一条天皇の元号を追記した。
平成30年6月18日
一条天皇~後鳥羽天皇の元号を追記した。



◎神武天皇以前

イザナギ・イザナミの神が
高天ヶ原の神々の命を受けて
天の浮き橋(虹の事か?)の上から
天のぬ鉾をもってコオロコオロと
かき回したところ、

潮が自ずと凝って島になった。
これをオノコロ島という。
そしてこの島に天下りして
国生みをすることになった。

イザナギ・イザナミの神は
夫婦になって日本の国と様々な物の神を産んだ。
(一番初めの子は蛭子だったので、葦の船に入れて流した。島としては淡路島、粟島など諸説ある。
また、蛭子は後に恵比須様になったというので蛭子とかいてエビスと読ませる)

イザナミの神は火之神を産んだ時に
みほと(産道)を焼かれて亡くなる。
悲しんだイザナギは黄泉の国に会いに行くが
変わり果てた妻の姿におどろき
恥を書かされたイザナミは恐ろしい姿で
イザナギを追いかけた。

イザナミの神の追撃を振り切り
イザナギの神は黄泉つ平坂(冥界との境とされる)
を岩で封印した。

イザナギの神は冥界の汚れを払うために
※筑紫の日向(ヒムカ)の立花の小門のあわき原で
身を浄めた(御祓払い)をした。

※九州地方を連想させる地名が並ぶが
場所はどこかはわからない
波の穏やかな入り江の浅瀬で御祓をしたようだ。

さて、イザナギの神が
左目を洗うと アマテラスオオミカミが生まれた
右目を洗うと ツクヨミノミコト(性別諸説あり)が生まれ
鼻を洗うと スサノオノミコトが生まれた。

イザナギの神は三柱の貴神の誕生を喜び
アマテラスには高天原を
ツクユミには夜を
スサノオには海原を
統治させた。

スサノオは海原を任されたが
よく治めずに日々泣き暮らした。
その為に海は荒れ狂うばかり。
イザナギの神が咎めると
「私は母が恋しくて泣いているのです」
と言った。
イザナギは
「そんなに恋しいならそなたは母の国に行くが良い」
と冥界(根の国(黄泉の国と同義と思われる))に追放した。

スサノオは根の国に向かうにあたり
一目姉(古今集仮名序にはスサノオが兄と書いている!)のアマテラスに別れの挨拶がしたいと
高天原に登った。

アマテラスは荒々しい弟の事、
きっと高天原を奪いに来たに違いないと疑念を抱き
鎧をつけ武器を持ち、完全武装でスサノオを待ち構えた。

スサノオは
「根の国にこれから向かうので姉上に別れの挨拶にまいったのです。別に他意はございません。」

ところがアマテラスはなおも信じず
それならばその心に偽りがないか
証を見せよという。

アマテラスはスサノオの剣を
スサノオはアマテラスの勾玉を
互いに交換し互いに神を生む事で
スサノオの心を試した。

アマテラスはスサノオの剣から
宗像の三女神を生み
スサノオは五柱の男神を生んだ。

このとき五柱の神から生まれたのが
マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト
である。

スサノオは自身の気持ちに他意のないことを
示したので勝利を宣言した。
なお、オシホミミノミコトら五柱の神は
アマテラスの勾玉より生まれたので
アマテラスの子ということになった。

スサノオはこれに気を良くし
高天原で傍若無人に振る舞う。
恥をかかされたアマテラスは
天の岩戸に隠れてしまう。

世界はその為に宵闇に包まれた。
八百万の神々は天の安河原で
会合し、善後策を協議した。
オモイカネノカミという知恵のある神が
新しい神を現れたとお祭りをしてはどうだろうと
策を案じ、
祭りの用意をさせた。
八百万の神々は賑やかに歌い騒ぐ。
アメノウズメノカミが
桶の上に乗り神がかりして踊り出した。
着物がはだけ乳房が顕になり
ほと(陰部)まで丸見えになると
八百万の神はどっと大笑いした。

岩戸に籠るアマテラスは外界の狂騒に
驚き怪しんで岩戸の隙間から覗いてみた。
「これは何の騒ぎぞ」
アメノウズメが答える
「あなたにも勝るとも劣らないくらい立派な神様が
現れたのでこうしてお祝いしているのです。」
アメノウズメは鏡をアマテラスに向けてこう話した。
自分の光の反射を新しい神の光だと思ったアマテラスは
その神の姿を一目見ようと岩戸を少し開けたところ。

力持ちのアメノタヂカラオノミコトが
岩戸を一気にこじあけた。
アマテラスは岩戸から引き出され
二度とこの中に入れぬようしめ縄が張られた。
こうして世界は再び明るくなった。

スサノオは罰として
爪や髭をはがされて高天原を追放された。
(以下神話はヤマタノオロチ退治、オオクニヌシの国作りなど出雲の地を部隊とする話が続くが、
別の機会に紹介したい。)

さてアマテラスは
「葦原の中つ国は我が子孫が治める国である」
として
息子のアメノオシホミミノミコトを地上に派遣しようとした。
しかし、その時にオシホミミは
「たった今私の子が生まれました名を
アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコトともうします。この子を天下りさせましょう。」

このニニギがアマテラスの孫にあたるので
天孫降臨といわれます。

ニニギは筑紫の日向の高千穂のクシフルダケに
天降りしました。

ニニギは山の神の娘コノハナノサクヤビメと
結婚して三人の男子を生み、
その三人の内の
アマツヒコヒコホホデミノミコトが
海の神の娘トヨタマビメと結婚して
アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコトを
生みました。

ニニギノミコト
ヒコホホデミノミコト
ウガヤフキアエズノミコト
の事を日向三代といいます。

このウガヤフキアエズが
海の神の娘で叔母であるタマヨリヒメと
結婚して生まれた4人の息子達の末っ子が
ワカミケヌノミコトであり

後のカムヤマトイワレビコノミコト、
すなわち神武天皇です。

事績としては
日向より東征を行い、
トミノナガズネヒコを討って
大和の国に入り橿原宮で即位します。

お妃はアヒラツヒメという方がおられますが
大物主神の娘ヒメタタライスケヨリヒメを皇后に
向かえその息子のカムヌナカワミミノミコトが
綏靖天皇として即位しています。

大物主、大国主、ニギハヤヒは
同族かあるいは同一人物であったような気がします。
出雲王朝、出雲神族の当主の称号とも考えられます。
初期の古代皇室はかなり出雲に対して配慮しています。
それだけ、出雲、物部の影響力が大きかったのではないでしょうか?

それでは以下に歴代天皇を列記していきたいと
思います。
最初は簡素ですが、
その時代の主要な出来事を追記して行きたいと思います。


1代 神武天皇(じんむてんのう)

以下 2代 綏靖天皇~ 9代 開化天皇まで
欠史八代と呼ぶことがある。
初めて提唱したのは 津田左右吉(1873~1961)


2代 綏靖天皇(すいぜいてんのう)

3代 安寧天皇(あんねいてんのう)

4代 懿徳天皇(いとくてんのう)

5代 孝昭天皇(こうしょうてんのう)

6代 孝安天皇(こうあんてんのう)

7代 孝霊天皇(こうれいてんのう)

8代 孝元天皇(こうげんてんのう)

9代 開化天皇(かいかてんのう)

欠史八代ここまで

10代 崇神天皇(すじんてんのう)
御肇国天皇 ハツクニシラススメラミコトの称号あり。
神武天皇と同一人物説もある。
間の八代は実在するが、前王朝(例えば出雲とか物部)の
系譜を借りて一人の天皇の事績を分けて伝えた事も考えられる。

また、四道(北陸、東海、西道、丹波)に将軍を派遣した。
北陸を進軍したオオビコノミコトと
その息子で東海道を進軍したタケヌナカワケノミコトが
落ち合ったのが福島県であり、会津の地名の由来になったという。

この時期の丹波は丹波、丹後、但馬を合わせた領域である。朝鮮の歴史書三国史記には
新羅王第四代の脱解という王は多婆那国から来たと言われています。
新羅は倭人が建てた国であるという説もありますし、
新羅から来たというアメノヒホコノミコトは但馬の出石に祀られています。
丹波と新羅は日本海を隔てて交流があったのでしょう。

太田田根子に三輪山の大物主神を祀らせた。

11代 垂仁天皇(すいにんてんのう)

12代 景行天皇(けいこうてんのう)

13代 成務天皇(せいむてんのう)

14代 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

15代 応神天皇(おうじんてんのう)

16代 仁徳天皇(にんとくてんのう)

17代 履中天皇(りちゅうてんのう)

18代 反正天皇(はんぜいてんのう)

19代 允恭天皇(いんぎょうてんのう)

20代 安康天皇(あんこうてんのう)

21代 雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)

22代 清寧天皇(せいねいてんのう)

23代 顕宗天皇(けんそうてんのう)

24代 仁賢天皇(にんけんてんのう)

25代 武烈天皇(ぶれつてんのう)

26代 継体天皇(けいたいてんのう) 507~531

27代 安閑天皇(あんかんてんのう) 531~535

28代 宣化天皇(せんかてんのう) 535~539

29代 欽明天皇(きんめいてんのう) 539~571

30代 敏達天皇(びたつてんのう) 572~585

31代 用明天皇(ようめいてんのう) 585~587

32代 崇峻天皇(すしゅんてんのう) 587~582

33代 推古天皇(すいこてんのう) 592~628

34代 舒明天皇(じょめいてんのう) 629~641

35代 皇極天皇(こうぎょくてんのう) 642~645

36代 孝徳天皇(こうとくてんのう) 645~654
※この御代に元号初めて定める。
大化(645~650) 6年
白雉(650~654) 5年 穴戸(長門)国司が白い雉を献上した

37代 斉明天皇 (さいめいてんのう) 655~661
皇極上皇の重祚 元号は定めず。
元号がないのは天武天皇の治世末期まで
32年間

38代 天智天皇(てんじてんのう)668~671
39代 弘文天皇(こうぶんてんのう)671~672
40代 天武天皇(てんむてんのう)673~686
※天武天皇15年朱鳥の元号を使う。
朱鳥686~686 1年

41代 持統天皇(じとうてんのう) 690~697
この御代は元号を定めず

42代 文武天皇(もんむてんのう) 697~707
文武天皇元年より大宝と改元
大宝701~704 4年
慶雲704~708 5年

43代 元明天皇(げんめいてんのう) 707~715
慶雲
和銅708~715 8年
(武蔵で銅が発見された)

44代 元正天皇(げんしょうてんのう) 715~724

この天皇まで淡海三船が漢風謚号を撰集した。
平安期に入ると退位後の上皇の在所を謚号とする
例が多くなる。現在の謚号に落ち着いたのは明治に
入ってからである。

霊亀 715~717 3年
左京職より瑞亀の献上があった。
養老 717~724 8年
美濃の国で美泉の祥瑞があった。

45代 聖武天皇(しょうむてんのう)724~749
神亀 715~717 6年
白い亀が献上された。
天平729~749 21年
左京職より天王貴平知百年と書かれた亀が献上された
天平感宝749~749 1年
陸奥の国より金が見つかる。

46代 孝謙天皇(こうけんてんのう)749~758
天平勝宝 749~757 9年
天平宝字

47代 淳仁天皇(じゅんにんてんのう) 758~764
天平宝字757~765年 9年

48代 称徳天皇(しょうとくてんのう)764~770
孝謙上皇の重祚
天平神護765~767 3年
神護慶雲767~770 4年

49代 光仁天皇(こうにんてんのう) 770~781
宝亀 770~781 12年
肥後の国で白い亀がみつかる
天応 781~782 2年

50代 桓武天皇(かんむてんのう)781~806
延暦 782~806 25年間

51代 平城天皇(へいぜいてんのう)806~809
大同 806~810 5年

52代 嵯峨天皇(さがてんのう)809~823
弘仁 810 ~ 824 15年

53代 淳和天皇(じゅんなてんのう)823~833
天長 824 ~ 834 11年


54代 仁明天皇(にんみょうてんのう)833~853
承和 834~ 848 15年
嘉祥 848~ 851 4年 豊後から白亀献上

55代 文徳天皇(もんとくてんのう)850~858
仁寿 851~854 4年 即位改元 白亀 甘露の奇瑞あり
斉衡 854~857 4年 石見で醴泉(醴1453 甘い水の湧く泉)見つかる。
天安 857~859 3年 美作・常陸両国で 白鹿・連理の木発見。

56代 清和天皇(せいわてんのう)858~876
貞観 859~877 19年

57代 陽成天皇(ようぜいてんのう)876~884
元慶 877~885 9年
がんぎょうと読む。

58代 光孝天皇(こうこうてんのう)884~887
仁和 885~889 5年

59代 宇多天皇(うだてんのう) 887~897
寛平 889~898 10年
臣籍降下の後に皇籍復帰し即位。

60代 醍醐天皇(だいごてんのう)897~930
昌泰 898~901 4年 即位改元
延喜 901~923 23年 辛酉にあたり改元 天変あり
延長 923~931 9年 水潦 疾疫による改元

61代 朱雀天皇(すざくてんのう)930~946
承平 931~938 8年 即位改元
天慶 938~947 10年 厄運 地震 御慎


62代 村上天皇(むらかみてんのう)946~967
天暦 947~957 11年 即位改元
天徳 957~961 5年 水旱
応和 961~964 4年 辛酉革命の年、内裏火災
康保 964~968 5年 甲子革令の年、旱

この時代 辛酉、甲子など暦年による改元多し。
平安人の価値観の変化か?
仏道(密教などの鎮護国家思想)から
陰陽道の影響が強くなったと考えられないか?
藤原氏は政敵の祟りを恐れ、夜に朝議を行ったとか。
時代の不安の現れかも知れない。

63代 冷泉天皇(れいぜいてんのう)967~969
安和 968~ 978 3年

64代 円融天皇(えんゆうてんのう)969~984
天禄 970~ 974 4年 即位改元
天延 974~ 976 4年 天変 地震
貞元 976~ 983 3年 火災 地震
天元 983~ 985 3年 災変 陽五厄(陰陽道用語か?)

65代 花山天皇(かざんてんのう)984~986
寛和 985~ 987 3年 即位改元

66代 一条天皇(いちじょうてんのう)986~1011
永延 987~ 989 3年 即位改元
永祚 989~ 990 1年 彗星 地震
正暦 990~ 995 6年 大風 天変
長徳 995~ 999 5年 疾疫 天変
長保 999~ 1004 6年 天変 炎旱
寛弘 1004~ 1013 9年 天変 地妖

藤原道長に代表される摂関政治の勃興期
貴族文化花やかなりし時代だが
やはり政治より色恋や風雅の道に当時の為政者は
耽溺したのだろうか?
官撰の歴史書も編まれず、都は荒れていたようだ。
芥川龍之介の羅生門の話もこの時代のあたりか。

当時の行政機構を現場で切り盛りしていた人は
どのあたりの官位職掌の人なのだろう。


67代 三条天皇(さんじょうてんのう)1011~1016
長和 1013~1017 6年 即位改元

68代 後一条天皇(ごいちじょうてんのう)1016~1036
寛仁 1017~1021 5年 即位改元
治安 1021~1024 4年 辛酉革命による
万寿 1024~1028 5年 甲子革令による
長元 1028~1037 10年 疫疾 炎旱による

69代 後朱雀天皇(ごすざくてんのう)1036~1045
長暦 1037~1040 4年 即位改元
長久 1040~1044 5年 災変 内裏焼失
寛徳 1044~1046 3年 疾疫 干魃

70代 後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)1045~1068
永承 1046~1053 8年 即位改元
天喜 1053~1058 6年 天変怪異
康平 1058~1065 8年 大極殿 法成寺火災
治暦 1065~1069 5年 干魃 三合厄

71代 後三条天皇(ごさんじょうてんのう)1068~1072
延久 1069~1074 6年 即位改元

72代 白河天皇(しらかわてんのう)1072~1086
承保 1074~1077 4年 即位改元
承暦 1077~1081 5年 干魃 疱瘡
永保 1081~1084 4年 辛酉革命
応徳 1084~1087 4年 甲子革令

73代 堀河天皇(ほりかわてんのう)1086~1107
寛治 1087~1095 8年 即位改元
嘉保 1095~1097 3年 疱瘡
永長 1097~1097 2年 天変 地震
承徳 1097~1099 3年 天変 地震
康和 1099~1104 6年 地震 疫病
長治 1104~1106 3年 天変
嘉承 1106~1108 3年 彗星

74代 鳥羽天皇(とばてんのう)1107~1123
天仁 1108~1110 3年 即位改元
天永 1110~1113 4年 彗星
永久 1113~1118 6年 天変 兵革 疫疾
元永 1118~1120 3年 天変 疫疾
保安 1120~1124 5年 天変 厄運

75代 崇徳天皇(すとくてんのう)1123~1141
天治 1124~1126 3年 即位改元
大治 1126~1131 6年 疱瘡
天承 1131~1132 2年 炎旱 天変
長承 1132~1135 4年 疾疫 怪異
保延 1135~1141 7年 飢饉 疫病 洪水
永治 1141~1142 2年 辛酉革命

76代 近衛天皇(このえてんのう)1141~1155
康治 1142~1144 3年 即位改元
天養 1144~1145 2年 甲子革令
久安 1145~1151 7年 彗星
仁平 1151~1154 4年 彗星
久寿 1154~1156 3年 変異 厄運

77代 後白河天皇(ごしらかわてんのう)1158~1165
保元 1156~1159 4年 即位改元

78代 二条天皇(にじょうてんのう)1158~1165
平治 1159~1160 2年 即位改元
永暦 1160~1161 2年 兵乱(平治の乱があった)
応保 1161~1163 3年 疱瘡
長寛 1163~1165 3年 天変 疱瘡
永万 1165~1166 2年 天変 怪異 疾疫

79代 六条天皇(ろくじょうてんのう)1165~1168
仁安 1166~1169 4年 即位改元

80代 高倉天皇(たかくらてんのう)1168~1180
嘉応 1169~1171 3年 即位改元
承安 1171~1175 5年 災変 厄会
安元 1175~1177 3年 疱瘡
治承 1177~1181 5年 大極殿火災 天変
※鎌倉の源氏政権は安徳帝の即位を認めず治承の元号を後鳥羽帝(元暦)の即位まで使った。
81代 安徳天皇(あんとくてんのう)1180~1185
養和 1181~1182 2年 即位改元
寿永 1182~1184 3年 飢饉 兵乱 疫病

82代 後鳥羽天皇(ごとばてんのう)1183~1198
元暦 1184~1185 2年 即位改元
※ 平家の暦(天皇)を認めず、暦を元に戻す意か
また、平家側では、元暦を認めず滅亡まで寿永を使った。

83代 土御門天皇(つちみかどてんのう)1198~1210

84代 順徳天皇(じゅんとくてんのう)1210~1221

85代 仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう)1221~1221

86代 後堀河天皇(ごほりかわてんのう)1221~1232

87代 四条天皇(しじょうてんのう)1232~1242

88代 後嵯峨天皇(ごさがてんのう)1242~1246

89代 後深草天皇(ごふかくさてんのう)1246~1259

90代 亀山天皇(かめやまてんのう)1259~1274

91代 後宇多天皇(ごうだてんのう)1274~1287

92代 伏見天皇(ふしみてんのう)1287~1298

93代 後伏見天皇(ごふしみてんのう)1298~1301

94代 後二条天皇(ごにじょうてんのう)1301~1308

95代 花園天皇(はなぞのてんのう)1308~1318

96代 後醍醐天皇(ごだいごてんのう)1318~1339

97代 後村上天皇(ごむらかみてんのう)1339~1368

98代 長慶天皇(ちょうけいてんのう)1368~1383

99代 後亀山天皇(ごかめやまてんのう)1383~1392

これより北朝を列記するが5代の天皇は御歴代には数えない。北朝6代目にあたる後小松天皇の代に南北朝統一となり100代目とする。

北朝6代

1代 光厳天皇(こうごんてんのう)1331~1333

2代 光明天皇(こうみょうてんのう)1336~1348

3代 崇光天皇(すうこうてんのう)1348~1351

4代 後光厳天皇(ごこうごんてんのう)1352~1371

5代 後円融天皇(ごえんゆうてんのう)1371~1382

6代 後小松天皇(ごこまつてんのう)1382~1412

以上 六代

100代 後小松天皇(ごこまつてんのう)1382~1412

101代 称光天皇(しょうこうてんのう)1412~1428

102代 後花園天皇(ごはなぞのてんのう)1428~1464

103代 後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)1464~1500

104代 後柏原天皇(ごかしわばらてんのう)1500~1526

105代 後奈良天皇(ごならてんのう)1526~1557

106代 正親町天皇(おおぎまちてんのう)1557~1586

107代 後陽成天皇(ごようぜいてんのう)1586~1611

108代 後水尾天皇(ごみずのおてんのう)1611~1629

109代 明正天皇(めいせいてんのう)1629~1643

110代 後光明天皇(ごこうみょうてんのう)1643~1654

111代 後西天皇(ごさいてんのう)1654~1663

112代 霊元天皇(れいげんてんのう)1663~1687

113代 東山天皇(ひがしやまてんのう)1687~1709

114代 中御門天皇(なかみかどてんのう)1709~1735

115代 桜町天皇(さくらまちてんのう)1735~1747

116代 桃園天皇(ももぞのてんのう)1747~1762

117代 後桜町天皇(ごさくらまちてんのう)1762~1770

118代 後桃園天皇(ごももぞのてんのう)1770~1779

119代 光格天皇(こうかくてんのう)1779~1817

120代 仁孝天皇(にんこうてんのう)1817~1846

121代 孝明天皇(こうめいてんのう)1846~1866

122代 明治天皇(めいじてんのう)1867~1912

123代 大正天皇(たいしょうてんのう)1912~1926

124代 昭和天皇(しょうわてんのう)1926~1989

125代 今上陛下(きんじょうへいか)1989~



神代の記述が若干粗雑になりました。
本当は神武天皇から書き出そうと思ったのですが
イザナギ、イザナミの神の国生み説話から
説き起こさなければ、日本の古代史の趣に欠けるでしょう。

本当はその前に高天原には神様がいるのです。
造化三神とか、神世七代などです。
古事記と日本書紀では神様の系譜も異なり
それを詳述するとすこぶる煩雑になります。

それを記述する際はまた別の記事にしたいと思います。


不来方で一首

こずかたの地名は
岩手と同じ鬼の伝説が由来のようです。
もうちょっとロマンチックな由来だと思ってました。

こずかた。。。
こずかたの。。。

片恋の君待ち居れば不来方の。。。

上の句がまず浮かび、下の句が難産。
宵闇とか夜更けゆくなどは
片恋にしてはストーカーとか重い恋を連想します。
今恋雨が流行っているので下の句は

街は五月の雨に濡れける

としてみました。

片恋の君待ち居れば不来方の街は五月の雨に濡れける

出来損ないの昭和歌謡か(゜゜;)\(--;)

実際の恋をしませんと、真に迫る恋歌は詠めませんな。
老いの境地を読むにはまだ若造過ぎるし
夏の終わりのような感慨を読めば良いのかな?

いつか、街おこしにつながるような
名歌を一首読んでみたい。

トランプのリップサービスは高い。

ベリベリ イクスペンシブだ。

ふっかけているのに、
言い値で買ったらおカネがいくらあっても足りない。

じゃあ他のお店で買うよと
ロシア屋さんにでも買いに行けばいいのだ。
ロシアの兵器はアメリカ屋より安くて優秀だし、
ドイツ屋さんとか、ユダヤ屋さんとか
買いに行けばいいのだ。

別に他の店を回っても不作法にはなるまい。
すぐには他のお店も売ってくれるはずもないが
ディールだ。

ロシア製とアメリカ製を研究して
自国産兵器開発を目指すとかしなければ
トランプの旦那の言われるがままだ。

日本の独立は、
明とか、モスクワ大公国とか
毛利氏、徳川氏、などに学ぶべきかも知れない。

逆に古代イスラエル王国は反面教師だ。
かの国にはリアリズムがなかったのだ。
何かにとらわれて国を滅ぼした。
自国の存立を神頼みしたからではないか?
選民思想と政治の怠慢・腐敗があったのではないか?

在日コリアンの問題は
古くて新しい問題だと思う。
拉致に在日コリアンコミュニティが使われたのは
事実だし、中国移民が多くなれば
文化摩擦や国家レベルの策動の温床にもなりうる。

単なる人権問題としては
扱えない面がある。
在日外国人に対する
権利制限と義務免除の基本法を整備するなど
した方がよいと私は思う。

人手不足を解消するための移民(外国人労働者)を解禁する動きが活発化している。
安易に受け入れをするのは得策でない。
安い労働力として期待する経営者は
ご都合主義のレイシストだ、とさえ思う。

私は何事も形ばかりの平等でなく
義務と権利の釣り合いをとる事で
国民の一人一人にあった決め細やかな
法律運用をするのが理想だと思う。

人間は誰も生まれ落ちた環境を変えられない。
しかし、現状を維持したり、あるいは変えたりする
選択の自由は十分に配慮されているべきだ。
また、そこで失うものもあることを
子供のうちから教育する方がよいかも知れない。

日本は素晴らしい国である。
だから、素晴らしい国に生まれた誇りを胸に
日本が世界の為に働かなければならない。

なら、良い。

日本は素晴らしい国である。
だから、他国はひざまづけひれ伏せ。
世界は日本の為に働かなければならない。

では国として成長がないし、
そんな国は遠からず滅んでしまう。

「すめろぎのいやさか」

と願うだけでなく、
リアリズムを持った人間になりたいものだ。

トランプ・金正恩会談と日本への請求書

以下妄想の会話

。。。。。

トランプ「会えて良かった。米国はその気になれば
一日で帰国を人の住めない土地にも出来るんだ。
こうしてシンガポールまで来てくれてありがたい。
あなたの賢明な判断に経緯を表したい。」

金正恩「我が国も貴国を無傷では済まさないでしょう。こうしてあなたに会いに来たのは我が民族同胞の為であり、ひいては世界全体の為である。」

トランプ「我々は完全な核廃絶をすれば体制をほしょうし、貴国の制裁を解除する。また、貴国が本気で核廃絶をすれば、国際社会は貴国にこぞって投資するだろう」

金正恩「我々は、リビアのカダフィ政権やイラクのフセイン政権に対して貴国がいかなる処置を施したか
知っている。私はあなたを信用するが、貴国の次の大統領は違うかも知れない。我々には野心はない。
自国の存立の為に核を保有しているだけだ。」

トランプ「アメリカは今後そんな事はしない。私が大統領になった以上、未来の大統領にそんなバカな真似はさせないよ。信じてくれ。ミスターキム。
君が首を縦に振るだけで、即座に貴国に経済支援する。大丈夫、出資者は日本と韓国だ。特に日本はカネをいっぱい持ってるからすぐに出す。
シンゾーはいい奴だ。もう約束は取り付けてある。
シンゾーはいい奴だ。何でも言うことを聞いてくれる
いい奴だ。君も直接話してみるといい。
あんなに太っ腹な人間はどこにもいないぞ」

金正恩「私も日本とは話したいと常々思っている。思っている。だが、拉致問題で彼らは頑なだ。
日本と話すより、あなたと話した方が何でも
早く解決できる。
今日のようにあなたと直接会談できる間は
我が国は貴国に脅威を与える事はしないと約束する。」

トランプ「ありがとう。我々も継続的な対話を望んでいる米韓の演習はもうやらない。これが我々の誠意だ。」

金正恩「大統領のご好意に感謝します。
また、必ずお会いしましょう。」

トランプ「シンゾーは拉致の事を君と話したがっている。日本とも会ってくれ。シンゾーは気前のいい奴だ。会っておいて損はない。」

トランプと金正恩の会談は成功裏に終わった。
世界大戦の危機は極東においては遠退いたのである。
しかし、新たな問題も

トランプ「ハーイ、シンゾー。元気かい。」
安倍「。。。元気だよ。機嫌がいいね。」
トランプ「もちろんさ、極東の平和を守ったんだからね。」
安倍「。。。あんまり油断しちゃダメだよ。ドナルド」
トランプ「勿論さ、でも我が国を攻撃しないと約束してくれたよ。」
安倍「。。。」
トランプ「シンゾー。心配するな。 武器は良いのがいっぱいある。イージスアショアにF35、イージス艦も譲るよ。日本はアメリカとの大事な同盟国だから特別に譲るんだ。他の国には売らない。日本だけ特別だ。」

安倍「値段は安くしてくれよ」

トランプ「何言ってんだ。武器って開発コストが偉くかかるんだ。君は知らないのかい。これでも適正価格だぜ。もっとマージンを取りたいくらいだよ。」

安倍「それで。。。お願いした拉致の解決は。。。」

トランプ「ああ、ばっちりさ金正恩も会談したがっている。君が話せる奴だって宣伝しといたぜ。」

安倍「本当に!!」

トランプ「ああ、本当さ。」

安倍「ドナルドありがとう!!」

トランプ「俺がやれるのはここまでだ。後は直接ミスターキムと話すんだな。」

安倍「。。。ありがとう。感謝する。」

トランプ「ああ、今回の仲介料の件だが。。。」

安倍「ま、まだ取るの?」

トランプ「当たり前だろ。こないだのは着手金だ。
今度は成功報酬だよ。勿論武器販売は別の取引。
支払いは別になるよ。」

安倍「だけどあまりにも高すぎない。。。?」

トランプ「ええっ、文句あるのかい。こっちはサービスしてるのに。嫌なら武器も売らないし、対抗関税取るぜ。在日米軍撤退させてもいいんだ。」

安倍「。。。払います」

トランプ「さすがシンゾーだ。早く議会を説得してカジノを建てられるようにしてくれよ。ラスベガスの俺の友だちが首を長くして待ってるからな。」

安倍「ああ、わかった。。。必ず議会を通すよ。」

トランプ「OK。吉報をまつ。グッド・ラック、シンゾー」

安倍「。。。」

あくまで私の妄想です。

世界にとって大変大きな前進だったとは思うのですが、
日本には後日(そんなに遠くない)
アメリカから巨額の請求書が送られてきます。
韓国も負担するらしいですが
払えない、結果的に理由をいろいろつけて踏み倒して
韓国の分も払わせられそう。

安倍さんは内政の失点を外交で取り替えそうとするから
こうなる。
日本経済の真の復興なくして
主権の回復、強気の外交はできません。
更にこの一年はご自身のスキャンダルで
選挙遊説にもであるかない。

この精神的な負い目が
外交の様々な面で日本に不利に働く。

野球で一個のエラーで流れが変わるときがあります。
私はモリカケはそんな出来事だと思うのです。
三選続投するなら、この悪い流れを断ち切らねば
日本は今後大量失点をし続けるでしょう。

ピッチャー交代ですよ。
外野に下げて再登板させてもよい。
ワンポイントリリーフが必要だと
思います。

まあ、知ったこっちゃないですが。

サイバー攻撃に関する事柄

◎闇ウェブ
仮想通貨NEMが流出した事件がありました。
実は岩手日報2017年8月24日版に闇ウェブの危険性を
紹介する記事を見つけました。

以下 要約してお伝えします。

○「闇ウェブ」日本標的
通常の検索エンジンでは見つからず、
匿名化ソフトでのみ接続できるネットの闇の空間「ダークウェブ」の脅威が高まっている。
麻薬、銃器、サイバー攻撃のツールなどが
取引され、日本人の個人情報も売られている。
各国の警察当局が警戒を強め、摘発に乗り出している。

○匿名化ソフト(後日調査。。。いや調査するのも恐ろしい。)

ある闇サイトには日本人の個人情報と見られる
「商品」が並んでいた。
名前、住所、クレジットカード情報などが
セットで価格は10ドル。支払い手段は仮想通貨のビットコインだ。

▽氷山の最深部
ネットの全体像は氷山に例えられる
サーフェス(表層)・ウェブ 水面から見える氷山
ディープ(深層)・ウェブ 水面下に広がる氷山
ダーク(最深部)・ウェブだ。氷山の底

サーフェス・ウェブは一般サイト
ディープ・ウェブはパスワードで守られる企業内
ダーク・ウェブは
Tor(トーア)といった匿名化ソフトを使わないとアクセス出来ない。

犯罪者はトーアの発信元が匿名化される仕組みを悪用し
闇市場を形成した。
(発信元を特定するのは極めて難しいらしい)

イスラエルのケラグループ(セキュリティ企業)は
本物そっくりに作られたメガバンクなど日本の5銀行の
「偽サイト」が1つ約20ドルで販売されているのを発見した。

個人情報の詐取に使われる可能性があるという。

同社日本事業者のドロン・レビット氏は
「日本は政府も企業もセキュリティ対策が遅れている」
と警告する。

(この辺の対応を日本国国防軍サイバー部隊などが
ある程度柔軟に政府のデジタルデータを守ればよいのですがね。私は対応が後手に回らぬ為にも、9条1項堅持、2項削除の改憲派です。

公文書の保存にブロックチェーン技術を導入する議論が
なされていますが、
もちろん外部とは物理的に隔絶された
巨大な政府のイントラネットを使うんでしょうね?
もしオンラインで外部のソフトを利用して公文書の電子化を進めると機密文書が外部に流出するかもしれません。その辺りはおカネをかけて頂きたいものです。)

同社はハッカー動向を監視して日本企業に情報提供する
ビジネスを始めた。

▽操作の難しさ
各国の警察は対決姿勢を鮮明にしている。
アメリカ司法省は2017年7月にタイ、オランダと共同で
ダークウェブにあった世界最大の闇サイト
「アルファベイ」を摘発し、閉鎖に追い込んだ。

埼玉県でも2017年6月に覚醒剤取引に利用した
事件で暴力団組員が逮捕されている。
今後もダーク・ウェブ利用の犯罪は増加するのは
確実とみられる。

以上

実際にコインチェックでNEMの流出事件が起こりました。
デジタルネイティブ世代は
ネットに馴染んでいるのでアプリの利用に関しては
素早く慣れますが、インターネット・セキュリティには
案外無頓着なようです。

コンピューターはなぜ動くのか
という本を昔読んだ事があります。
全生徒必修でITパスポート的な教科も必要じゃないか?
などと考えますが、そんなに時間ないですよね。

大変な世の中です。
ヴァーチャルのセカイがドンドン実社会なみに
発展しているので恐いです。


◎2016年個人情報漏洩ネット経由増加
(岩手日報より日時不明)
人的要因は減る。

NPO法人JNSA調べ
漏洩件数ワースト10件のうち
8件がインターネット経由だった。

機器の誤操作、
内部関係者などによる不正などの
人的要因は減り、
ネットを通じた攻撃が大きな脅威になっている。

◎JNSA 日本ネットワークセキュリティ協会
◎ケラグループ
◎トーア

情報は整理しなけりゃただのゴミ。

新聞をスクラップにしようと
資源ごみに出さず
切り抜いてから出すようにして
2年になります。

しかし。。。
古新聞が、たまる一方( ̄□ ̄;)!!
(ここにピアノのガーンのSE入れたい)

切り抜くのが面倒ぅ~なのよ~。
それに記事の方に目が行くと
ついつい読んじゃって遅くなる。

これはいかんです。

機械的にやるべきだった。

①まず4コマのイワさんとニッポちゃんを確保。

②1面から経済面までカッターでカット。

③書評欄と気になる地域記事を切り抜く。

これを週一でやる。
それでもまだ分量が多いので
適宜(2週に1回)
ジャンルごとにまとめ
政治・経済他時事ニュースは
他にも記録している人が多いだろうから
見出しを列記して
余裕があれば要約を入力して
廃棄しよう。

永久保存版は文化欄。

情報の処理能力を上げるのが
リテラシー向上に資すると思います。
しかし、それだけでなく
国語、数学、理科、社会、語学
の基礎知識を磨く必要がある。

ルサンチマンなんて言葉は
去年まで知らなかったし、
勉強の為に必要な語彙力があまりない。
文学用語も知らない。

歴史は出来事の経緯、流れは
学習漫画を読んで感覚的にわかるものの
日欧関係史や日米関係史など
複数地域にまたがる歴史的事項は
よくわからない。

英語は
名詞はスペリングより
発音と語源を重視。
単純に綴るのではなく辞書の例文を
筆写する。
後は辞書を引いてうんざりするメジャーな(get,haveなど)動詞と前置詞を感覚的に日々たたきこむ。

法律は日本国憲法を暗記する。
大日本帝国憲法を次に暗記する。
権利の章典やアメリカ合衆国憲法も
余裕があれば暗記する。

当面のリハビリはこれです。
後は運動か。

Where is Abe? マクロンのツィッターは大問題だ。。。多分

産経では「シンゾーはどう思う? 」
と激論を戦わせるG7の中で
議長国より議長的、アンカーマン的
役割を果たした。

さすが「外交の安倍である」と、私にも思われる。
和田政宗先生は
蚊帳の外と言っていた人達は
「どう責任を取るのか」と言っていた。

ここにもうひとつの記事がある。
日刊ゲンダイの記事だ。
マクロン大統領のツィッターへの
サミットの文書とりまとめ風景に
安倍さんが入っていないのだ。
Where is Abe?
と物議を醸しているそうだ。

私はこの画像はまずい気がする。
本当に安倍総理は「蚊帳の外」だった。
もしくは、フランスのマクロンは
安倍総理に対して配慮を欠いている。
某かの悪意を感ずるのである。

フランス大使館に抗議してもよいかも知れない。
全世界に「安倍首相は蚊帳の外」との
印象を与えるべきではない。

産経新聞は詐欺師の籠池さんが経営する塚本幼稚園に
すっかり騙された実績がある。
だから私には「シンゾー、シンゾー」と頼られた
という報道は100%信じがたい。
また、日刊ゲンダイのスタンスは反自民、確か親小沢だったはず。だからいつでも自民党には辛口だ。

だが、マクロン大統領の画像は
世界に誤解を与えるのではないか?
少なくともフランス政府は
日本の政権に少なからず悪意を持っているように
感じられる。

モリカケ疑惑でも
フランス人記者の人が
フランスで公文書の改竄があったら
政権は持たない。
日本では民主主義が成熟していないんだねと
呆れたような記事を書いていた。

フランス人の自負として
「国民が血を流して民主主義を勝ち取り
維持してきた!」
という感覚を知る事ができた。

日本人として反論したい気持ちもある。








折伏は凡夫には至難の業である。

仏教用語に折伏という尊い行為があります。

それによって得る功徳も大きいとか
しかし、凡夫にはなかなか難しい。

法華経の安楽行品には
他人の信仰を不安にさせるような
行いをしてはいけないと書いてあるはずです。

私は無知です。
意志も弱い。

私には折伏する資格はありません。
私は宗教が嫌いです。
ヒエラルキーを作り、
信仰対象と信者の間に割って入って
世俗的にまみれた心の人が
偉そうに仲介料を取る。

魔に魅入られた人間に
信心深い他者は私を見るかも知れない。

しかし、他者は私ではない。
私が本当に魔に魅入られていたら
私は地獄に堕ちるでしょう。
自業自得です。

また、私を悪魔の使いと信ずる人は
決して信じなければ良いだけの話です。

私は信ずる所に従って生きるしかないと思います。

恐らく菩薩の教化、折伏は
本人が巧まずして初めてなしえる行いです。

さて、集スト、メディアによる仄めかしには
善意のある仄めかしと
悪意のある仄めかしがあるらしい。
それで出演者に対象者にだけわかるキーワードを言わせて
それは出演者の収入になるのだとか。。。

真偽はわかりません。
ただ、集ストという犯罪を止めさせたい勢力と
集ストによって何がしかの目的を達しようとする勢力が
せめぎあっているのだそうです。

私もネガティブなオーラを発する仄めかし
(例えばニュース番組で映った青い道路標識に日高市が見切れていたり(当時明かしていなかった日高の名字。その後のアナウンサーの罰の悪そうな表情)と
私に対してポジティブなメッセージの仄めかし
(例えば私のブログ記事にある語句を好意的に使ってくれる)
があると思います。

私はポジティブな仄めかしをしてくれる
テレビやその他のメディアを利用させて頂こうと
思っています。
私のポジティブなメッセージを託して!

出演者やアナウンサーも悪意ある仄めかしは
あまりしたくないでしょう。
悪いスポンサーが駆逐されポジティブなメッセージだけが
いろいろな媒体で広がるような日がくればよいですね。

しかし、私には半信半疑。
いや、あまり気にするとノイローゼになります。

ちなみに日蓮上人とは私自身は折り合えました。
法華経の素晴らしさを教えてくれてありがとう。
しかし、善導大師の自殺の真相は明らかになって欲しい。
それから唱題の功徳はあると思います。
機根を無視し無理苦理に押しつけるなら、
法華経の安楽行品に背きます。

それも私の心の中の話。
自らを灯火とし、仏法を灯火とする。
サイの角のように一人歩めと
お釈迦様は言われます。

あなたはあなたより劣った人を旅の友としてはならない。
そのような人と旅をするくらいなら
断固一人で旅を続けなさい。

イタイイタイ病検索ワード急上昇

docomoでクロムブラウザの
検索急上昇ワードを見るのが最近の趣味。

私はFC2ブログで
国際情勢100位以内。
政治全体では5000位中500位以内。
なので一応全国に読者はいると思われる。

耳をおおいて鐘を盗むの記事を書いたときは
Yahoo!ランキングで「痛い」がランクイン
また、夕べの総理大臣にでもなってやらあ。
記事の後はイタイイタイ病が
2時間ランクインした。

大摩邇というブログではパンティ仮面。
チャットなんかではホモ工作員など
私を指すような隠語が散見される。

彼らの界隈は一体どんな
見解を持っているのだろう。

ニッチな考え方を持っていそうだ。
左翼系陰謀論者か?
私は多分サタンとかルシフェルの手先と
思われている。
がしかしどうでもよい。
私自身がサタンに仕えなければよい話だ。

自意識過剰なので仮にの話。
ヤフーで検索エンジンで遊んでいる人々は
私をオモチャだと思っている。
最初は馬鹿馬鹿しいので単純に面白がっていた。
しかし、彼らは最近は不快極まりない。

彼らにとっては
妄言を垂れ流すウザイ馬鹿に成り下がった。
だがコメ欄を荒らすのも
自分が恥を掻きそうで怖い。
(大丈夫かい?イタイイタイ病レベルにビビるんじゃねえよ。怖じ気づいてる君も痛いよ)

多分ネトウヨ界隈がSNS、mixiとかlineなどを
使ってネタにしている。

とと姉ちゃんなどで
仄めかしとか集ストとか
あるんだなあきっとと思った。

私は逆手に使おうと考えている。
圧倒的な馬鹿さの中に
私の意向をぎゅうぎゅうづめにした言霊を
詰め込もう。
サブリミナルな効果も狙って
書いております。

ただ、やっぱり会員制コミュニティサイトはじめないと
情報が取れないか?

エゴサしか閲覧者の動向が掴めてないのが
悩みの種。
Googleアナリティクスを使いたいが
FC2ブログではなかなか反映されない。

何とかして「私の呼称」を調べたい。
私の呼称によって彼らのコミュニティが識別できる。

そんな中Yahoo!急上昇ワードや
FC2内の注目記事ランキングは
批判的意見の人の見解が仄かにみえる気がする。

モンスターストライクの
アルマゲドン、
エスカトロジー、
イザナギ
イザナミ
不動明王なども
私の記事と関連しているように思える。
(必殺技の言葉にリアクションのリンクがあるようだ)

さて、リアクションが楽しみ。

学問における迂直の計(ホボ自分語りノ与太話デス)

引きこもりからのリハビリの為に
勉強しております。
今までは新聞配達をして社会とつながって
いたのですが、昨年辞めてしまいました。

論文を書くわけでもないし、
作家になりたいという憧れや夢はありますが
覚悟は定まっていない。
昼間眠らない為に調べものをし、
運動の為に散歩やサイクリングを
しよう。

運動に関してはやり過ぎて
3日坊主になるので気恥ずかしい。
自意識過剰ですが、
傍目が気になります。
この自意識過剰が私の劣等感の源です。

何もブログに書かんでも良いことですが、
書いて後で見返すと参考になります。
いいアイディアや心の持ち方に気づいても
何度も退転します。
しかし、自分の文を見返すと
ああ、忘れていたと立ち直る事が出来る。

何のために勉強しているのか
自問自答し、
現時点の解答を書いておきたい。

このブログに書いている事は
最初はネット保守の受け売りと
過去の知識の貯金を切り崩してのものです。
財政出動政策の徹底
(その根拠は大手術の為の全身麻酔的意義を見いだしています。その為消費税減税や思いきりの良い庶民に有効な
(しっかり年限を区切った)減税策と赤字国債の増発(ツケを少なくするなら総理以下の公務員の諸経費を切り詰める。さもなくば金持ちから寄付金をもらうような出世払いの国に有利な新たな債券の発行などをしてほしい)。)
と改憲の主張は一貫したものです。

次に一昨年は小池都知事誕生から豊洲移転などについての記事。
昨年から近頃まではモリカケについて記事を多くかきました。

私はお役所の仕事とは
よくも悪くも四方八方から眺めて
検討と確認を重ねて
適切なプロセスを踏んでやるのが
正道だと思って来ましたので
安倍総理夫妻の公私混同なふるまいには
大丈夫かい?と疑問に思い、
次に何でそこまで隠すの?
次に誠に不可解で苦しい言い訳や、
国家戦略特区制度のあり方自体に
???と疑問を感じました。

私が未だに問題視する理由は2点
1.公文書の改竄という国民に対する役所の背信行為。
2.もう1つは国家戦略特区制度の
公正な運用に関する疑念です。

公文書の改竄の再発防止策を講ずるにも
何で改竄しようと思ったのか
動機やプロセスが明らかにならなけれはま
対策の講じようがない。

真相解明に邪魔になるので
疑惑の核心にいらっしゃる総理は
お辞め頂かないと国民の疑念を晴らす
調査はできないでしょう。
と、私は思います。

昨年の5月に2校3校獣医学部を認可していくと
発言されました。
ぜひ京都産業大学にも認可してあげてほしい。
本当に獣医師会と石破茂の横槍というなら
獣医師学部を新設した方が日本の役に立ちます。

国家戦略特区制度って
必要なんでしょうか?
本県にも遠野市の構造改革特区による
どぶろく特区があります。
地域振興に融通の効く柔軟な施策は
必要でしょうが

総理直下の諮問会議ではなく
せめて国会の委員会の1つに格上げした方が
良くないでしょうか?
特区事業者の選定に関して
民意を反映していない有識者の民間委員が
総理の裁定に強く影響するのは
今後も同様の物議を醸す事案を
次々生み出す可能性があります。

正式な国会の国家戦略委員会で
野党も入れて討議すれば
あらぬ疑念も持たれずにすむと思います。

まあ、あんまり期待しません。
「おらが総理大臣にでもなって変えてやらあ」
と思う方が健全です。
政治家になるには地盤、看板、鞄が必要だそうです。
まずは億万長者になり、
改憲運動を行う私の団体を作ります。
そして、民間人として改憲の発議を実現させ
しかる後にその団体を政党化します。
それで選挙に打って出て自民党より議席をとって
なおかつ自民党と連立を組む。

与太話ですが、
つくづく人間は他人に借りを作ると弱いと感じる。
政治家は選挙資金の出資者に頭があがらない。
与野党ともにです。
田母神俊雄氏の事件にはガッカリしました。
また、日本のこころや桜井誠氏など
活動家が政治家になろうとしても
大きなうねりは起こせない。

大富豪にならなければ
偉大な政治家にはなれないと思います。
私はもう四十で無職ですから
大富豪になるどころか、自分の老後が心配なのですが
愚公山を移すの寓話もあります。
兀兀とやればいい就職先に廻り合い、
多少金回りが良くなって死ねるかも知れません。

それくらい当事者意識をもって政治・経済の問題に接したいです。

何の話でしたか?

記事の話の続きです。
大体主張も書き尽くしました。
このままでは知識も使い回しになります。

ですので
新たに知識を仕入れて行きたいと思います。
知った風に書きますが、
全部たった今知った知識を書いています。
また、チャンネル桜等で得た知識は
もう一度不信のトマスの如く
全部疑って検証したい。
不信のトマスによってイエスの復活は
説得力をもつ訳ですが
私も疑って直接検証して
ああ、やっぱりそうだったかと
得心すれば改めて信じようと思います。

そのプロセスを見た第三者が
こいつが言っているなら信じようと
思ってもらえる信頼を勝ち得る事が
目下の目標でしょうか?

さて、やっと本題です。
タイトル通り?迂遠な文章になりました。
頭を整理しながら書いていますので
ご容赦ください。

私はまともに勉強した記憶がありません。
それなりに勉強はしたのでしょう。
しかし、成績は良くなかったです。
だから社会人になってからハウツーものを
読みました。

ブログを初めてから裏とりが
必要だと思い、
いろいろ本を読むのですが
全く頭に入って来ない。

右から左に抜けていく。
速読の本などを読みましたが、
わかりません。
それこそマクロ経済、ミクロ経済の解説書なんかは
積ん読になり埃をかぶっています。

ノートをとってもダメ。
覚えられません。
兎に角50ページで飽きてしまい
一冊読破した試しがない。
読書百ペン意自ずから通ず
という言葉がありますが
一遍も読み通した事がなけりゃ
わかる訳がありません。

原因がわからなかったのですが、
語彙力の無さが原因である事がわかりました。
集中力があまりないので
わからない言葉があると
気になって仕方がなくなり、
読み飛ばして進めても飽きてしまう。

ところが言葉の意味がわかる本は
苦痛を感じず
気分転換に読めてしまう。

それで今やたらと字引や事典を
調べるようになりました。
面倒だし先が見えないし
本当に役に立つのか分かりませんが
確かにわからない物が
わかった時の爽快感はあります。

その後丁寧に言葉を調べた物事に
関連する文章は引っ掛かりなく読めるように
なって来ている。

はあ~。
へえ~。
ふむ~。

と声をあげながらブログとノートに
記していく。
そうすると記憶の定着率もよい。

勤王尊皇といいながら
私は125代の天皇陛下について
あまり知りませんでした。

そこで6日の日にWikipediaから書写し
継体天皇以降の在位年について
メモをふってみました。

この天皇陛下の在位年を
私の歴史学習の時間軸の基準にしようと
思っています。
また、まだやっていませんが
元号も大化から平成まで
列記してインデックスがわりに使いたい。
面倒ですが、フランス王、イギリス王、
アメリカ大統領なども同様の軸にしていきたい。

これをやると
大泉校長の語呂みたいにビスっと
頭に入る気がします。
法律なら日本国憲法と民法を
一条ずつ覚えれば良いかも知れません。

就職できたら勉強は出来なくなるかも
知れませんが
仕事にも勉強の方法は生かせるので
その辺を意識してやって行きたい。










善導大師は自殺していなかったようだ。

善導(613~681)唐代の僧。
推古天皇~天武天皇の御代の人。

柳の木に登り投身自殺したとの伝承があり、
日蓮上人にボロカス書かれている七高僧の一人です。

しかし、熱烈な信者の一人に
同様の自殺をした人がいて
奇異の事として尚書省にも報告が上がったとの
記録があり、
これが誤って善導本人の事として
伝わったようです。

宋代の本には
(王古 新修往生伝1087年)
3日前には死期をちゃんと悟って
老衰で亡くなった伝承があるようです。

個人的に青春時代に
創価学会の折伏教典を読み
大変悩みましたので
善導大師が大往生したのは安心です。

私は念仏を唱えて
来世の極楽往生を期して
自殺するのは邪道だと考えています。

ところが、一向一揆などは
「進者往生極楽」とむしろ旗に書かせて
信長と戦ったりしているので
私は蓮如以降の浄土真宗が好きではありません。
日本初のカルト教団だと思います。

唐突ですが、善(漢269下)の字を調べていて
善導を思い出し、
ネットで調べたところ自殺伝承は
誤伝のようなので安心しました。

広く拡散したい
現代の仏教研究の知見です。


経済学者はみなアメ公の犬だ‼

余命騒動でネットの愛国者が言った一言を
ネットニュースで見つけて笑った。
(他人を笑うのは止めようと心に誓ったのに
こんな記事を書く私も大概だが)

「弁護士を見たらザイニチと思え!!」
じゃ、じゃあ。稲田さんはザイニチなの?

高橋洋一大先生が
書いていた記事も読んだ。
安倍政権批判者(多分アベノセイダーズ)は
政策批判と安倍氏個人への批判が
ごっちゃになっているのだという。

まあ、実は私は
ネトウヨも安倍晋三さんも
主要な敵だとは思ってはいない。

実は高橋洋一大先生やその師匠こそ
RPG「失われたうん十年」の倒すべき
中ボスであると感じている。

ネット上の愛国の志士達の論法に従えば
「経済学者はアメ公ユダ公の手先と思え!!」
だ。

マクロ経済とは私にはチンプンカンプンだ。
しかし、何でも競争すればよい。
と考える論理には違和感を感じる。

経済学者はお百姓さんの知恵を知らんのではないか?
「間引きの概念」がない。
稲の一枚の田んぼの収穫を増やすために、植える苗を
2倍3倍にする。
収穫は増えるか?答えは否です。
稲の一株一株が栄養不足になり、
一株あたりの実入りが少なくなる。
結果として一枚あたりの収穫量は
2倍3倍になるどころか、2割3割減ってしまう。

国をあげてまじめに取り組んだ国があります。
北朝鮮です。
先代の金正日さんは農民に上述のような指導をされました。
ザワイドで昔見た。
(北朝鮮をトンでも国家と笑っていましたが、
アメリカに自国民の拉致を議題に載せてくれと
総理がたのみに行く国家って情けなくないか?
私は率直に日本国民全体の恥だと思う。
私は日本国の現状こそ世界の物笑いだと思います。)

金正日政権ではしかし、
結果として大飢饉になりました。
(時系列でいつの指導かわかりませんが)
燃すもんがないので山の木を植林する
ことなく全部伐っちゃて
台風が来たら鉄砲水で水害になった。

田んぼの理論を経済学に当てはめると
1つの業界(業界全体の売り上げ規模はaとする)にx個の数の会社があったら
一社あたりの売上はa/xです。
この会社の数を沢山増やせばよいとすれば
2倍に増やせば一社あたりの売上はa/2x,
3倍に増やせばa/3xになります。

なんと一社あたりの売上は
2分の一、3分の一になるではありませんか?

高橋洋一大先生は反論するでしょうね。
「笑止。aの変数が一定というのは実際の経済ではあり得ないし、競争すると皆が知恵を出し合うからaだって
2倍3倍いや20倍~30倍にだってなりうるさ。
むしろ参入する企業の数が増えないってのは
市場規模拡大にはつながらない。みんな安閑として
技術革新も消費者への利益還元もないんだよ。」

はい、反論致します。
私は印刷屋の倅ですから、
印刷業界の中昔の話をします。

印刷屋というのは昔から
あんまり実入りのいい商売じゃありません。
松本清張の小説や寅さんのタコ社長が
印刷屋さんです。

年末の従業員ボーナスは
年賀状の売り上げで捻出したそうです。

ところが、プリントゴッコという商品が
登場してみんな印刷屋に頼まずに
お家で作るようになった。
更にワープロ、PCが普及し出すと
「今年こそオリジナルの年賀状を
作ろう」とメーカーがこぞって宣伝します。
年末に本体を売れ、アプリが売れる。

我が家の売上はどんどん減りました。
「ああ、今年はいつも頼んでいたaさんが来ないねえ。
bさんも頼んでない。。。」
年賀状の受注帳簿を見ながら
ため息をつく日々です。
主要なお客さんはお年寄り。

これではいけないと
やまだ祭りの写真年賀や
リアス式海岸の美しい風景やら
デジカメでとって
山田の風景を年賀状にしよう
と一応の企業努力を我が家もしていました。

しかし、市場の様相は
従来型の印刷屋の淘汰廃業に伴い
加速度的に変化していった。
ホームセンターやコンビニが
年賀状印刷の受注をはじめた(泣)
しまいには日本郵政が‼(orz)

「郵便局よお前もか❗」
印刷屋は年賀はがきの大口顧客なのに
商売の仁義もしらねえのか?
。。。とも言えず。

最近は若者はメールで新年の挨拶をするので
年賀状市場自体が縮小しています。

同じことはチラシや封筒、伝票など
他の印刷物にも言えて、
DTPの技術革新により
中小零細の印刷屋の生存率は
絶望的になりました。

多分、従来のやり方では
食べていけませんし、
それも仕方ないと思っています。
「時代の流れだよ。仕方ない」 遠い目(-。-)y-~

恐らく今生き残っている印刷屋さんは
スピードかコストパフォーマンス重視か
特殊な印刷技術か
※メディアミックスか

※商品のマーケティングから
広告チラシの印刷、
Webサイトの製作から運営の代行まで
全部やる。

そんな風に自分を変化させて
何とか生き残っています。
さて、ここで問題なのですが、

印刷関連業界の市場規模は
新分野含めて増えているのでしょうか?
私はそうはとても思えません。

メディアミックスの印刷屋は
元々は広告代理店やIT企業の仕事を
横取りしている面もあるわけです。

今、様々な業界で同様の事が起こっている。
業界の垣根が低くなっています。
総体的に市場規模は大きくなっていないと
私は思います。
競争は激化している。

そして、各企業なんらかの形で
企業収益を確保するために
人件費を削っています。
非正規雇用を増やすとか
設備投資するとか
勤務時間を少なくするとかです。
あるいは給与体系を歩合給にするとかです。

実は企業の雇用者は、
必ず消費者である。

だから人件費削減されると
消費が冷え込みます。
物が売れない。
安売りする。
安売りした企業の従業員給与が減る。
消費が減る。
安売りする。

この際に、得をするのは
公務員です。
給料が安定していますから
この点では大変恵まれている。
(しかし、回り回って税収減になります)

だからデフレ経済大いに結構と
官僚の人は思ってるんじゃないか?
それに、隠れた役得もありそうだし、
天下りはするし、公務員の年金も
年金支給額の値下げ論議ては
別にしているし。狡いです。

「悔しかったら東大受かってMBAでも取ってみやがれ!バーカ」
本音ではそう思っていながら
「え~。誠に遺憾ではございますが国民の皆様に新たな税負担をお願いしなければなりません。」
と自分の口でさえ言わず、政治家や末端の窓口職員に心にもないことを言わせる。

高級官僚のご本人達は
肩で風切って、ふんぞり反って
高級ハイヤーで送迎されて
特権貴族気分です。

話が横道に反れました。

IT革命で、生産性が飛躍的に向上し
人が要らなくなったのです。
(そのかわり、トラブった時に一人一人に
恐ろしく負荷がかかる)
更にAIが出てくる。
人の仕事はこれから益々減っていく。
しかし、AIにプログラムを設定する仕事や
チューニングする仕事は残ります。
その仕事をする人の負荷はとてつもなく大きい。
それをAIが肩代わりしてくれたなら更に
その人の負う責任や負担は重くなる。

うまく行っている時は良いですが
トラブルがあった時に
私はヤバイと感じます。

バッファがない社会だ。
こんな中、更に規制緩和をして
競争をより激化させる。

これは果たして得策なのか?

市場規模を大きくしようとして
競争を過度に促して
顧客でも消費者でもある生産者・サービス提供者を
消耗させる。

間引く事を知らない馬鹿なお百姓さんにも
劣ります。

そして、痩せこけた土地に「外資」という名の
雑草が蔓延る。
日本人には食べてもあまりおいしくないです。

それを是とする人は
生物の多様性とか生態系の保護とか
論じて欲しくありません。

欧米人やシナ人は見境なく乱獲し
絶滅しかけてから保護しようなどと言い出す。

日本の里山の風景は
人為的に作られたものです。
それが荒れているので
野生動物と人間の境が無くなって
お互いに不幸な事になっている。

高橋洋一大先生とか
竹中平蔵パソナ会長とか
(非正規増えればご自分の会社の市場規模は
確かに大きくなりますね。)
田中秀臣大先生とか
上念司大先生とか
リフレ派の人々は二股膏薬のような人々です。

ケインジアンの集まりの中では
公共事業もいいんじゃないと
御機嫌をとり
シカゴ学派の人たちの集まりでは
政府による需要の想像なんて
ナンセンスと鼻で笑っている。

どっちやねん!

この方々の公共事業や
法規制に対する見解を知りたいのですが
オイルレスリングみたいに
実体がつかめずはぐらかされるばかりです。

ではどうすれば良いのかと
わたしが考えているのかと言いますと
経済は灌漑農業に学ぶべきではないかと
考えています。

各国政府のような公的な機関が
生真面目に人民のニーズやウォンツを
リサーチし、パブリックなインフラを整備する
経済・産業における用水路、穀物倉庫、天文台のようなものです。

そうして、市場や業界に見あった
適切な法整備をする。
法律は後を追っかけるしかないので
現状追認、歯止め、既得権の保護が
法整備の原則にします。
(既得権絶対保護を打ち出した方が
既得権益者のより良い法改革への理解が
得られやすいと思います。
勢い改革の進捗は遅くなるでしょうが
そこは知恵比べ、駆け引きのしどころ)

焼き畑・遊牧民的経済のありかたを
高度な灌漑農業的経済のありかたに
変化させないと
人類全体のお腹を満たすことは難しいのではないか?

田舎だと結構商売の仁義って
大事だと実感しますが
大都市だと行きづりのお客で
商売が成立しちゃうから困ったものです。
アメリカ人の農家の人に
粗放な農業はやめようよって行っても
なあにいってんだ。
大地はこんなに広いんだから
と笑われてしまいそう。

実際に私もアメリカの大地に育ったら
そんな風に考えてしまうだろうと
水曜どうでしょうの
アメリカ横断を観ていて思います。





日本代表スイスに敗れる。

私はサッカーは本当に素人ですが、

素人なりに今の日本代表には
ディヘンシブな選手に守備のリーダーシップを
とる選手がいないのが問題ではないかと思います。

田中マルクス闘莉王選手や
宮本恒靖選手のようなぐいぐい引っ張り
落ち着かせる選手がいない。
ボランチと最終ラインを統率する
精神的な支柱がいない気がします。

長谷部選手と遠藤選手のボランチにの時は
攻撃は遠藤選手、どちらかと言えば長谷部選手は
守備的な役目で バランスがとれていた気がします。

しかし、最近の試合をみると
人数をかけて攻めているときに
不用意に横や後ろにボールをパスして
それを敵の攻撃陣に奪われ、
カウンターをくらいます。

最近はダブルボランチだと思うのですが、
攻守の役割分担や意思疏通が曖昧で
両方攻撃に参加していたりします。
そこでボールを奪われディフェンダーの裏の
広いスペースを相手フォワードが突破してくる。

人数が少ないなかディフェンダーが戻りますが
こんどはバイタルエリア(?)で
ディフェンダーのいない逆サイド、
あるいは中央に空いたスペースなどに
ボールをはたかれ、
決定的なパスをだされて競り合いで負けてしまう。

ディフェンスラインとボランチが
偶数人数だと逆襲を食らった時に
スペースが出来てしまうと思うのです。

4バックならボランチは1人か3人。
3バックならボランチは2人。
3バックの変則的形で5バックぎみ。
そして、4-1-○-○ならボランチは守備的バランスをちまとることに専念。
4-3-○-○ならボランチの一人が守備専念。
3バックなら真ん中の人はスイーパー的にやるか、
あるいはトルシエのフラット3のように
オフサイドで相手のカウンターの目を潰す。

いつもボール回しでは
圧倒するのですが、わずかなミスから
相手に少ないチャンスをものにされています。

テニスの話で、錦織選手のコーチの人は
ラリーが強かったと聞いています。
スタミナ勝負に強いアジア人の特性を
活かしたものだったとか。

東洋人は手足のリーチがアフリカ・ヨーロッパに
比べて短く、どうしても一対一の競り合いでは
不利ですし、同じようなプレイをしても
アフリカやヨーロッパ勢ならフィジカルにものを
言わせて確実にゴールが決まるシーンでも
シュートを外してしまう気がします。

しかし、アジア人は持久力が他の人種よりある。
なかなか日本人で手足のリーチが欧米人なみで
更に他の才能も兼ねそなえた選手は
10年20年に何人という形でしか出現しないのではないでしょうか?

日本はポゼッション重視のパスサッカーより
前線からプレスをかけてカウンターを狙うサッカーを
チームスタイルにした方が良い気がします。

そして相手が疲れるのを待って
後半勝負する。

今後はアフリカ系日本人や
ヨーロッパ系日本人の有望選手が
どんどん出てくるので
体格差は解消されるかもしれませんが

一対一の強さもさることながら
スタミナとスピードをサッカー界全体で
重点的に磨く方が良いのではないかと考えます。

この記事は兵法カテゴリにしましたが、
民族的に気候帯への耐性や体質は違うようです。
イヌイットはアジア系ですが
メラニン色素が多くビタミンDを
作れないためにアザラシなどを生で食べることにより
極地でも生活できるようになったそうです。

北欧人はメラニン色素が少ないので
日光浴をして体内でビタミンDを生成できる。
また、ボリビアとか気圧の薄い国の選手は
スタミナが優れているとか

地理とか人種で戦術も変わってくる。

ヨーロッパの選手はスタミナに難があったり
アフリカの選手は気持ちにムラがあったり
弱点もあります。

日本のサッカーも長所を最大限にいかして
短所を目立たなくするチームスタイルを確立してほしいです。

4年に一度の夢の舞台なので
頑張って逆境を跳ね返してほしいです。

目の肥えたサッカーファンの皆さん。
サッカー経験のある皆さん。
素人の放談、平にご容赦ください。






ブログをホームページに集約したいが(;´д`)

だめだあ。
ドリームウィーバーすっかり忘れたべ。
Adobeを持っててもさ。
使いこなすスキルがないもん。

宝の持ち腐れというもんだがま~。
ブログの記事が煩雑になってしまったぁ。
ホームページの方が見やすいべ。

んだども、もう一回マニュアル読まねばなんない。
そういえば、SNSも設定でわかってんのは、とぺんこ。
オラ、マニュアル読むのが苦で苦で苦中の苦。

めんどくせえなあって、せっこきしねえでぇ。
兀兀とやんねえばだめだ。
おらぁ、これから変わるんだい。
変わらなきゃ人生の損失。
今のままでは甘ちゃんで不二家のホームパイ。

人生を刻む一文一文。
頭から終いまで尻をぬぐわなきゃなんねえ。

てきとーでやっつけな現状分析

日本は現在、アメリカの属国です。

グローバリズムはアメリカ政府の
バックにいる
ウォール街の有力者にとっては
日本のキンタマを握る大変有効なツールなのです。

それを本気で有り難がっている
政治家や経済学者や企業家は
確信犯であって、破壊したあとの利権を折半するか、
さもなくば余程のお人好しか
規制緩和、民間委託が全て善であるとの
洗脳された考えをもっている人だと
私は思います。

また、アメリカのワシントン筋も
外交・国防の優位性を確保するために
日本を自由にさせたくありません。

日本政府として現状では
なんともなりません。

私はパヨク、ザイニチ、反日勢力と
日本国内の敵を叩くより
何とかしてアメ・ユダの軛を脱する
算段を冷静に考えるべきと思います。

政権党である自民党よりもアメリカと距離を置く
在野の勢力が必要です。
しかし、国民民主党、維新の会は
自民党以上に親米的です。

保守ではあるが親米でない。
在野の勢力が必要だと私は考えます。
官僚もまたアメユダにキンタマをつかまれているからです。

日本国政府というアメ公の出先機関に
入ったら親米的に立ち居振る舞わないと生きて行かれない。反抗のそぶりを見せれば
すぐに潰される。

また、どこかで中国と繋がっている勢力も
必要だと思います。
日中の対立はワシントン筋には
強力なカード。

遼寧はなんちゃって空母などと
たかを括っていたら足元を掬われると
思います。

中華人民共和国には国外に資産が流出していると
言われますが、それが課税を逃れる目的で
海外の資本として還流していると思われ
裏帳簿みたいなので帳尻を合わせているから
潰れません。

また、EU諸国、なかんずく英独あたり、
ロス茶系が支援しているでしょう。
だから中韓の外交チャンネルは残しておいた方が良い。

大東亜戦争の二の舞を防ぐ為にも
米中との国家間の緊張は避けたい。
そして同時にグローバリズムの論理に則った
アメユダの我が国市場への経済侵略を
防がなければなりません。

この時に一丸となって
経済的外圧をはねのける在野勢力が必要です。
私は主張がタカ派的なのですが
グローバリズムというのは
先行者が圧倒的に有利な仕組みで
一人の大勝利者と圧倒的多数の敗北者を
生み出す仕組みだと考えています。
だから、それに代わる仕組みを
アメユダが考えてくれるなら
平和的に共存したいのです。

先行者はどんどん発展していきます。
そして敗北者は淘汰されていく。
歴史の常とはいえ
そのスピードを緩やかにせねば
地球がぶっ壊れてしまいます。

陰謀論的に考えれば
ロス茶系の少数支配の目論みだから
人類の大半が奴隷のように貧しくなっても
可とするのでしょうが、
ロス茶さんでも大気と水は操れるのでしょうか?
大地の保水力を奪う人類の奴隷化は
回り回って自分の首を絞めるだけだと思います。

税金の無駄遣いだ。
PFI方式がいい。
といって囲い込みをして
地場の中小企業を入札から締め出したら
ますます地方の税収は減ります。
私は歪だと思います。

だから反米は言い過ぎだが、
離米・和米の愛国保守政党が
出来て欲しい。
(恐らく貧乏政党でCIAに目をつけられる
嫌な役どころです。)

かといって在野政党だけだと
これもまた潰される。
離米・和米が政権をとっても潰される
自民党はクッション材としての
役割がふさわしいと思います。

日本人のグローバリストの人々は
どちらかというと
日本人側についてほしい。
いや、利にさとい人々でしょうから
力関係が逆転すれば必ずこちらに味方してくれます。
心ならずもグローバリストのふりをしている
有力者もいるはずです。

百万の大軍も戦意の旺盛なのは
わずかに一握り。
また勝ち馬に乗る連中が多いなら
不意打ちでパニックを起こす筈です。

不意打ちを食らわす勢力が
日本には必要なのではないでしょうか?

(平成30年6月9日追記)
大体このような構図であると思いますが、
後は彼我の力関係で行く末が決まります。
「実」力を蓄えた国に有利に動くことは言わずもがな。
しかし、虚ろな力しかなければ
自滅してしまいます。

虚勢を張るのは悪いことではありませをが、
常にそこを相手に突かれる危険性の伴うこと
また虚勢を張ることで
いつそれがばれるのか、精神的に相手より劣位に立つ
デメリットを考慮しなければなりません。

精神的な劣位は勝負事では禁物です。
また、生兵法は大怪我のもと。
私は麻雀ゲームが好きです。
ルールがわかりだしたのは2,3年位前です。
わかりだした頃は勝ちまくりました。

麻雀は頭2個と3個セットを4つ揃えればよい。
捨てはいをしっかり見れば良い。

それが大原則だとわかったからです。

しかし、最近勝てません。
役や細かいルールを知り出したからです。
すると知らず知らずに自ら選択肢を狭めています。
ドラを乗せたいとか、
この役が一番早く揃いそうだとか思うと
場を見る目が曇ります。

大原則を忘れてしまうからです。
振り込まない、どんな安役でも上がる。
これで大負けはしません。
また、捨てはいをしっかり把握していると
このはいを捨てるの?
そしてこのはいをツモるの?
という神がかったような展開がしばしば起こります。

ところが、コンイチが~。ドラはいが~。
と拘ると良くない。
引きが弱くなり、振り込みます。

ちなみに私は本当の麻雀は未経験です。
コンピュータ相手ですら自分のメンタルで調子が左右されます。
況んやこれを人とったら益々駆け引きが複雑になる。

唯一こだわるべきは
勝つことと負けないことです。
そして、勝つこと負けないことにさえ
こだわらない境地が真の強者だと最近考えるようになりました。

あらゆる精神的劣位から完全に解放されます。
このときに選択が神がかってくる。
上杉謙信は戦場で常に今死んでも宿命である。
と思っていたから神がかっていた。
運命論者だったと思います。
だから逆に難局を魔術師のように切り抜けた。

残念ながらこのような境地は
まったくの初心者か
真にメンタルを強くする努力をした者しか
なり得ない境地だと思います。

だから、人事を尽くさねばなりません。
やれることすべてやって
精神的劣位になる因子を少なくする。
そして、勝負の結末をどんな結果でも受け入れる。

そこで初めて神がかった采配を振るえるのだと思います。
口では簡単ですが、難しい。

アラヤ識は常に転ずること暴流の如しだそうですから
そこから形成される人間の心は
制御するのは至難の技です。

人の目を気にするようでは
強くなれないのだな。
と最近思います。
私の精神的劣位はそれです。
だぁれも私になんて注目してませんよ。

誰もが一番関心があるのはその人自身です。
一生付き合わねばならないのもその人自身です。
他人に自分の未来を委ねることは愚かしい事でした。
自分以外は変えられません。運命です。
しかし、自分の心持ちは変えられる。自由自在です。


好きな言葉(アダム・スミス)

健康で、負債がなく、良心にやましいところのない人に対して何を付け加えることが出来ようか。

この境遇にある人に対しては、
財産以上のそれ以上の増加はすべて余計なものだと
いうべきだろう。

そして、もし彼が、それらの増加のために
大いに気分が浮き立っているとすれば、
それは最もつまらぬ軽はずみの結果であるにちがいない。
(堂目 アダム・スミス80頁)

この言葉で私はホリエモンになりたいと
思わなくなりました。
それまではカネが欲しい。カネさえあればと
思ってました。

紀州のドンファンの怪死を見ても
多くの女性を愛しながら犬しか心を許せず
最後は愛した犬までが不自然な亡くなりかたをする。
「富屋の貧人」という四柱推命の言葉はなるほど
そうかと思います。

さて、
この本の祖国への愛と国家的偏見の
冒頭には
スミスは普遍的仁愛「universal benevolence」
を人間はもつ事が出来ないと考えていたようです。

私はこの考えには賛成できません。
仏教に出会ったからです。
仏さまは神様ではなく、あくまで人間です。
人間だから本当は誰でも仏になれるのです。

ところが、人間は我が身の快さばかり
追いかけています。
ところが、快さは思い通りにならないと
得られません。

苦しみとはサンスクリット語では
「思うにまかせない事」
だそうです。
一切は皆苦しみである。

人間は心臓を自由に止めたり動かしたりできません。
思うにまかせない事ばかりです。

そう物事を考え出すと
天地自然の道理と共に
死ぬまで生きるのが一番の幸せであるという
結論に行き着きます。

天地自然の道理共に死ぬまで生きて
金持ちになるならなってもよいし、
貧乏に一生を終わっても
孤独の内に死んでも
それはそれで構わない。

この辺が死んだら終わりの
キリスト教神学の限界でしょう。
輪廻をお釈迦様は否定しませんでした。
(輪廻の主体は何かで弟子は悟ってないので
異教徒に論難されて揉めます。
一部の集団は反駁の為に教義を曲げました。
説一切有部)

お釈迦様は輪廻の世界を経めぐる事さえも
解放されよとも説きました。
ニルバーナです。
天に生まれても悪いことをすれば
地獄に落ちるからです。

地獄で天に生まれるために良い行いをして
天でやりたい放題して地獄に落ちる。
それを延々繰り返すのは馬鹿げている。
(この辺の時間軸の目盛りの単位の桁が仏さまは
俗人とは違うと思います。)

一切は皆苦しみであり、
物事は花のように移ろうものであり、
我とか我が物と思っているものに
裏切られていく。。。

その真理に気づけば
天に生まれるために努力する、
悪いことをして地獄に落ちる営みは
馬鹿馬鹿しい話です。

そこでお釈迦様は
今を大切に生きるべきだと
道を示してくれた。
尊い方かも知れませんが
生身の人間として生き方を示された。

神々でなく人間というのが
大事なところです。

置かれた環境は様々ですが、
一切皆苦の輪廻を離れる道は
近くにある。

普遍的仁愛の実践こそ
究極的には自己の幸福につながると
私は信じたい。

耳を掩いて鐘を盗む

「耳を掩いて鐘を盗む」ってどういう意味?

それはね、どこかの国の総理大臣の事だよ。

「頭隠して尻隠さず」ってどういう意味?

それはね、どこかの国の総理大臣の事だよ。

「帯に短したすきに長し」ってどういう意味?

それはね、どこかの国の総理大臣の熱烈支持者の
後継者がいないだろっていうときに
よく使うロジックさ。

「朝三暮四」ってどういう意味?

どこかの国の官僚が国民をだますときに
よく使う政策のロジックだよ。

「男やもめに蛆がわく」ってどういう意味?

それはね、このブログ書いてる奴の部屋を見ればよくわかるよ。

「寄らば大樹の陰」ってどういう意味?

それはね、心の弱い人間の強者に迎合する心理さ。

「自分の頭のハエを追え」ってどういう意味?

それはね、このブログを書いている奴に
このブログを今読んでいる人が
一番言ってやりたい事さ

国際感覚と愛国心は両立しうると思う

国を愛するという事の定義にもよりますが、
所属する国家や社会的なものに愛着を感じるのは
割合多くの人が自然と持つものではないでしょうか?

不満も勿論あります。
利害損得で組織に所属している人もいます。
所属する組織やコミュニティをわざわざ自慢する人は
少数でしょうが。
所属するものを悪く言われると
気分が悪いものです。

世界中大なり小なりそうだと私は思います。
国家的偏見(National Prejudice)について道徳感情論でアダム・スミスが取り上げているからです。
(堂目卓生著 アダム・スミス 中公新書 122頁)

私は嫌韓・嫌中の熱に浮かされていた時に
この稿を読んで考えさせられました。

私達日本人は国家的な偏見で
他国を観てはならないと
今強く思います。

しかし、国家的な偏見は
我が国の人だけが持つ訳ではない。
他国人が我が国に体して偏見を持っている場合も
多々あるわけです。

キリスト教徒のヨーロッパ人の
異教徒のアジア、アフリカ人に対する上から目線。
朝鮮半島のシナから文明を教えたのは
オレたちだという感覚。
シナ人の中華思想。
ロシア皇帝ニコライ2世の「日本人はアカーキ」
という感覚。
黄禍論、ホロコースト、シオニストユダヤ人の
パレスチナ迫害 etc...

枚挙に暇がありません。

愛国心はより崇高なものへと昇華していかなければならないと思います。
愛する対象を大きく拡げるのです。
世界、宇宙の中の地球、全宇宙というふうにです。

しかし、厄介なのは
利害が絡む国家的な偏見をもった人々です。
人を良くすると付け上がりますし、
害意をむき出しにしてくる場合もあります。
これに対応するのは難しい。

私はこちらが大人になるしかないと思います。
偏見を持つ人間よりも
精神的に圧倒する事です。
ナメられない事が大事だと思います。

私はバカなので
学生時代に軽く浮いた存在でした。
人望もなかったのですが、
歴史が得意だった。
一応、性格に難はあるものの
同級生には付き合ってもらえました。

しかし、世界史が得意だ。
で世の中渡れる筈がない。
学生のステータスと社会のステータスの
基準は違います。

やはり仕事をする。
遅刻や欠勤が少ない。
親族の中で頼りにされる。
家族を養っている。
会話が出来る。
犯罪をしない。
などが世の中で馬鹿にされない
ステータスだと思います。

年収や能力もステータスになります。
しかしながら、信頼されるのは
前者です。

私は他人の目を気にしすぎていました。
どう見られるかばかり気にして
自分がなかった。
だから人の見ているところでしか
努力せず、飽き性で何も身につけられなかった。

これでは経験の蓄積も知識の向上もないわけです。
「誰かに勝とう」が動機だと高みを目指せない。
少なくとも私にはそうでした。
モチベーションが長続きしないのです。

朧気ながらなりたい自分が見えてきました。
社会の役に立つ何らかのコーディネーターになりたい。
不足と過剰を仲介して良い塩梅にする仕事
困っている人と役に立ちたい人をつなげる仕事です。

本当に勉強しないとなれませんが、
短期的にではなく、
長期的に信頼関係を築いて
息長く商売する仕事につきたい。
生き馬の目を抜くグローバル社会では
あまっちろい考え方です。

強さだけを追求しても勝てません。
人はいつかは衰える。
しかし、しなやかに生きれば
老いても立派な生を全うできる。

また、人生は勝ち負けばかりでは
味気ないものです。

しかし勝負事なら
位攻めが一番です。
反抗する気が起きないくらい
叩きのめす。
(あくまで物理的にではなく、精神的にですよ。)
諸葛亮の南蛮平定、王陽明の反乱鎮圧、イエニチェリのメフテルなど恐怖か安心感かどちらかです。

劣勢の時に踏みとどまって戦うのも
有効だと思います。
曹操が徐栄の軍にわずかな手勢で立ち向かった
事なども相手にも味方にも脅威になります。

私は未だ卑怯者の域をでません。
兀兀をやらねばなりません。


アメリカ歴代大統領の在位年と所属党派 (過去記事より再録)

ほとんどメモのような記事ですが、アメリカ合衆国大統領の所属党派を以下に記したいと思います。

第1代 ジョージ・ワシントン (在職1789~1797年) フェデラリスト(連邦派)
第2代 ジョン・アダムズ (在職1797~1801年) フェデラリスト(連邦派)

第3代 トマス・ジェファソン (在職1801年~1809年) リパブリカン(民主共和党)
第4代 ジェイムズ・マディソン (在職1809年~1817年) リパブリカン(民主共和党)
第5代 ジェイムズ・モンロー (在職1817年~1825年) リパブリカン(民主共和党)
第6代 ジョン・Q・アダムズ (在職1825年~1829年) リパブリカン(民主共和党)

第7代 アンドリュー・ジャクソン (在職1829年~1837年) 民主党
第8代 マーティン・ヴァン・ビューレン (在職1837年~1841年) 民主党

第9代 ウィリアム・ハリソン (在職1841年) ホイッグ党
第10代 ジョン・タイラー (在職1841年~1845年) ホイッグ党

第11代 ジェイムズ・ポーク (在職1845年~1849年) 民主党

第12代 ザカリー・テーラー (在職1849年~1850年) ホイッグ党
第13代 ミラード・フィルモア (在職1850年~1853年) ホイッグ党

第14代 フランクリン・ピアース (在職1853年~1857年) 民主党
第15代 ジェイムズ・ブキャナン (在職1857年~1861年) 民主党

第16代 アブラハム・リンカーン (在職1861年~1865年) 共和党

第17代 アンドリュー・ジョンソン (在職1865年~1869年) ナショナル・ユニオン

第18代 ユリシーズ・グラント (在職1869年~1877年) 共和党
第19代 ラザフォード・ヘイズ (在職1877年~1881年) 共和党
第20代 ジェイムズ・ガーフィールド(在職1881年) 共和党
第21代 チェスター・A・アーサー(在職1881年~1885年) 共和党

第22代 グロバー・クリーブランド(1期目)(在職1885年~1889年) 民主党

第23代 ウィリアム・ハリソン(在職1889年~1893年) 共和党

第24代 グロバー・クリーブランド(2期目)(在職1893年~1897年) 民主党

第25代 ウィリアム・マッキンリー(在職1897年~1901年) 共和党
第26代 セオドア・ローズベルト(在職1901年~1909年) 共和党
第27代 ウィリアム・タフト(在職1909年~1913年) 共和党

第28代 ウッドロー・ウィルソン(在職1913年~1921年) 民主党

第29代 ウォレン・ハーディング(在職1921年~1923年) 共和党 
第30代 カルビン・クーリッジ(在職1923年~1929年) 共和党
第31代 ハーバート・フーヴァー(在職1929年~1933年) 共和党

第32代 フランクリン・D・ローズベルト(在職1933年~1945年) 民主党
第33代 ハリー・S・トルーマン(在職1945年~1953年) 民主党

第34代 ドワイト・D・アイゼンハワー(在職1953年~1961年) 共和党

第35代 ジョン・F・ケネディー(在職1961年~1963年) 民主党
第36代 リンドン・ジョンソン(在職1963年~1969年) 民主党

第37代 リチャード・ニクソン(在職1969年~1974年) 共和党
第38代 ジェラルド・R・フォード(在職1974年~1977年) 共和党

第39代 ジミー・カーター(在職1977年~1981年) 民主党

第40代 ロナルド・レーガン(在職1981年~1989年) 共和党
第41代 ジョージ・W・H・ブッシュ(在職1989年~1993年) 共和党

第42代 ビル・クリントン(在職1993年~2001年) 民主党

第43代 ジョージ・W・ブッシュ(在職2001年~2009年) 共和党

第44代 バラク・オバマ(在職2009年~2017年) 民主党

第45代 ドナルド・トランプ(在職2017年~) 共和党

石上宅嗣

石上宅嗣は
物部氏の有力者で
石上麻呂の孫。

仏教への信仰が深く
芸亭(うんてい)と呼ばれる図書館のような
施設を開いていた。
儒教と仏教は一体であると考え
仏教の理解の助けになればと
経典ともに儒学の漢籍を多数公開していた。

道鏡との関係も良好であったようだ。

道鏡は同じ物部氏である弓削氏の出自とされるが
天智天皇の孫であり、母方の弓削氏の姓を名乗ったとの
説あり。
道鏡は巨根で称徳女帝とただならぬ関係にあったと
巷間では流布しているが、
どうも後世の人の想像力の賜物である疑いもある。

称徳天皇の生涯も悲劇的だ。
女性の天皇はなかなか難しい。
独身で即位された場合に
結婚をどう考えるか難しくなる。

宇多天皇

臣籍に降下していたが、
臣籍から親王に復帰し
皇太子となり即位した天皇。

継体天皇だけでなく
男系で皇統をつないできた
御皇室では参考になる事例。

菅原道真などを起用し、
和歌の振興にも努めた。

淡海三船

初代神武天皇から44代元正天皇までの
漢風諡号を撰した人。

弘文天皇(大友皇子)の曾孫にあたる。
御船王を称したが、
淡海真人の姓を賜り臣籍降下。
奈良時代末期を代表する文人で
石上宅嗣と並び称された。



◎淡海三船(日47右)
722年~785年。
大友皇子の曾孫。
漢詩文に優れ、大学頭・文章博士。
神武天皇から光仁天皇までの諸天皇の漢風諡号を定めたという。

鑑真の伝記「唐大和上東征伝」を記す。
懐風藻の撰者説もあるが疑問。

黒板勝美編 日本書紀

緒言を読んでわくわくしました。

この先生の文章は品格がある。
古事記は日本書紀より
日本的でないとの評価に
異を唱えています。
このような先達のお蔭で
日本書紀の価値が見直されているのだと
実感しました。

古事記は半年足らずで編纂された。
(和銅4年9月~和銅5年正月)

持統天皇の5年8月に
大三輪氏ら18氏に祖先の纂記を奉ぜしめた。
(国津神系氏族との力関係を感じさせる文の気がします。
どんな気持ちで大三輪氏らは奉ったのだろう。)

スサノオノミコトは
アマテラスオオミカミの
兄なのか弟なのか?

古今和歌集の仮名序には
スサノオが兄と記されています。
天の岩戸がくれの経緯も
日本書紀だけで
様々なバージョンがあります。

古代史の謎が明らかになり
日本の成り立ちが明らかになることを
願いますが、
反日的神社などと言わず
日本国民融和の為の知恵に昇華するような
方向にいけば良いと思います。

平成30年6月6日追記

◎淡海三船(日47右)
722年~785年。
大友皇子の曾孫。
漢詩文に優れ、大学頭・文章博士。
神武天皇から光仁天皇までの諸天皇の漢風諡号を定めたという。

鑑真の伝記「唐大和上東征伝」を記す。
懐風藻の撰者説もあるが疑問。

撰(漢辞海615下)
動詞
①著述する。 文章を書く。 編集する。 著す(「ものす」と読むのは間違いだと思う。。。)述べる。
②手に持つ
③準備する
④結集する
⑤製造する
⑥選ぶ
名詞
①志向。考え方
②自然の法則

撰次 順序だてて並べる書き記す
撰集 詩歌・文章を選び集める。
撰述 書物を書く。 またその書物。


◎国史編纂と万葉集(日46左~ 抜粋し引用)

○帝紀
帝王本紀の意。欽明朝頃(539~571)
天武天皇10年3月(681年)に川島皇子(天智第2皇子)と
刑部(忍壁)親王らが検討作業を命じられる。

○旧辞
古代の神話、伝承。欽明朝に成立。

○古事記
三巻。神代から推古天皇までの天皇系譜や
天皇家の伝承。

○稗田阿礼
654?~
語部(かたりべ)の舎人
記憶力が優れ、天武天皇の詔により帝紀旧辞を誦習し
太安万侶に筆記させた。

◎語部
品部(しなべ、ともべ)の一。
践そ大嘗祭の祭に召集され口伝伝承を読み上げる
任もあったらしい。
延喜式にも見える。


◎舎人 (小学館 全訳例解古語辞典 772 中)
①天皇や皇族の身辺に仕えて、雑事や警護をつとめる者。摂政、関白以下、特に許された貴族にも仕えた。
内舎人(うどねり)・大舎人(おおとねり)東宮舎人、中宮舎人などがあった。

内舎人(うどねり)(古165中)
中務省に属し、帯刀して調停の警備や雑役に従事し、
行幸の際は行列の警護にあたる官人。
公卿の子弟から選ばれた。
重臣に随身として賜ることもあり、これを内舎人随身といった。

②牛車の牛飼い、または馬の口取り。



○太安万侶
?~723
元明天皇の和銅4年(711年)に詔により
古事記を編纂翌五年正月に古事記三巻献上。
1979年奈良市東部の墓で墓誌が発見されている。




(平成30年6月7日追記)

○日本書紀
元正天皇の養老4年(720年)に完成。
30巻。系図1巻(現存せず)
最古の官撰正史。
編者は舎人親王・紀清人ら

○舎人親王
(676~735)
天武天皇第三皇子。日本書紀編纂を総裁した。
追尊 崇道尽敬皇帝、尽敬天皇とも。
47代淳仁天皇の父。
清原氏の祖(清原深養父 清少納言が有名)

○記紀神話
「記紀」に載せられた創世の神々、国生み、天孫降臨などの神話。

○六国史(りつこくし)
8~10世紀初めにかけて勅撰された日本書紀以下
6つの正史をさす。漢文で編年体の体裁を共通とする。

○日本書紀 720年 30巻 系図1巻

○続日本紀 797年 40巻
文武天皇元年から桓武天皇10年(697~791)までを記述。
編者 菅野真道、藤原継縄ら。奈良時代の基本資料である。

○日本後紀 840年 40巻 現存10巻
桓武天皇11年~淳和天皇(792~833)までを記述。
編者は藤原緒嗣ら。

○続日本後紀 869年 20巻
仁明天皇一代を記述(833~850)
編者は藤原良房ら。

○日本文徳天皇実録 879年 10巻
文徳天皇一代を記述(850~858)
編者は藤原基経ら。

○日本三代実録 901年 50巻
清和 陽成 光孝の 3天皇の時代を記述(858~887)
編者は藤原時平・菅原道真ら。

編年体。年代を追って出来事を記述する歴史叙述法

※日本の正史は編年体である。
シナでは孔子の春秋と司馬光の資治通鑑が有名である。
黒板博士によれば、劉知幾の史通という歴史学研究を
読んでいたのではと指摘されている。紀伝体でなく編年体が採用されたのは、その知見に基づくか?





安倍政権及び安倍応援団に建設的な提言をしても無駄だろう。。。

百年の恋も冷めた。
ほとほと愛想が尽きた。
さばさばした女性のごとくに
安倍政権と安倍応援団とは
距離を置こう。

男女平等とか
社会の平等の在り方について
フェミニズムや進歩的な考えに
私は違和感を感じていました。

両性の生物学的な特性に
寄り添って、
持ち味を生かす社会とか
祭りなど伝統行事を
危険だとか、野蛮だとか
簡単に決めつけて
趣のないものにしてほしくない。

そんな思いがあるので
リベラルな考えには私は戻れません。

しかし、安倍政権を支持する保守派
とは一線を画したい。

保守の大同団結など
利貞でない人々に出来る筈がない。

私は一人歩もう。
同人の卦の九五の如く
はじめは孤独に泣き叫ぶかも知れないが
後には笑う道が良い。

敗北者ばかりを生み出す社会を
皆が戦々恐々とする世界を誰が望むだろう。

今までの記事より
もっと現実的に志を達する方策を
私は考えたい。

ひどい話だ ~モリカケは幕引き~

何だかモリカケ報道は
佐川氏の不起訴
加計学園がホラ吹いてました
でおしまい。
のようだ。

後は再発防止に
不可逆的かつ異次元の対策を講じるのだろう。
日本はサムライの国なのに残念である。

モリカケに四六時中関心を持ち
未だに関心を持ち続けているのは
ザイニチだそうな(泣)
あるいは情弱だとか(泣)
あるいは似非保守だとか(泣)

簡単に決めつけんで欲しい。
こちとら心のどこかでは
味方だと思っているから
率直な怒りをしつこくぶつけている。

だが、味方とも思わなくなれば
怒りも皮肉も表には出さない。

神社も反日の神社があるという動画を観た。
八幡宮や春日大社などは渡来系で反日だそうな
源氏は反日だという。
源姓は天皇の孫などが臣籍に下る際に
賜るものである。

安倍は物部系だから
安倍下ろしのような構図は
信長下ろしと同じだという。

渡来人も
朝鮮半島の人は絶対に認めないが
高麗、李朝あたりに
民族が入れ替わっているのではないか
新羅、高句麗、百済は
支配階級は倭人だったというし、
古代の日本と朝鮮の南部は
倭人の文化圏だったと思う。

真に受けて信じる人はさすがに少ないだろうと思うが
何だか恐ろしい。
八幡さまやお稲荷さんを反日にする。
源氏を反日にする。
気に食わないものは反日にする。

私は他国を嘲笑うのは止めよう。

ごっこ(方言かも知れない)喋り方が
面白いからと馬鹿にして真似をすると
自分がごっこになる。
そう大人に叱られたものだ。

ネトウヨは日がな一日
野党にマスコミ、シナ、朝鮮の
悪いところを嘲笑い、
飯の種にしている。

そのお蔭で同一レベルに堕してしまった。
いや、それ以下だ。
下劣で醜悪な魂に選民意識だけが
結び付く。

始末に終えない民族に成り下がる。
今後もその傾向が続くだろう。

ひどい話だ


元は善の長なり。~元亨利貞あれこれ~

元の字は部首名 ひとあし(漢128-135)

元(漢128下)

説文解字(漢1314下)
現存する中国最古の字典。後漢の許慎の著。
9353字を収録し、六書の説によって
漢字の構成と字義を解説した。
(後漢の時代、紀元100年頃)
※最近の甲骨文の発掘により必ずしも本当の字のなりたちは異なる可能性があるらしい。

釈名(漢1454)
後漢末の劉煕の編んだ字書。
字義の解説に、近似音の他の文字を利用した漢代の
訓詁学書。
漢辞海のなりたち欄にその説を採用している。

訓詁学(世49左)
漢代に始まった、経書(五経)理解の為の注釈を加える為の学問。漢代に官学になった儒学に対し、典拠となる
経書の正しい解釈が必要となり、後漢の馬融、鄭玄(横山光輝三国志にもチラッと出てくる)らが優れた業績を残した。

劉煕(漢178下)
後漢の学者。字は成国。声訓によって字義を探り
語源辞典「釈名」を著した。

劉知幾(漢179中)
(661~721)
唐の史家。字は子玄。
(斉明天皇~元正天皇の御代の人)
史家には才・学・識の他に権勢を恐れぬ剛直さが
必要であると時、系統的歴史学を「史通」で論述した。

馬融(79~166)
後漢の学者。字は季長。鄭玄、盧植(三国志ゲームでは内政専門の武将。武力はない。劉備玄徳が師事した)らの師。「論語」「易経」など多くの経典に注を施した。
「春秋三伝異同説」 絳張(1095)

絳張(漢1095下)
赤い垂れ幕。 先生の座る席。
後漢の馬融が赤い垂れ幕のある講堂で講義をした
故事から。(後漢書 馬融伝)
(絳とは濃い赤色。地名としては春秋五覇の晋の都。宮城谷昌光さんの「重耳」に出てきます。「草原の風」も面白かった。後漢の光武帝はシナ随一の名君かも。建武という元号を使った。
後醍醐天皇も光武帝を意識して建武の元号を用い
新政を始めたのでしょう)

鄭玄(漢1445中)
ていげん・じょうげん(呉音)
(127~200)
後漢の学者。字は康成。馬融らの教えを受け
経書の諸経に精通。党錮の禍に連座して禁固刑になり
著述に専念した。「詩経」「論語」など多くの経書に注を施した他「六芸志」「駁五経異義」など著書多数。

志(漢509下)
名詞としてはこころざし、動詞に記述すると
いう意味があるらしい。
三国志も「魏呉蜀の三国について記述したもの」の意か。
※最近古代史を調べていて魏志倭人伝が
正式には三国志魏書東夷伝倭人条というのを知り
魏書なのか魏志なのかそもそも何で三国「志」なのか
と思っていましたが、記述の意だったとは。
日誌の誌は志の「記す」という意味を強調した字なのかも知れませんね。

春秋(漢663中)
春と秋、春と秋の祭祀、四季、年月、年齢等の意。
書名
魯を中心とし、隠公から哀公までの歴史を編年体で記した史書。この時代を春秋時代と呼ぶのはこの書名による。魯国の史官が残したものに孔子が筆を加えたものと言われる。
五経の1つ。

※四書五経
朱子が重視した4つの儒学の古典。
大学(漢330)
中庸(漢30)
論語 孔子の言行録
孟子 戦国時代の人。鋭角的論理学の著

儒学の経典として漢代に定められた五書。
易経 占いの書だが儒家思想の政治哲学が反映されている。
書経(漢)
詩経(漢)
礼記(漢)
春秋(漢)
を指す。




六書(漢140中)
①漢字の6通りの構成法。
象形、指事、形声、会意、転注、仮借
前4種は造字法、後2種は文字の転用法を説く。

元の字は説文解字によれば
一と兀(こつ 漢128中)の合わさった形である。

兀(漢128中)は
①高くて上が平らかなさま
②禿げている様。兀山、兀鷲。
③思慮や知覚を忘れ去ってぼうっとしたさま。
④刑を受けて足を切断された様。兀者(足を切断された人)

(説文)高くて上が平らかなこと。一が人の上にある様から構成される。

兀兀 (ごつごつ、こつこつ)
①高くそびえるさま
②ぼうっとしたさま
③ひたすら努力するさま(韓愈・進学解)
④静止しているさま

韓愈といえば推敲の語源になった人
僧は推す月下の門か
僧は敲く月下の門で悩んでいた詩人賈島が
馬上で思案に夢中になり、
韓愈の行列にあやまって突っ込んでしまった。
その理由を聞いた韓愈が
敲くが良いだろうと言い、賈島は韓愈に弟子入りしたという。
確かに門をたたく方が音が聞こえて来そうだし、
その後の展開への想像も広がる気がします。

こつこつ頑張るの「こつこつ」は漢字でこう書いたのか
とまた高くそびえるの意もあります。

艮卦にがっかりしていた私には
なるほど高くそびえる山になれとの
天からの叱咤だと思いました。
高くそびえるためには
馬鹿になるしかない。
馬鹿になってひたすら努力する。
(アントニオ猪木さんの詩は良いですな。)

それこそが物事のはじめなのでしょう。
兀という字に更に一はじめの字を加える

それで元になります。

君子は仁を体してもって人に長たるにたり、(易経・46)

と文言伝にもあります。

仁とは何であるか?
それはまた難しいのですが、
人格を高める為には
兀兀とやるのが一番なのでしょう。


(平成30年6月10日追記)
以下の項を追記した。
釈名
訓詁学
劉煕
劉知幾
馬融
絳張
鄭玄

春秋(未完)

大河・西郷どんの愛可那さんが素敵だった。

二階堂ふみさん。
健気な島娘を演じていてすごい。
後半泣きそうになりながら観てました。

翔ぶがごとくは
ほとんど内容がわからなかった気がします。
戦国時代が好きだったし、
未だに感受性がお子ちゃまなので
当時は更にお子ちゃまでチャンチャンバラバラな
アクションしか楽しんでない。

そんな中でも翔ぶがごとくのラストで
田中裕子さんが
一かけ二かけ三かけて。。。
と歌うシーンは印象に残っています。
ガキんちょなりにジーンとした記憶がある。

祖母がこの数え歌をたまに口ずさんでました。
今年は西郷隆盛が主役なので
この歌がなぜか気になります。

鈴木亮平版西郷隆盛の西南の役は
どんな結末になるのでしょう?

ドラマの粗筋が
史実からかけ離れている、
との意見がありますが
その分時代考証がリアルになっていて
ドラマの世界観はしっかりしていると思います。

個人的には品川の遊郭がリアルだと思いました。
磯田屋って。。。
時代考証されてる磯田道史さんから取ったんでしょ(笑)。

さて、今年半年の運を占ったところ
艮の三爻でした。
(ネットで調べると伊藤博文がハルビンで暗殺さるる前に
出た卦らしいです。)

身体も体力が衰え、
年齢も不惑に迫り、
ブログの発信も正念場。

山籠りなどという記事を
書きましたが
今後が本番です。

艮の卦のしかも三爻は
解決策もろくに書いていません。

奥宮麻母留、いや日高大輔の
今生における人生の真贋が問われるのだと思います。

ミヒャエルエンデの
終わらない物語のアトレイユは
私にはいません。
自分が散らかした部屋は
自分がしっかり片付けないといけない。



安倍支持者は底がたいようだ。

余命三年時事日記騒動を調べました。
私はよく聞きましたが
本家サイトの読み方の勝手が分からず
一度もまともに読んだことがない。

また、一部報道によれば
あまり良く考えずに弁護士に懲戒請求を出した事で
後悔し示談に応じた人がいるそうで
カルト宗教に似たものを感じます。

陰謀論
スピリチュアル
オカルトな話題が大好きな私としては
クワバラクワバラな話です。
「私は詐欺に騙されない」と自信を持つと行けない。
朝○新聞の押し売りに脅されたり
ソ○トバンクの方から来た人に騙されかけたり
油断するとハマります。
不意にすごまれると気圧されてしまいます。

良いことがあった ➡ 教祖のお蔭
悪いことがあった ➡ 己の不信心(もっとお布施を‼)

そんな構図でしょう。
いざとなったら安倍総理が指揮権を発動して
弁護士の告発を阻止するらしいです。
う~ん。ど~うでしょう。
何かサムシングがおかしい気がします。

さて
狂信的な安倍信者、ブログ主信者もいる一方、
確信的に安倍政権の政策の方向性に
未来を感じて支持する人々もいるようです。

東大生の安倍総理支持者の意見は

◎今回のモリカケ問題を構造的なものと捉えて
歯止めの議論をして欲しい。

◎安倍総理退陣後の日本が見えないのなら
結局安倍自民党が良いということになる。

などの意見がありました。

リアリストです。
一理あるとは私も思います。

信用の失墜した安倍政権のままで
モリカケの「官僚の忖度」事件の
再発防止対策を講ずるのは
私は砂上に楼閣を立てるようなもので
上手く行かないと思います。

モリカケの真相調査を
安倍総理率いる政府が行うことは
容疑者の親分に検事をさせるようなものだと
思われてしまいます。

独立した第三者機関(日本は三権の分立が緩やかなので
信用のおける第三者機関が出来るか疑問です)。
に調査させるのが望ましいと思います。

まずは

私学行政の現状と森友・加計事案の
妥当性(加計学園の認可は取り消さない前提で)検証。

獣医師業界の現状と文科省告示の妥当性、
規制緩和の妥当性の検証。

国家戦略特区指定に関するプロセスの情報公開を徹底し
公平で適切な運用を可能にするための対策の検討。

公文書管理と一定年時経過後の公文書開示
の法整備の為の本事案の実態調査。

国有地管理の実態調査と売買に関する規程の見直し

国会論戦一年停滞の原因調査と対策

考え付くだけで6つぐらい調査委員会を作って
徹底的に調べた方がよい。

ベネチアの町を作り上げるように
軟弱地盤にモリカケ事案の実態調査の杭を打ち込まなければなりません。

ただし、これが安倍総理が総理の座にあるままに
出来るかというのが
私には率直に言って疑問です。

安倍総理に不利になる事実は
調査委員会が忖度して公表しない。
それでは膿を出しきることにはなりません。

今ではあまり安倍氏に期待していませんが、
問題発覚直後には
私は安倍氏には院政をしてほしかった。
大御所になってほしかったです。
大きな政治的影響力を維持しつつ
後進を育てる為にもです。

後継総理を助けつつ、ミスりそうならフォローする。
そして、集中した権力を最適化して
分散させて欲しかった。

ただそれは、日本の為になったかどうかは
分かりません。

岩盤規制を打ち砕き、
構造改革を成し遂げる。
ついでに財政も再建する。

私はその結果、野性的な社会が
到来するのではと思います。
弱者は淘汰され、強者も傷を負ったら安閑としていられない。
生物の世界では鳥でも獣でもそうです。
人間も獣なみにシビアに生きるのも良いのかも知れません。

これは皮肉ではなく、
それはそれで生き物らしい在り方なのかなと
考えたりするからです。

太陽が朝に上り、夕に沈むのも
当たり前の事じゃないようです。
他の銀河では全く違うかもしれない。
共産主義国家であれ、
自由主義国家であれ、
人間は奇跡的な一日を生きている事には
変わりはないわけですから。

位攻めを至上とすべきです。

怪我勝ち
奇策の勝ちは長続きしません。

勝ちやすきに勝つのが上策で
ライバルには位攻めをし
戦意を挫く事が重要だと思います。

一か八かの危ない戦い方は
必要に迫られるまでは
避けるべきです。

勝ち目がないときは戦わない
逃げる。

逃げる、力を蓄える。
しかし、逃げるのは精神的な敗北につながる
だから、孤塁が必要かと。
千早赤阪、即墨、昆陽のごとき孤塁が‼

孤塁と雌伏する別動隊が
両方機能してはじめて
大逆転が可能です。

また、天地の道理に沿う事が出来れば
兵の多寡や物量の差は逆転も可能でしょう。
天地に逆らわなければ人の地位を全うします。

私の目指すべき戦略はこれです。

道理、正義にうるさいのも
この戦略が念頭にあるからです。
相手より道理に叶う方に
天も地も味方する。

位攻めこそ
日本が目指すべき形
明治以来先人が果たそうとして果たせなかった
戦法です。

新自由主義批判と右翼左翼を考える

右翼左翼というと蔑称のようです。

保守、リベラルと言った方が耳には優しいかも知れない。

グローバリズム、新自由主義
なかんずくシカゴ学派の主張は
実は右も左も反対しています。

また、陰謀論的歴史観も
同様に信じるというか、物の見方に加えている人は
右にも左にもいます。

私は今の野党(社会党的な考えの政治家の人々)に
物足りなさを感じるのは
国や社会全体をどうしていきたいのかを
具体的に論じる事が少ない事です。

結局、戦後70年余の社会秩序を至上とし、
社会の変化を望まない人々なのだろうか?

そう考えると改憲勢力より「保守的」です。

やはり大東亜戦争に関する認識見解の相違。
天皇陛下に対しての認識見解の相違なのでしょう。

この右左の価値観の断絶は
新自由主義の暴威に対する日本国全体としての
抵抗を減衰させている。

大東亜戦争を絶対的な悪として
捉えるか?
大東亜戦争を民族の自立をかけた戦いとして
捉えるか?

この溝は絶望的です。

参謀連中の暴走やら
戦前の大日本帝国憲法の内包する問題などは
割り引いても
大東亜戦争には世界史的にも日本史的にも
大きな意義があった。
日本民族の生存権をかけた戦いだったと
私は考えます。

領土が当時は生存の前提でした。
今はマーケットですが、当時は領土の陣取り合戦だった(当時の国家元首達はそう考えていた)。
だから、ドイツ、イタリア、日本は
英仏の植民地帝国に挑戦した。

この辺りの歴史的経緯を踏まえなければ
大戦の総括もできないし、
リアルな国家論も組み上げられないのではないでしょうか?



(追記)
私は森友加計の疑惑を通して
右の方々の不正直さに腹が立ちました。
右の方々が冤罪とする
慰安婦や南京事件などの活動は
真実に根差したものなのか?
ただのプロパガンダの応酬に過ぎないのではないか?
どっちもどっちじゃないのか?

親分に簡単に白を黒と言いくるめられれば
信じるし、
白を黒と強弁する。
テレビで醜態を晒すが
ネット番組では嘯く。
(同和問題でも話せば言いじゃないか地上波で
獣医師会の圧力も放言すべきだ。
私は獣医師会の言い分にも一理あると思いました。
ペットの医療費が高いのは保険が効かないからです。
しかし、獣医師が不当に高く取っているわけでもなく
これで獣医師を増やせばペット獣医師業界は価格破壊が
進み、家畜獣医師の担い手不足はあまり改善されない。
その辺をやり合って欲しい。)

右の人が批判し、蛇蝎の如く忌み嫌う韓国と
全く相似形ではないですか?
これでは対米自立など夢のまた夢だと私は思います。

安倍氏の人間としての器量の狭さが垣間見えましたし、
右の方々のリアリズムという名の詭弁にも
うんざりしています。
だから他の事柄も信用できなくなります。





安倍政権に盆回しが鳴らないなら、日本に盆回しが鳴ってしまう

働き方改悪の次は
移民の受け入れ緩和。

国会でまともな議論なんか出来ないさ。
安倍応援団と自民党は
安倍ちゃんのガス抜きでしかない。

野党の批判にはまともに取り合わない。
そして、取り合わない癖に
野党は無能だと決めつける。
曰く対案を出せ、
曰く元はと言えば御党の政権担当時に
曰く朝日新聞はフェイクニュース。
曰く在日朝鮮人の手先。

野党は不毛な国会で戦わず
与党を混ぜないで在野で議論をするべきだ。
政策議論なんてする気がないんだ
安倍ちゃんは‼
あるいは政策議論する気があるとしたら
馬鹿で性格も悪すぎる。

「総理は大局を見ている。」

この言葉は、私の最後の希望でした。

野田佳彦総理に速やかなる国会定数削減の議論を
約束し、解散の取引を党首討論でしながら
定数削減の話はしばらく何もしなかった。
(この人は最初から約束を守らない総理でした。)

しかし、それでも大局を見ている。
強かだとの安倍応援団の総理評に一縷の望みを
託していましたが、
ゴリゴリの新自由主義者か、意思のない新自由主義者の手先でした。

嫌韓嫌中の世論の高まりを受けて
右派受けのよいマッチョなポーズをとりながら
靖国には玉串のみ奉納し
日韓合意も安倍談話も中途半端。

経済だって異次元緩和を無力化する
消費増税5~8の増税。
更にその失敗を決して認めず
現状分析するどころか
GDPの算出方法を従来から変更して
水増しして
団塊の世代のリタイアによる
人手不足をアベノミクスの成果と誇る。

モリカケは些末な事柄だ。
日本の課題は沢山ある‼
私もその点には同意しますが

安倍ちゃんのこの一年の
嘘と国会空転の落とし前をつけてもらわなければ
前に進めません。

なぜならば、
モリカケが大山鳴動して鼠一匹で済んでしまったら
馬鹿な安倍ちゃんは勘違いすること間違いなしです。
安倍ちゃんに集るグローバリスト、ユダ金、カル金
アメ公に軍産複合体は
馬鹿な安倍ちゃんを操り放題。

「日本国民トハ余程ノ馬鹿ダヨ。」

今ごろ高笑いしていますよ。
日本国の国富を吸いとろうとしている。

中韓は確かに利害が一致しないので
ライバルですが、
欧米列強が世界を牛耳る構造は変わらない。

日本のリーダーとして難しい舵取りをしなくては
ならないのに
安倍ちゃんは馬鹿で悪党過ぎる。
馬鹿でも良いですが、誠実であるべきだし
悪党なら利口な大悪党でないと困る。

テレビ越しに見る
安倍応援団の人相は日増しに
醜悪な顔になってます。
心にもなく無理に庇うのでストレスなのでしょう。

日大のアメフト部のスキャンダルが
連日ワイドショーを騒がせています。
ここぞとばかりに内田を安倍に見立てて叩いている
気がします。
マスコミにとって安全牌でしょうし
数字も取れそうです。

国営放送、大新聞、テレビ局が
モリカケはじめ政治のニュースを
あまり詳述しない。

それは、政権やグローバリストに
生殺与奪の権を握られているからだと思います。
スポンサーやニュースソース、所掌官庁に
目をつけられる。

このような時に意外に自由なのは
タブロイド誌やリテラです。
これを読めば大体真相がわかります。

逆に左翼の不祥事(本当に痛い話題)は
産経新聞が遠慮会釈なく書いている。

同時に両方読めば頭は混乱します。
私も分かりません。
しかし、古典や芥川龍之介の文学作品を
読んだりすれば、
近視眼的な物の見方だけでなく、
複眼的、多面的に考えられる気がします。

私は歴史が好きだったので
安倍政権の嘘が許せないかもしれない。
些末な一件から国が滅びる
組織が滅びる事例を沢山見るからです。

ローマもゲルマン人を受け入れたことから
衰亡に拍車がかかります。
外国人労働者と言っても「移民」です。
「のりなおし」です。
「のりなおし」は験担ぎですが、
問題の本質を見えづらくする。

移民を受け入れるにしても
古今東西の事例を集めて
デメリットの予防策を十分講じねばならない。

しかし、
安倍ちゃん率いる政府与党がすることは
責任逃れ、デメリット隠蔽、強行採決です。

これが見えているので
私はモリカケを絶対許せない訳です。

汚泥の上に金殿玉楼がまともに建ちますか?
建てようとするだけ時間と金のムダ
安倍政権という汚泥の地盤に
美しい国日本が建てられますか?

モリカケだよ‼ 全員集合 はそろそろ「盆回し」がかかりそう

安倍氏の外遊は意味があったのか?

例えばイスラエルにわざわざ行き
日本はエルサレムには大使館を移転できないと伝えた。
ベツレヘムに観光に行く
「子供の頃にベツレヘムを舞台にした劇をやった事がある」
(?!ベツレヘムはダビデの町とも呼ばれるらしく
イスラエルの聖地でもあるが、イエス・キリストの
劇で馴染みがあるってユダヤ人の国で言及するかね?
皮肉で言ったのか、天然なのか。。。))

前後関係わかりませんが
首相公邸で立派な菓子細工の靴をデザートで出されたとか。。。
中東で靴やサンダルは相手を辱しめる
象徴的な意味がある。
トランプ大統領の指示でも
総理ご自身が直接行く意味はあったのか?

ロシアでも
首脳会談の時間を待たされた。
記者との質疑時間をロシアはもうけたくなかったらしい。
北方領土問題は平行線。
ザキトワ選手に秋田県のマサルを贈呈しただけ。
総理が行く意味があったのか?

何となく激動の世界情勢に対応すべく
日本の首相として飛び回っているが
「蚊帳の外」批判を避けるためと
モリカケ嘘の上塗りの為の作戦タイムの為に
外遊している気がする。

外交チャンネルが実は機能していないんじゃ。。。
「外交の安倍」
は国内の統治がしっかりできていればこそ。
しかし、スキャンダルまみれで売国政策量産している。

また、実務者レベルでまとまっていないのに
トップが会談するのは結果が予測できず
ハイリスクなものです。

解散ではなく、内閣総辞職して頂きたい。
後継総理が解散するなら大義がある。

嘘がドンドンバレている。
また、不自然な隠蔽が疑惑を益々深めていく。
しかし、真相は明らかにならないどころか
この不始末の責任をとって罰を受けた人が
いない。

喜劇というにはあまりに低レベル。
観ていて精神衛生上良くない。
安倍氏自ら学校で道徳と公共の授業を受けたらどうだろうか?
本来なら赤点、落第だと思うが、
先生からそんたくしてもらえるから羨ましい。

モリカケに関して野党に責任はないと私は思います。

恐らく野党の議員の人々が
内輪での面倒な政策論争を避けているのが
支持率の上がらない理由だと思います。
シャドウキャビネットで侃々諤々の討議を
ネットで公開すれば盛り上がると思うのですが。

野党議員の政策の個性が際立たないと
ダメだと思います。

しかし、そろそろ盆回しの曲がかかっても
良いと思いますが、
。。。いやいや安倍ちゃんが
志村や加トちゃんにやり込められるいかりやさんよろしく
ギッタンギッタンに論破されまくって
晒し者にならないとオチが決まらないか。

もう少しこの方はまともな方だと思っていましたが、
伝聞で人物評価するのは危険ですな。





月下独酌を書写する

今夜は北上市は月がきれいです。

李白さんの詩はとても気宇が大きく
杜甫さんより好きです。
憂いはユーモアの中にたっぷりとあり
厭世的、俯瞰的な憂いだと思います。
生活にはあまり困らない出自ながら
科挙による栄達が叶わない立場がそうさせるのでしょうか?

俗物達が思惑を巡らしてパーティーの中で
立ち回る。
彼らのばか騒ぎに辟易し、
一人喧騒から抜け出して吟じた詩のようです。

月と自分の影と三人で飲む。
ユーモアと共に失意を感じさせる詩です。
しかし、失意をユーモアに昇華して
自身の境遇を笑い飛ばしている。

失敗した時に、
自分を離れて客観的に失敗を笑える人が
ユーモアがある人だそうです。
小林秀雄さんだかの本を読んだ親父の
伝聞の伝聞です。

私は実践家ではない。
そう痛感します。
頭で出来ても実行できなければ意味がない。
実践は失敗の連続かも知れない。
それでも、諦めず実行し続ける。
他人のキヨホウヘンは気にしない。

失敗した時には
客観的に笑い飛ばせるユーモアを身に付ける
チャンスだと考えれば良かった。

月の詩歌はあまたあり
なかなかオリジナルの句は難しい。

春月や我もカインの裔(すえ)なるか

孟春



みずら と ユダヤ人の髪型がそっくり

私は日ユ同祖論支持者です。

かなり怪しげな説もありますが

契約の箱と御神輿
諏訪の文化やヘブル語と日本の一致
ロマンがあります。

最近ユダヤ民族音楽で動画を検索して
超正統派ユダヤ人の出で立ちが
琴を弾く埴輪の出で立ちにそっくりだと
驚きました。

琴は神事に関わりがあって
古事記にも武内スクネが弾いていた記憶があります。
神官の装束に近いのかなと思います。

みずらも、上げみずらは庶民で
王族は下げみずらだったらしい。
歴史群像の古事記特集で読みました。

歴史群像は図説がいっぱいで
お城の復原イラストや
軍隊の組織図
中国の都城図など掲載されていて
私はよく読みました。

物部氏は古代ユダヤ人だと思います。
万物に神宿るとの思想は突き詰めれば
背後に唯一神の存在を感じさせます。
唯一神を敬う為の方便とも言えるのではないかと
私などは思います。

シナ大陸の羌族(チャン族)も
万物に神宿る思想を持っているようです。

記紀の神々は歴史上の実在の人物であり
信仰する神はまた別のものだった。
そう考えられなくもない。
(ただし、かなり改竄されているでしょう。)
アマテラスオオミカミが神を祀っているのも
不思議な話です。

個人的な考えですが、
なるだけ歴史の真実が明らかになって欲しいものです。
その衝撃に耐えられるだけの皇室制度になって欲しい。

この国のかたちの本質が明らかになり、
守るべきものと改めるべきものが分明になると
信じるからです。

安倍総理に対する失望もそれです。
誤りを決して認めず
謝罪をせず
責任もとらない。

この国の諸課題の本質を
ぼやけさせているのは
安倍総理御本人に責任がある。

その場しのぎの嘘で
次々と周りを巻き込み
のっぴきならなくなって
外遊して世界に恥を晒す。

モリカケはいつも終息しかけますが、
責任を押し付けられた側の憤りはおさまらない。
必ずくすぶり続けます。

バラエティ番組で膨らむ風船を
回しながら答えるクイズがありますが、
みんな自分に難が来ないように
必死に辻褄を合わせている。

支持率も下げどまってしまうし、
働き方改悪も法案が成立しそうです。
1回仕組みを作れば、なんとでも条件を拡大できます。

それをこの先世間の耳目を集めるニュースの影で
しれっと通す肚です。

モリカケが怖いのは
政権が国民の記憶力を試しているようなところです。
国民がうんざりして興味関心をなくすことを
彼らはほくそえんでいる。

このような政権の連中は
旧約聖書のエレミヤのような預言者に糾弾して頂きたい。
忘れやすい国民である私たちも
戒めて頂きたい。


安倍政権が様々な面で後手を踏むか、強引になっている。

モリカケが原因です。

ネトウヨに言わせれば
モリカケの倒閣陰謀で反日勢力が足を引っ張っているのだ。
野党はこれ以上この問題引っ張るな‼
となります。

また、無党派層や政治に関心がない人々は
単なる言った言わないの泥仕合に見えるようです。
実は言った言わないの泥仕合だ。
どっちもどっちなんだと煽動しているのが
安倍官邸と自民党NSC、ネトサポ、ネトウヨです。
また、公明党も安倍びいきです。
やけくそで解散されると困るのでしょう。

私もネトウヨではないか?
と突っ込まれそうですが、
ネトウヨからは朝鮮人かパヨクだと思われてますよ。きっと

和歌山の玉置氏は
ニギハヤヒ系渡来人と
桓武平氏のハイブリッドではありますが
日本に定着して大分経ちます。
普通に日本人だと思います。

実際は安倍氏個人の小さなスキャンダル
安倍氏個人が最悪退陣すれば収拾する事案を
無理から国家権力を濫用して揉み消そうとした
ツケがまわっているのです。

だから官邸にとって不都合な真実が発覚し
釈明に追われています。
その場しのぎの弁解が過去の説明との多くの矛盾を生み
それを釈明するために辻褄を合わせるために時間を浪費し、国権の濫用が止められなくなっている。

国家権力の私物化、
安倍氏の場合は特殊です。
安倍氏は退陣したくない為に
私物化している。
私腹を肥やす為ではない。
一日でも長く総理の座に居座るために
国家権力を濫用している。

彼は恐らく無自覚に日本の統治機構を破壊しまくっている。
行政のみならず立法・司法もおかしくなってきている。
カジノに残業代ゼロ法を強硬に今国会で通そうとしているし、司法にもかなり圧力をかけている。

三権分立の原則が音を立てて崩れている。

私はネトウヨ的だが、
ラディカルな変化を望んでいない。
改革をするにしても
既得権益層から改革の協力を得るには
代替の権利を用意して
逃げ道を作って上げないと
実のある改革は出来ないと思う。

地球連邦ゆり地球帝国を構想したりするのも
王政国家と民主主義国の併存が
帝政国家の領邦にしたほうが
連邦国家のステイトより世界の諸地域の理解が得られるだろうとの思いからである。

だから、日本の現状の擬制的君主制、擬制的民主制から
をただちに否定する気はない。

また、帝国構想は手段であり、
目的ではない。
地球と人類の平和と繁栄が達成されるなら
取りうるべき手段は他にもあるだろうと思う。

ところが安倍政権はモリカケに味をしめ
独裁的な権力を確立しようとしている。
野党のモリカケ追及を隠れ蓑に
共謀罪や種子法廃止を通した。
今また働き方改革の美名のもと
残業代ゼロ法(限定的に成立させ、拡大解釈していくらしい。)やカジノ法案を通そうとしている。

安倍政権はうまくごまかしているように見えるが
国民からモリカケの目を逸らすために
相当な労力を費やしている。

官僚でも嫌気がさしてやめる人も出てきているようだ。
ヒラメばかりが集まり、そんたく病が蔓延する。

このような国家がまともに機能するはずがない。
内閣とそのお友達の意向に沿った結論を
正当化するためにそんたくしたデータが作られる。

実情と乖離した政策が通る。
外交も安倍氏に都合の良い情報しか上がらない。
残念ながらそんたくしてくれるのは
日本国ないだけであって、
外国では信用を失っていく。

蚊帳の外になる。
トランプにも大体見切られたようだし
安倍応援団だけが、
外交の安倍だと誉めそやす

モリカケ疑惑は安倍応援団に言わせると
もう終わった話らしい。
しかし、当事者達がしどろもどろで
時間稼ぎばかりしてとうとう一年超えても終息しない。
支持率回復しか頭にない安倍氏は
近視眼的な政策判断しか下せなくなっている。

一番ベストは安倍退陣と政界引退です。
新首相に人事刷新を委ねる方が良い。
次には安倍氏による権力の解体。
しかし、そんな器量は彼にはないと
私は思います。

安倍氏は居座り続けるようですが、
日本の衰退は益々進むでしょう。




金正恩氏の裏切りは本意か?

斜めに読んだ見方ですが、
金正恩氏の態度硬化は本人、あるいは金一族の意志だけではないような気がします。

北朝鮮は最近まで先軍政治を行って来ました。
軍人の数が国家規模に比して異常に多く
正常な国家運営のネックになっていると
私は思います。
体制を維持するために歪な軍事国家になっていた。

しかし、米朝の和議がなると
核戦力をはじめとする北朝鮮の過剰な軍事力は
不要になります。
経済支援を米日がするにしても
ミュンヘン会談の二の舞は当方も御免な訳で
非軍事分野への投資になるし、
核および工作機関の軍縮を迫らないと
統一朝鮮と周辺国(なかんずく日本)との
あらたな緊張関係が生じる事になります。

先軍路線が大きな岐路に立たされる。
先行き不安に感じた軍部強硬派が
金正恩氏に米朝交渉の再考を促している恐れがある。
金一族、朝鮮労働党と
軍部の利害は体制維持で一致していましたが、
金体制の維持は出来ても軍部の利権が失われる可能性がでてきた。

この辺の事情が北朝鮮がしばしば
国際社会を「裏切って」きた一因ではないかと思います。

私が金正恩氏の宿業というのは
例えばこのようなものです。
軍部ばかりを優遇し、末端の人民を軽んじてきた。
そして苛烈な粛清を行ってきた。

これらの宿業が
金正恩氏の行動を縛っている。
この状況を裁けなければ
金一族の体制は安泰にはなりません。

また、韓国は文政権が発足し
従北勢力の発言力が強まってはいますが、
保守派が少なからず存在しています。
また、デイリーNKの高英起氏などは
北朝鮮の圧政を糾弾する立場なので
反金体制であり、記事を見ると今回の米朝融和には
複雑な心境のようです。

米帝に対抗すべく打ってきた
金一族三代の政策が
米朝会談とそれ以降の和平交渉の
大きな壁になっている。

さらに、これを裁いたとしても、
反金勢力との和解が待っている。
これは軍部の強硬派の説得より
難儀でしょう。

私はそれでも、金正恩氏には
南北統一を諦めないで欲しいと思います。
金一族三代の宿業を背負い
解決しない限り、朝鮮民族の新たなる神話は
完成しないのです。

仮にこの交渉が破談になった場合
緊張関係は高まります。
その際に再びアメリカは工作活動を強めるでしょう。
そして、軍部と金一族、朝鮮労働党、朝鮮人民の
相互不信を大いに利用する。

また、軍事圧力も強めるでしょう。
この米朝融和の期間は米軍の良い休息になりました。

この米朝談判の物別れは
日本に新たな軍事的脅威をもたらします。
また、統一朝鮮は必ずしも日本と
友好的とは限りません。

対馬が反共の最前線になる。
白村江の敗戦、蒙古襲来以来の
危機の時代が到来します。

金正恩氏には世界平和と朝鮮民族の
栄光の未来のために今回のチャレンジを諦めないで欲しいです。

また、日本は朝鮮半島との緊張関係の招来を
予測して海防を中心とした軍備増強をしなければ
行けません。

また、核ミサイル、ノドン、テポドンへの
抑止力を持つことを真剣に考えるべきです。

敵が攻めて来ないだろうと高をくくるのではなく、
攻めてきた場合、あちらも無傷では済まさないぞ!
という備えをしてこそ外交交渉のやりようもあります。

兵書にもあてにならぬのは
他国の同盟軍と書いてあります。
在日アメリカ軍は日本と利害が一致する限りは味方ですが、いざとなれば自国を優先します。
当然だと思います。

平和憲法、平和国家といいますが、
実質日本はアメリカの属国。
国防は自衛隊、海上保安庁、在日米軍が担っている。

私は現憲法を維持するなら
スイスのような永世中立国になるか
自衛隊廃止、海上保安庁廃止、在日米軍の撤退
と徹底的に軍事力を放棄すべきと考えます。
日本は軍事的に丸腰にならねば
誇らしい平和国家とは言えない。

平和憲法を賛美しつつ、
汚れ仕事を自衛隊やアメリカの若者に強いている。
ちなみにスイスは国民皆兵ですし、各個にシェルターを備え国の要所に防衛施設があります。
外交も全方位で強かに立ち振舞わなければなりません。

国家として丸腰になった時に何が起きるのか?
かつて民主党政権下で沖縄の普天間基地移設候補地を
最低でも県外にと首相が発言し、
日米関係がギクシャクしたことがありました。

この際に中、韓、露の三国は
競って我が国固有領土の竹島、国後島の領有権を
アピールし、東シナ海の海底資源を狙って勝手に採掘したり、尖閣諸島の海域にちょっかいをかけるようになりました。

平和国家として丸腰になれば
ますます中韓露は日本の海洋利権を
侵食していくでしょう。
さらに台湾も海洋利権確保の為には
日本と敵対せざるを得なくなる。

ポーランドやウクライナの運命が待っている。

朝鮮半島と朝鮮民族が
どの大国にも屈しない強い国家を作れば、
我が国は適度な友好関係を保ち
安心して国内の充実にのみ力を避けます。

しかし、朝鮮半島と国家が
ロシアや中国の強い影響下におかれた場合は
日本としては軍備増強は避けられない。

改憲が必要になってくる。
9条1項の精神を維持しつつ
9条2項は削除する。

遠くない将来に私は必ず日本人は選択を迫られると思います。


追記
トリレンマは
国際金融のトリレンマのイメージで使いましたが
必ずしも3つの内1つは成り立たないという
ものではないようです。
3つの相容れない選択肢がある。
という意味のようですね。

もっとよく調べたいと思います。